2014年05月14日

『死の発送』(松本清張著、角川書店刊)

『死の発送』(松本清張著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

トランクの死体は発送者本人だった…!競馬界を舞台に描く本格長編推理小説

東北本線・五百川駅近くで死体入りトランクが発見された。被害者は東京の三流新聞編集長・山崎。しかし東京・田端駅からトランクを発送したのも山崎自身だった。競馬界を舞台に描く巨匠の本格長編推理小説。
(角川書店公式HPより)


<感想>

被害者が発見されたトランクを送り出したのも被害者だった!?
そんな不可思議状況が発生する本作。

確かに、謎は魅力的なのですが……その解明については首を傾げざるを得ないかも。
個人的に、その他の部分も恣意的に過ぎて不満が残る。
それと、競馬界を舞台にしているものの、特に競馬界とは関連性が薄いのも……。

正直、松本清張先生作品ならば、他に読むべき作品も多い。
他の作品を読むことをオススメしたい。

<ネタバレあらすじ>

・登場人物一覧
底井武八:山崎の部下で記者。彼の死の真相を追う。
山崎:底井の上司で編集長。
岡瀬:5億円を横領したとされる公務員。
西田:調教師。
末吉;厩務員。
立山:元代議士。

5億円を横領した罪で逮捕され、近頃刑期を終えた岡瀬が何者かに殺害された。
岡瀬が横領した5億円のうち4億円は使途が明らかになっていたが、残り1億円のみ不明になっていたのだが……。

編集長の山崎は部下の底井と共に岡瀬の死について調べ始めた。
すると、西田が調教師を勤める厩舎に殺害される直前の岡瀬が出入りしていたことが明らかになる。

矢先、底井は山崎から取材を外される。
山崎の真意が分からない底井は困惑するが……。

数日後、今度は山崎の死体が宅配済みのトランクの中から発見される。
しかも、不思議なことに発送者も山崎本人であった。

発送した人物が発送した荷物の中にどうやって入れるのか?
この謎に底井が挑むことに。
底井は山崎の敵討ちを目論むが……。

まず、山崎の取材経路を追った底井。
すると、山崎が西田厩舎に注目していたことが判明する。
さらに、西田厩舎に馬を預ける立山元代議士にも興味を持っていたようだ。
山崎は立山に接触していたのである。

此処で、底井ははたと気付いた。
もしかして……山崎は立山を脅迫していたのではないか。
しかも、前後を考えれば岡瀬の横領が関係していることは間違いない。

だとすれば、何が考え得るか。
そう、使途不明とされる1億円は立山の手に渡っていたのでは……。

岡瀬は立山に1億円を貸し付けた。
刑期を終えた岡瀬は、西田を通して立山に取り立てに向かった。
だが、立山はこれを返済出来ず西田に命じて岡瀬を殺害した。

これに山崎が気付いた。
山崎は底井を遠ざけると、岡瀬同様に西田を通じて立山を脅迫した。
其処で、西田に殺害されたのではないか……。

しかし、山崎が発送したトランクの謎が残る。
さらに調査を続けた底井は、西田厩舎の厩務員・末吉が犯行当日に同僚に夏みかんを配っていたことを知り注目。
果たして、末吉はどこから夏みかんを運び込んだのか。

もしかして、トランクは2つ用意されていたのではないか。
1つには夏みかんが入っていた。
もう1つは空だった。

山崎が発送したのは夏みかん入りのトランクだったのでは……。
その後、山崎が殺害され空のトランクに収められ、夏みかん入りのものとすり替えられたのではないか。

これならば謎は解ける。
だとすれば、西田だけでなく末吉も関与しているに違いない。
ところが、当の末吉は厩舎を退職し姿を消していた。
おそらく、立山と西田から報酬を受け取ったに違いない。

それは間接的に底井の推測が正しいことを示していた……。

数日後、西田が逮捕され、その供述から真相が明らかになった。
底井の推測は正しかった。

立山は岡瀬から1億円を借りていた。
岡瀬はこれを取り立てようとして殺害されたのだ。
その後、山崎がこれに気付き脅迫を開始。
口封じするべく、西田が山崎を殺害しトランク詰にしたのである。
この際、自身の関与を知られないように山崎自身に発送させた。

しかし、西田はこれを後悔しているとのことであった。
山崎を発送役にしてしまったことで、不可解な状況が生まれてしまったからである。

さらに数日後、末吉も逮捕された。
もちろん、立山も逮捕されることになったのは言うまでもない―――エンド。

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 死の発送 清張名作初のドラマ化!上野〜岩手まで送られた絞殺遺体の謎!横領…失踪消えた3億円の行方…完璧なアリバイと巧妙なトリックに若き記者が挑む!!」(5月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『小説 3億円事件 「米国保険会社内調査報告書」』(松本清張著、新潮社刊『水の肌』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『顔』 清張作品の原点 傑作がドラマで甦る!大女優へのぼり詰めた女には“殺人”という秘密の過去があった。顔がスクリーンに映し出される前に過去を消さなければ」(10月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 三億円事件 戦後最大の未解決事件〜衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル“黒い福音” 国際線スチュワーデス殺人事件!昭和最大の未解決事件に挑む定年刑事&若手エリート刑事!!真犯人は誰か!?衝撃の結末」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 死の発送 清張名作初のドラマ化!上野〜岩手まで送られた絞殺遺体の謎!横領…失踪消えた3億円の行方…完璧なアリバイと巧妙なトリックに若き記者が挑む!!」(5月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
・『眼の壁』から出題がありました。
「ミステリーキューブ 名作ミステリーを凝縮▽華麗なトリックを見破り密室から脱出せよ!▽松本清張が仕掛けたわなに挑戦だ」(8月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

「死の発送 新装版 (角川文庫)」です!!
死の発送 新装版 (角川文庫)





「強き蟻〈新装版〉 (文春文庫)」です!!
強き蟻〈新装版〉 (文春文庫)





「松本清張サスペンス 傑作選[大映テレビ・TBS編] [DVD]」です!!
松本清張サスペンス 傑作選[大映テレビ・TBS編] [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。