2014年04月25日

「思春鬼のふたり」第11話「息抜きのふたり」(反転邪郎作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「思春鬼のふたり」第11話「息抜きのふたり」(反転邪郎作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
辻:WCO(世界お掃除機構)に所属する掃除人(連続殺人鬼)。
白雪:辻に恋焦れる少女。
担当さん:辻を担当するWCOの職員。
深海末姫:辻と白雪の前に現れた少女。「もう1人の掃除人」を名乗る。
諏訪:深海のクラスメート。実はWCOの掃除人。6話で小鹿に処刑される。
小鹿陸:眼帯を着けた謎の少女。演劇部所属。実はWCOのお仕置き人であった。
黒金:辻たちが通う学校の教師。女性。
若丸:黒金が招いた病院の医師。男性。
謎の男:元WCOのお掃除人。しかし、WCOを離脱する。

<あらすじ>

黒金の死は驚きをもって迎え入れられた。
黒金が連続解体魔であったことも明らかになり、表向きは罪の重さに耐えかねての自殺とされることに。
こうして、黒金とその婚約者であった若丸は世間から好奇の目を以て迎え入れられることとなった。

一方、辻は若丸がショックを受けていないかどうかが気にかかって仕方がない。
辻と白雪は黒金殺害後にあの場から姿を消しており、変わり果てた黒金を発見したのは若丸の筈であったからだ。
其処にこの好奇の視線である。

其処へ当の若丸が辻を訪ねてやって来る。
辻は黒金の死を悲しんではいるが、ショックを受けてはいない様子。
辻が尋ねると、意外な事実が明らかになった。

WCOへ黒金殺害を依頼した人物こそ若丸だったのだ。
もっとも、連続解体魔の殺害を依頼したのであってこうなることは予期していなかったらしいが。
若丸は「少なくとも後悔はしていない」と語り、辻にこっそりと胸を撫で下ろさせた。

その夜、辻は担当さん相手に「人を殺すこと」の意味を尋ねていた。
これまでは深く意味を考えていなかったと語る辻。
今回の経験は辻を一歩成長させたようである。

さらに、辻は助けられた礼をすべく白雪を動物園に誘う。
これに白雪は喜びのあまり、潜伏していた辻宅の目の前で失神してしまうのであった。

その頃、小鹿がある人物に攻撃を仕掛けていた。
相手は元WCOの掃除人。
だが、ある考えからWCOを抜けることにしたそうだ。
これを許すWCOではない。
其処で仕置人である小鹿が送り込まれたのだが……あの小鹿が手も足も出ずに敗北してしまう。
倒れ込む小鹿に相手の男は微笑みかけるのであった。

果たして、小鹿を凌駕する男の正体は!?
「週刊少年チャンピオン」本誌で確認せよ!!

<感想>

「コミックフラッパー」にて「モコと歪んだ殺人鬼ども」を連載中の反転邪郎先生の新作が「週刊少年チャンピオン」で連載開始です。

その新作「思春鬼のふたり」はなかなかにぶっ飛んだ設定が印象的な作品。
思春期真っ盛りの主人公・辻は悪を滅する掃除人こと連続殺人鬼。
そんな辻の正体を知りつつ、彼を愛する少女・白雪。
果たして、2人はどうなるのか……的なストーリー。

さて、その11話ですが……。

辻がWCOの活動自体に疑惑を抱くきっかけになりましたね。
辻は過去にその家族が何者かに殺害されているワケですが、これも関わって来るのか!?

一方、あの凄腕の小鹿があっさりとあしらわれることに。
相手は元WCOのお掃除人とのこと。
とはいえ、相当の強敵の様子。
彼はWCOの暗部を知るがゆえに叛旗を翻した人物なのか?

おそらく、地区担当の小鹿が敗れた以上、次は辻に追討の命が下る筈ですが……。
この出会いが辻のWCO不審を加速することになりそうか。
とすると、WCO陣営、反WCO陣営、辻&白雪の3者で争うことになりそうな予感!?

一方で、辻自身は白雪と遊びの約束をしているし、当の白雪は諏訪や黒金の件でも分かる通り危険人物を惹き付けるタイプのようだしで、出先でこの強敵と思わぬ遭遇戦も有り得るか。
次回は物語のターニングポイントになるかも。

本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は「名探偵マーニー」、「実は私は」や本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
「思春鬼のふたり」(反転邪郎作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)1話から10話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「モコと歪んだ殺人鬼ども 1 (フラッパーコミックス)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 1 (フラッパーコミックス)





「モコと歪んだ殺人鬼ども 2 (フラッパーコミックス)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 2 (フラッパーコミックス)





「モコと歪んだ殺人鬼ども 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。