2014年06月23日

「妄想少女」5話・最終話(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「妄想少女」5話・最終話(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
神宮寺花音:主人公。「美女と野獣」に憧れ「卑怯卑劣を貫く獣」に恋をする少女。
如月風牙:花音を愛するイケメンだが報われない。しかし、その正体は……。
久瀬原涼一:花音の担任教師。1話に登場。
君園邦彦:花音の中学時代の家庭教師。2話に登場。
間地:花音が電車で出会った痴漢。3話に登場。
夏芽:朝子の夫、保健教諭。4話に登場。
夏芽朝子:アパレル会社経営のキャリアウーマン。4話に登場。

<ネタバレあらすじ>

「美女と野獣」と言えば、美女が野獣の容姿に怯えずこれを愛したことで、実は魔法により野獣にされていた王子の魔法が解け、美女と真実の愛で結ばれる―――そんな物語。

此処にそんな「美女と野獣」に憧れる少女が居た。
その名は、神宮寺花音。
学級委員を勤め、容姿端麗、成績優秀、人望も厚く、教師受けも良い―――そんな万能美少女である。

だが、彼女は妄想家であった。
周囲の同年代の女生徒が合コンでの恋愛話などで盛り上がる中、彼女は1人理想の男性を追い求めていた。
そう、野獣のような男性を。

彼女には理想があった。
獣のように卑怯卑劣な男性に虐げられつつ愛を捧げることにこそ「真実の愛」がある―――と。
しかし、その捧げるべき相手が見つけられずに居たのである。

幼馴染で周囲の異性を惹きつけて止まないイケメンの如月風牙も、そんな花音にかかっては歯牙にもかからない相手の1人である。
今日も今日とて風牙が声をかけて来るが、花音にとっては溜息の種でしかない。

だが、この風牙には花音の知らない本性がある。
風牙は影から花音に近付く男たちを排除しているのである。
しかし、これを花音は知らない。
花音は常に卑怯卑劣の獣を探している……。

そんなある日、花音の前に次なる王子様候補が現れた。
それはJK散歩で知り合ったおじさんである。

街を歩いていた花音はJK散歩のバイトの娘と間違われて声をかけられた。
だが、これが花音には運命の出会いに思えたのだ。

花音の期待は違わず、おじさんは欲望に沿う獣らしい行動を取る。
花音を食事に誘い、彼女が席を外すとその隙を突き花音が使用した食器を舐めしゃぶったのだ。

しかし、これを見逃す花音では無い。
花音は「私の王子様、見〜〜〜つけた」とばかりにおじさんに微笑みかける。
だが、おじさんの態度は花音の予想を裏切った。

「分かったよ、別途料金を払えばいいんだろ!!」
言うなり、紙幣を花音に向かって投げ捨てると逃げ去ったのだ。

呆然と立ち尽くす花音。
だが、彼女がめげることは無い。

次なる王子様候補と出会うべく、JKお散歩を続けて行く。
これを複雑な表情で眺める風牙。

花音は次々と様々なおじさんたちと接して行く。
しかし、皆が皆、欲望を充足させると花音の前から去って行った。

そんなある日、花音はサラリーマン風の目の鋭いおじさんと出会った。
2人はカラオケボックスに足を運ぶ。

無邪気に歌おうとする花音を押し留めるおじさん。
彼はボックス内で行為に及ぼうとする。
ストレートな欲望をぶつけられた花音は獣を発見し喜ぶかと思いきや、必死に抵抗する。
どうやら、花音の求めるモノとは異なっているらしい。
しかし、男女の力の差は激しく花音はおじさんに組み伏せられてしまう。

花音、危し!!

