2014年06月20日

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 警部補・佐々木丈太郎7 死の高層マンション 格差と嫉妬の連続殺人 怪文書と女のバトル!セレブ達が隠す黒歴史 鍵はローカル鉄道に!?熱血刑事VS女社長」(6月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 警部補・佐々木丈太郎7 死の高層マンション 格差と嫉妬の連続殺人 怪文書と女のバトル!セレブ達が隠す黒歴史 鍵はローカル鉄道に!?熱血刑事VS女社長」(6月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

警視庁捜査一課・警部補の佐々木丈太郎(寺脇康文)と、部下の降谷拓(石黒英雄)は、フラワーショップ シェ・スールの社長、大橋亜木子(洞口依子)と知り合う。亜木子は“躍進するビューティーヒロイン”として世間の注目を集める人物だ。そんな折、シェ・スール専務の高井京子(舟木幸)が遺体で発見される。遺体の衣服には何かの粉末が付着していた。科捜研に勤める丈太郎の妻、佐々木涼子(横山めぐみ)と三浦さくら(山村紅葉)の鑑定の結果、付着していた粉末は“ドライオレンジの粉末”だと判明する。捜査に加わった丈太郎と降谷は、シェ・スール本社へ向かい亜木子に話を聞く。亜木子と京子は、本当の姉妹のような関係で、シェ・スールは2人で一から立ち上げた大切な会社なのだという。

京子のオフィスを調べると、パソコンに“いすみ鉄道”や“大多喜駅”などの閲覧履歴が残っていた。京子には縁のない土地…。さらに、亜木子が大事にしていた2人の思い出の写真が破り捨てられているのも見つかる。

捜査を進める丈太郎たちは、“京子が社内でクーデターを計画していた”という情報をつかみ、亜木子が住む高層タワーマンションへと捜査の手をのばす。2人は最上階の亜木子の部屋に向かう途中で、42階に住む青木悦子(杉田かおる)、37階の渡辺沙知絵(川村亜紀)、32階の斉藤美香(叶千佳)、15階の坂西みどり(片岡明日香)、3階の井上景子(坪井木の実)の言い争いに出くわす。高層階の住人たちの悪口が書かれた“怪文書”がマンション中に出回り、低層階に住む景子がその犯人だというのだ。亜木子の部屋では、マンションに住むセレブが集うホームパーティーが開かれており、亜木子の息子でモデルの拓也(岸田タツヤ)、仕事で訪れていたシェ・スール支店の店員の平田真澄(中山忍)の姿もあった。そしてテーブルの上には、ドライフルーツのケーキが…。降谷はケーキのドライオレンジと、京子の衣服に付着していた粉末の関係を探る。一方、丈太郎は亜木子に、京子がクーデターを計画していたことについて尋ねるが、心当たりはないという。

捜査が難航を極める中、亜木子が千葉県夷隅郡大多喜町の出身だということが分かる。丈太郎はいすみ鉄道に乗って大多喜町へ向かうことに。すると、明らかになったのは、亜木子の驚くべき過去の秘密…。その頃、マンションで言い争いをしていた住人の一人が遺体で発見される。遺体の衣服に、またも付着していた“ドライオレンジ”…。

亜木子の過去に何があったのか!?マンションにばらまかれた“怪文書”と事件の関係は?!そして、2つの殺人をつなぐドライオレンジの謎…。複雑に絡み合った事件の真相を、丈太郎は解決できるのか!?
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

フラワーショップ「シェ・スール」の専務・高井京子が何者かに殺害された。
京子の衣服には「ドライオレンジの粉末」が付着していたが……。

この捜査に警視庁捜査一課・警部補である佐々木丈太郎と部下の降谷拓が乗り出した。

京子は「躍進するビューティーヒロイン」として注目を浴びる社長・大橋亜木子のもとで働いていたが、先頃になってクーデターを起こすつもりだったらしいことが判明。

だとすれば、亜希子には京子を殺害する動機が存在する。
其処で丈太郎は亜希子周辺を調べることに。

ところが、亜木子が住む高層タワーマンションではある騒動が持ち上がっていた。
42階に住む青木悦子、37階の渡辺沙知絵、32階の斉藤美香、15階の坂西みどり、3階の井上景子の間で争いが起こっていたのだ。
何でも高層階の住人たちの悪口が書かれた「怪文書」がマンション中に出回っており、この犯人が景子ではないかと疑われていたのだ。

一方、同日に亜希子の部屋ではホームパーティーが開催。
亜木子の養子でモデルの拓也、シェ・スール支店の店員である平田真澄が参加していた。

丈太郎は、このパーティー会場のテーブルの上にドライフルーツのケーキを発見し、事件との関連性を疑うことに。
何でも、このケーキを作ったのは悦子だそうだが……。

矢先、京子が何故か大多喜町に何度も足を運んでいたことが判明。
それに重なるように、亜希子が千葉県夷隅郡大多喜町の出身だということが分かる。

京子のように大多喜町へ足を運んだ丈太郎。
すると、亜希子には生き別れの妹・夏美が居たことが分かる。
何でも、両親が離婚した際に裕福な父に亜希子が、子育てに興味のない母親に夏美が引き取られたのだそうだ。
数年後、亜希子は何度となく夏美を探しに大多喜を訪れたが、その行方は知れなかったそうである。

同じ頃、坂西みどりが謎の死を遂げる。
しかも、その胸元には「ドライオレンジ」が残されていたのだ!!

