2014年05月26日

「最強少女さゆり」第13話(18話)「宇宙警察 バニー・ラビット」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第13話(18話)「宇宙警察 バニー・ラビット」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
さゆり(彩百合):謎の少女。4歳ながらとてつもない怪力を誇る。
豪田:さゆりの祖父。普通の人。
バニー・ラビット:宇宙警察の刑事。
リコス:バニーが追う逃亡犯。
源さん:さゆりの体当たりを受け止めることが出来る地球人。愛の力は偉大だ。
駐在さん:最近赴任してきたばかりの若い警官。集中連載1話でさゆりの三輪車に撥ねられトラウマに。
ヨシさん:隣町の住人。さゆりを侮ったが為に……。
恭也:さゆりが出会った年上の少年。さゆりに自身を「師匠」と呼ばせる命知らず。
メタボ:ヤスの兄貴分。
ヤス:メタボの弟分。出っ歯が特徴。心は折れても出っ歯は折れない。
オヤッサン:バッティングセンターの経営者。
タマちゃん:オヤッサンが作った自律制御AI搭載型ボールタイプロボット(たぶん)。
デービス親子:グリーンスライダー大会に参加した親子。
課長:宇宙警察でのバニーの上司。花魁姿をしている。
シヤ:バニーの妹。

<あらすじ>

〜〜〜前回までのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宇宙刑事であるバニー・ラビットは凶悪犯リコスを追って地球に飛来。
あと一息というところまで追いつめるが、現地の少女・さゆりにリコスともどものされてしまう。
こうして、さゆりの家に保護(囚われた)されることに。
仲間に救助を依頼するが助けは未だにやって来ない。
さゆりを通じ、何時の間にやら凶悪犯のリコスが善良になりつつあるなど、想定外な要素を抱え過ぎた彼女の明日はどっちだ(嘘)!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぐっすりと眠り続けるバニー。
しかし、その安眠は破られようとしていた。
突然の警告音がバニーを呼び起こしたのである。
寝ぼけ眼のバニーがぼーっとしながら音源を探ると……。

其処に有ったのは、宇宙警察本部と交信する為の通信機であった。
通信機の画面には花魁姿の女性が映っている。

これを目にしたバニーが覚醒した。

「か、課長!!」
慌てて敬礼するバニー。
画面の相手は宇宙警察の課長にしてバニーの上司だったのだ。

課長によれば、惑星間の地磁気の影響が収まり偶然通信が繋がるようになったらしい。
課長はバニーの救助に向かった部隊が謎の映像を残して全滅したことを告げる。

その映像には地球から火の鳥が舞い上がり、宇宙船を撃沈した光景が残されていた。
これにより、地球には危険な兵器があると判断され警戒地域に指定されてしまったらしい。
その為に、後続の救助隊が動けなくなったのだそうだ。

つまり、当分の間、バニーへの救助は来ないのである。
愕然とするバニーに、課長は更に辛い事実を告げる。

なんと、リコス1人の為に遭難し救助隊まで全滅させたことでバニーの責任を追及する声が上がっているらしいのだ。

課長はこれを抑え込む為にも、何らかの成果が必要だと主張。
その成果として、火の鳥の正体を突き止めるようにと命じる。

これにバニーは「困った」と内心、冷や汗をかくことに。
実は、バニーには火の鳥の正体に心当たりがあったのだ。
そう、さゆりである。

あれは隣町とのサッカー試合の最中に、さゆりが蹴ったボールが舞い上がったモノだったのだ。
(詳しくは短期集中連載最終話「さゆりとサヨナラの日」参照)

「最強少女さゆり」最終話(第5話)「さゆりとサヨナラの日」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

しかし、それを伝えれば課長はさゆりを保護するように命令するだろう。
いや、保護とは名目で、実際は捕獲である。
いずれにしろ、さゆりの今の生活は崩壊を迎えることとなる。

思い悩んだバニーは数日後の報告を約束し、通信を終えた。
さて、どうするべきか……。

そんなバニーの背後に何時の間にやらリコスが立っていた。
リコスは「お前とは良い仲間になれそうだったんだがな」と呟く。
さらに「どうしようがお前の自由だ。だが、お嬢ちゃんを裏切ったら承知しねぇぞ」と念を押す。

バニーは終始無言である。
バニーには辛い過去があった。
彼女は一族の中では出来損ない扱いされていたのである。
一族の者は皆、妹のシヤに期待していたのだ。
バニーはただ教師になりたかっただけなのに……。

何時の間にかリコスは去っていた。
再び考え込むバニーの耳に、元気の良い声が届いた。

「うさぎちゃぁぁぁぁぁぁぁん」
さゆりである。

さゆりは何かを感じ取ったのか不安そうにバニーに甘えてくる。
バニーはそんなさゆりを見て、笑った。
それはバニーが初めて浮かべた真実の笑顔。

さゆりはバニーの笑顔を見て安心したかのように飛び込んで来る。
もちろん、さゆりの全力をバニーが受け止めきれる筈がない。
バニーは宙を舞った……。

報告期限当日がやって来た。
バニーは課長に「火の鳥の正体は不明である」との報告を挙げた。
バニーはさゆりとの生活を選んだのだ。

しかし……課長は何やら眉を顰めて考え込んでいた。
彼女の勘がバニーの嘘を見抜かせていたのだ―――エンド。

花魁課長が参戦し、風雲急の事態に!?
本作を真に楽しむ為に「週刊少年チャンピオン」本誌にて確認せよ!!

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて短期集中連載された福田やすひろ先生の作品「最強少女さゆり」。
そんな本作が正式な連載として帰って来ました!!
ファン大歓喜だぜ、ヒャッホウ(^O^)/!!

ちなみに連載になったことで本作のアプローチも多少変わった様子。
短期集中連載時は「さゆりを中心とし、人並み外れた怪力がありながら周囲の人々に保護される4歳児を描くハートフルコメディ」でしたが「人並み外れた怪力を有する少女と、これを温かく見守る周囲の人々を描いたハートフルコメディ」へと変わった印象あり。

つまり、何処が変わったかと言うと、短期集中連載時は「さゆりが中心だった」のに対し連載では「さゆりとその他の人々」にまで焦点の対象が広がったかな。
これは新キャラである恭也の登場にも顕著。
それに伴い源さんの「さゆりラブ」キャラに拍車がかかってます。
これにより、さゆり抜きでサブキャラたちのみ描かれる回も有り得ますね。
正直、個人的には短期連載時の「さゆり中心」のノリが好きだけど、連載が長期化することを見据えれば物語の幅を広げる意味で正しい判断だと思われます。
ただ、出来るなら主人公・さゆりの正体はもちろんのこと、リコスとバニーの掘り下げをもっとして欲しいかも。

そんな仕切り直しの13話(通算18話)。
12話に続き、バニーのキャラの掘り下げが行われました。

それによると、どうもバニーは一族から期待されていなかった様子。
むしろ、妹であるシヤへのコンプレックスに悩んでいたらしい。
こうなると、前回の「自身がエリートである」との言葉も事実とは異なるかも。
ただ、12話でさゆりに対し教師然とした態度を取った理由は、彼女が教師志望だったからだったのか。

そんなバニーはさゆりとの生活を選んだ。
グッと来ましたね。
しかし、課長の動向が気にかかるなぁ……。
名前も明かされたし、シヤの登場も近いか!?

でもって、さゆりは地球人ではなく宇宙人なのかもしれないなぁ……。
父方が豪田で、入院中の母方が宇宙人の血なのかも。
この辺りも何時か明かされるのだろうか。

本作の魅力は2つあると思う。
まず1つ目は、あのファンシーな絵柄で驚きのアクションを魅せること。
そして、2つ目は「思わぬ展開の意外性(キャラ追加など)」と「固定化された結末の安定性(さゆり大勝利)」この2つのバランスが伴うこと。
これが面白い!!

とはいえ、おそらく此処で幾ら言葉を尽くしたところで本作の面白さは伝えられないだろうなぁ。
やっぱり本作は理屈じゃないな。
実際に読んで感じるべし。

彩百合の両親が謎ですね。
山中の病院で1ヶ月に1度のお見舞い……「となりのトトロ」を思い出しました。
さゆりの母は静養中(「さゆりと峠とお見舞い」参照)なのでしょうか。
そう言えば、リコスはトトロっぽいと言えなくもないか。
入院中とのことですが、何か理由があるのでしょうか。
このあたりも謎だし、連載になった以上はいずれ明かして欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は「名探偵マーニー」や「実は私は」など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
【短期集中連載版】
「最強少女さゆり」第1話「さゆりと宇宙人」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第2話「さゆりとチャンバラ」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第3話「さゆりとアルバムと私」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第4話「さゆりと峠とお見舞い」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」最終話(第5話)「さゆりとサヨナラの日」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【連載版】
「最強少女さゆり」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)第1話(6話)から10話(15話)までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「最強少女さゆり」第11話(16話)「リコスとタマちゃん」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第12話(17話)「バニーのほろ酔い授業」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「平賀源内の研究 大坂篇―源内と上方学界」です!!
平賀源内の研究 大坂篇―源内と上方学界





「江戸文学 第38号 特集:中国小説と江戸文芸」です!!
江戸文学 第38号 特集:中国小説と江戸文芸






【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。