と、其処へ影が飛び込んで来た。
影はおじさんを花音から引き離すと、外へと追い出す。

影の正体は風牙であった。
風牙は「分かっただろ。あいつらは欲望が優先さ。花音の求める王子様はJKお散歩には居ないよ」と諭すのであった。
これに花音は「はぁ、私の王子様は何処に……」と溜息を洩らすのであった。

どうやら、まだまだ花音の冒険は続くようである。
当然、風牙の苦労も続くのだ―――エンド。

<感想>

『週刊モーニング』版「ちばてつや賞」第64回受賞作。
『週刊モーニング』誌上にて2013年12月に1話が、2014年4月に2話が、2014年5月に3話が、2014年6月上旬に4話が掲載された本作。
その2014年6月下旬に掲載された5話にして最終話です。

本作、心情描写とキャラが面白いです。
恋に恋して自分基準の独特な愛を求める美少女・花音。
そんな花音をもっとも理解し、もっとも彼女の理想に近いが、もっとも相手にされない風牙。
そして……1話ごとに現れては消えて行く花音の王子様たち。
この3者が織り成すストーリーは必読です!!

では、早速ネタバレ批評(レビュー)を。

え〜〜〜どうやら、管理人は本作を誤解していたことが最終話になって判明しました。

なんと、風牙が割と純粋に花音のことを想っていたことが判明。
決して卑怯卑劣な獣ではなかったようです。

さらに肝心の花音自身も本当に純真無垢な恋に恋する少女であったことも判明。
これまた恋の狩人ではなかったようです。

まさか、最終話になって判明するなんて!!
どうにも、管理人が心の汚れた読み方をしていたらしいことが突き付けられましたね。
言わば、各回で花音に自身の本性を突き付けられた面々の如く、シリーズ最終話にて自身の読みの甘さを突き付けられることに。
これが各回の面々の気持ちだったのだろうかと思うとリアルに心に来るモノがあるなぁ……。
痛ててて……。

内容的には、最終話にて花音の理想の矛盾に触れられていた点が良かったですね。
花音は獣を愛すると標榜しつつも、決して最後の一線を踏み越えない。
それは相手がコンプレックス(鬱屈)を抱えているからでもあったし、実は花音自身がそれを望んではいないから。

もしかすると、花音は風牙の気持ちを知りつつコレを試しているのかもしれないなぁ……と懲りずに深読みしてみる。
でないと、わざわざ性癖を風牙に明かしておく必要が無いし。
結局、花音の青い鳥は風牙のようですね。
とはいえ、まだまだ花音の冒険は続くのでしょうし、風牙の苦労は続きそうです。

これまでのシリーズを読み続けて来た者としては些か寂しさを感じるところもありますが、この結末こそが本作らしい気もします。

本作の特徴は、何と言ってもその可愛らしい絵柄に比して迫る痛さ。
その痛さは価値観の違いに基づくものであり、読み進めるうちに心にグイグイ来る。
是非、『週刊モーニング』本誌をご覧頂き、確かめて欲しい!!

汐里先生、お疲れ様でした。
次作にも期待しています!!

◆関連過去記事
「妄想少女」(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「妄想少女」2話(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「妄想少女」3話(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「妄想少女」4話(汐里作、講談社刊「週刊モーニング」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

・こちらは『週刊ヤングマガジン』版「ちばてつや賞」優秀新人賞受賞作。
「虫(第65回ちばてつや賞優秀新人賞受賞作品)」(活又ひろき作)ネタバレ批評(レビュー)

ぶつかり合う「法」と「法」。いずれの「法」が正しいのか。
「異法人(1) (モーニングKC)」です!!
異法人(1) (モーニングKC)





こちらは別の「妄想少女」!!「妄想少女オタク系 [DVD]」です!!
妄想少女オタク系 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、いつも楽しくブログ拝見してます!

妄想少女なんですが、作者さんのブログによるとDモーニングでまだやってるみたいですよ!
いまさらですが、初コメしてみました^^;
Posted by コージ at 2014年07月15日 12:29
Re:コージさん

こちらこそ初めまして!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

記事を目にして楽しんで頂けると嬉しいです。
そして、情報ありがとうございます!!
早速『Dモーニング』読んでみます(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2014年07月16日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック