2014年05月21日

水曜ミステリー9「北海道警事件ファイル 警部補五条聖子2 函館殺人迷宮〜新幹線開発に揺れる港町!奇妙な死斑と水芭蕉が暴く巧妙なトリック(北海道警の女・警部補五条聖子2)」(5月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「北海道警事件ファイル 警部補五条聖子2 函館殺人迷宮〜新幹線開発に揺れる港町!奇妙な死斑と水芭蕉が暴く巧妙なトリック(北海道警の女・警部補五条聖子2)」(5月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

北海道警函館方面本部の警部補、五条聖子(若村麻由美)が恋人で獣医の芳村大地(石黒賢)と函館山の展望台にいた。大切な話があると呼び出されたが、大地は仕事の話に夢中で…。 そこに事件の一報が入る。所轄の刑事、八田公平(川野直輝)とともにすぐに現場の大沼公園へ向かうと、指導官の片桐陽一郎(益岡徹)、所轄の仏田康雄(本田博太郎)らが到着していた。被害者はフリーライターの森下亮司(有薗芳記)。死体が発見された湖畔には、水芭蕉が咲いていた。

森下が宿泊していたホテルでパソコン等所持品が見つかる。パソコンには盗撮と思われる女性の写真と、実業家の小日向冬美(川島なお美)を追っているような情報が残されていた。他に、2015年に新函館まで開業する北海道新幹線がらみの新規事業のパンフレットがあった。冬美はその事業を進めている会社の社長だった。

翌日、聖子と八田が冬美のもとを訪れると、道議会議員の唐沢健次(五代高之)を伴い、新規事業の説明を行っていた。冬美は森下のことはよく覚えていなかったが、女性の写真が部下、下島泰輔(高橋和也)の知り合いだということを思い出す。泰輔に写真を見せると、幼馴染みの佐々村理子(高橋由美子)で、漁師町・木古内にある実家の食堂で働いており、新規事業の説明会の手伝いをしてもらったという。 早速、木古内に向かった聖子達は、理子と、理子と泰輔の幼馴染みの田原真也(小林正寛)から話を聞くが、話が泰輔に及んだ時、そこにいた泰輔の母、勝江(浅茅陽子)は、家を飛び出した息子への怒りをあらわにした。

その夜捜査本部に戻った聖子は、理子が以前東京で看護師をしていた時、殺人の罪で服役したこと、しかも森下はその記事を書いていたことを知る。みな理子が犯人と疑うが、聖子は釈然としない。 そんな中、第二の殺人事件が発生し…!
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

五条聖子は北海道警函館方面本部の警部補。
獣医の芳村大地とは恋人であるが、互いに仕事熱心な為になかなか結婚までには進展しない。

そんな中、事件が発生。
フリーライターの森下亮司が殺害されたのだ。

森下の遺品であるパソコンからは佐々村理子の写真と小日向冬美の情報が残されていた。
佐々村理子は過去に殺人の罪を犯していた。
小日向冬美は有名な開発事業を行う会社の社長である。

理子は殺人を犯し服役した過去を暴かれることに怯えていた。
冬美のリゾートには何やら不穏な噂があった。

森下はこれを記事にしようとしていたようで、理子も冬美もこれを懸念していたようだ。
つまり、理子にも冬美にも殺害容疑があったのだ。
森下を殺害したのは理子か、それとも冬美か?

矢先、冬美までもが殺害される。
理子に容疑が集中する中、聖子は理子の幼馴染に注目する。

1人は下島泰輔。
冬美の部下であったが、先頃遅々として進まぬ開発の責任を取らされクビにされていた。

もう1人は田原真也。
地元の漁師で、冬美の開発に反発していた。
さらに、下島の母・勝江も田原に協力し開発に反対していた。

下島と田原、下島と勝江。
下島は幼馴染と母親と対立する立場に居たのだ。

捜査が進み、森下殺害の凶器が浮き玉と判明。
途端、勝江が出頭し自供する。

さらに、ある人物の毛髪が採取されたことから聖子は真犯人を特定する。

採取された毛髪の主は下島であった。
真犯人は下島だったのだ。

下島は理子が森島の脅威に曝されていることを知り、これを助けようと浮き玉で殺害してしまった。
その後、冬美が「理子が犯人だ」と口走ったことからこれと揉み合い殺害してしまったのだ。
下島は理子を愛していたのだ。

勝江は浮き玉が凶器と知りそんな息子の犯行に気付き、これを庇おうとしたのである。
対立していたとはいえ、やはり親子であった。

田原は下島と和解。
勝江と理子を守ることを誓う。

数日後、それはそれとして聖子と芳村はホタテを美味しく頂きました―――エンド。

<感想>

新シリーズ「警部補五条聖子」第2弾。
原作はなし、オリジナルです。
ちなみにシリーズタイトルの一部が「北海道警の女」から「北海道警事件ファイル」に変更されています。

前作は2012年10月24日に放送されており、実に1年7ヶ月ぶりの新作となります。
過去にネタバレ批評(レビュー)していますね、興味のある方は過去記事をどうぞ!!

では、ドラマの感想をば。

う〜〜〜ん、疲れ気味なのかもしれないが全く楽しくなかった。
視聴し終えても何だろう……2時間損した気分だ。

キャストは文句なく良かった。
それだけに物凄く惜しい。
若村麻由美さん、石黒賢さん、本田博太郎さん、高橋和也さん、高橋由美子さん、益岡徹さん、川島なお美さんといった錚々たるメンバー。
中でも、石黒賢さん、本田博太郎さん、益岡徹さんは管理人も大好きな役者さん。
ところが、そのキャストでなんでこうなる!?
内容が完全にキャスト負けしていたような気がする。
このキャストなら、もっときちんと動かせば映えた筈なのに……。

視聴し終えて、一番印象に残ったことが「ホタテ美味しそう」だったのは痛恨でした……。
第1弾は割と良かったのに、この第2弾は個人的には合いませんでした。

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「北海道警の女・警部補五条聖子 花嫁は仮面の悪女!?巨額遺産殺人疑惑と謎の暗号!家族引き裂く過去からの脅迫者!!(見知らぬ脅迫者〜やっと家族と幸せを掴んだ女を悲しい過去が追いかける!)」(10月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

五条聖子:若村麻由美
芳村大地:石黒賢
下島泰輔:高橋和也
佐々村理子:高橋由美子
片桐陽一郎:益岡徹
下島勝江:浅茅陽子
仏田康雄:本田博太郎
小日向冬美:川島なお美
八田公平:川野直輝
田原真也:小林正寛
唐沢健次:五代高之
森下亮司:有薗芳記
山倉恭一:永倉大輔
岡田知之:大滝明利
福井智和:松川真也 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「トヨタ クラウン 北海道警察仕様 こだわりパトカーコレクション2」です!!
トヨタ クラウン 北海道警察仕様 こだわりパトカーコレクション2





「【精米】北海道産 無洗米 きらら397 5kg 平成24年産」です!!
【精米】北海道産 無洗米 きらら397 5kg 平成24年産





「【精米】北海道産 白米 ななつぼし 5kg 平成24年産」です!!
【精米】北海道産 白米 ななつぼし 5kg 平成24年産





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。