その頃、拓也は平田真澄と親しくしていた。
真澄はまるで母親のように拓也に接するが……。

矢先、怪文書事件の犯人が近隣の郵便ポストの防犯カメラ映像から判明する。
投函者の正体は渡辺沙知絵であった。
もっとも、こちらは青木悦子の指示だったらしい。
悦子は景子に嫌がらせをしようと企み、沙知絵に命令していたのだ。

悦子に従うことに嫌気が差した沙知絵はすべてを丈太郎に告白する。
ケーキを作ったのも悦子ではなくみどりだったのだ。
その手柄を悦子が1万円で購入していたらしい。

これを聞いた丈太郎は2つの事件現場で発見された「ドライオレンジ」の成分を分析。
それぞれが異なっていることを突き止める。
もしや、これは連続殺人ではないのではないか―――。

調べた結果、みどり宅から「ドライオレンジ」が発見。
さらに、みどりに浪費癖があることも判明する。
そう、みどり殺害は浪費癖に苦しんだその夫・幸雄による犯行だったのだ。

こうして、みどり殺害事件は解決した。
残るは京子殺害事件のみである。

再び、大多喜へ向かった丈太郎は衝撃的な情報を得ることに。
本来、裕福な父方へは幼い妹・夏美が引き取られる予定だったのが、亜希子が夏美を騙して扶養先を交換していたのだそうである。

この事実を亜希子に確認したところ、亜希子はこれを認めた上で恥ずべき過去だと贖罪の言葉を口にする。
だからこそ、亜希子は夏美をずっと探し続けているのだが、未だに見つからないのだそうだ。

そんな中、何者かが生前の京子にこの亜希子の卑劣な行為を告げ口していたことが判明。

さらに「うさぎのお耳を作ったら〜〜〜♪」と歌いながら蝶結びを披露する拓也を目にした亜希子が衝撃を受ける。
実は、その歌は亜希子が夏美の為に作った世界に1つしかない歌だったのだ。

誰から教えられたか聞いた丈太郎と亜希子は共にその人物のもとへと向かう。
丈太郎たちが向かった先は真澄のもとであった。
真澄こそ、亜希子の妹・夏美だったのだ。

丈太郎は真澄が使用しているホットメルト接着剤の成分もドライオレンジから検出されたことを指摘。
京子殺害が真澄こと夏美による犯行だと告発する。

此処にすべてを明かす夏美。

過去、夏美は亜希子に騙されたことを知り、彼女を恨んだ。
長じるにつれ、亜希子への復讐心を滾らせた夏美は真澄と名乗り「シェ・スール」に入社する。
其処で亜希子が京子を可愛がっていることを知り、この仲を裂くべく自分が亜希子に騙されたことを教えた。
ショックを受けた京子が亜希子を軽蔑でもすれば……との想いの行動であったが、思わぬ展開に。

なんと、京子は最初から亜希子を追い落とすつもりであり、この情報を使ってクーデターを起こすと言うのだ。
慌てた夏美は京子を殺害してしまう。

その後、亜希子の持つモノすべてを奪おうと拓也に接近。
これを奪おうとしたが、本当に可愛くなってしまったのだそうだ。

丈太郎は「それこそあなたがお姉さんを慕っているからですよ」と指摘する。
夏美が京子を殺害したのも、無意識のうちに姉を救おうとした故だったのだ。

こうして、姉妹が名乗りを上げ、事件は解決するのであった―――エンド。

<感想>

金曜プレステージ「警部補・佐々木丈太郎」シリーズ第7弾。
原作は西村京太郎先生『優しい悪魔たち』(徳間書店刊『一億二千万の殺意』収録)。

では、ドラマの感想をば。

「シェ・スール」その意味は「愛しい妹」だそうです。
今回は「姉妹愛」がテーマだったのかな。

全体的に、淡々と進んだので些か物足りなさを感じたところはあるかもしれない。
それと、推理の余地が殆どなかったのも、ちょっと難だったかな。

ただ「ケーキは悦子作」→「実は悦子がみどりから買ったもの」→「ドライオレンジの出処はみどり」→「成分からみどりの服に付着したドライオレンジは彼女の家の物」→「犯行は家人によるもの」→「みどりの夫・幸雄が犯人」の流れは良かったですね。
それ以外は「ドライオレンジ」を存分に活かせていたとは言い難く惜しいとの印象です。

とはいえ、このシンプルさが良いとの向きもありそう。
シリーズの1作としてはありでしょう。

そう言えば、セレブで高級マンションで寺脇さん主演と言えば、2014年6月9日に「守護神・ボディーガード 進藤輝 Episode3」が放送されていましたね。
不思議と何故か被って見えました。

月曜ゴールデン「守護神・ボディーガード 進藤輝 Episode3 セレブ主婦殺人!高級マンション住人に渦巻く嫉妬と愛憎…狙われた母娘の命を護れ!民間ボディガード決死の警護」(6月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみに西村京太郎先生と言えば「十津川シリーズ」最終作について語られています。
興味のある方はリンクよりどうぞ!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

「JR時刻表」と西村京太郎先生がコラボ!!2013年7月号、8月号にファン必見のクイズとエッセイが掲載!!

TBS版十津川警部について、シリーズの制作秘話を森下和清プロデューサーが語られています。

月曜ゴールデン版「十津川警部シリーズ」、その制作秘話を森下和清プロデューサーが読売新聞さんに明かしました!!

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎5 秘密〜脅迫メールの差出人は24年前の死者 名門女子高同窓会から始まる死の連鎖!第一容疑者は最愛の妻…夫が知らなかった別の顔 元お嬢様達に何が?」(3月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎6 疑惑〜合掌する遺体 愛娘を殺された母親が7年越しの復讐?残された大金とお団子の謎 情熱の刑事が暴く少女誘拐事件の真相とは」(10月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

寺脇康文
洞口依子
中山忍
杉田かおる
斉木しげる
岸田タツヤ
川村亜紀
片岡明日香
佐藤祐一
舟木幸
笠木泉
山村紅葉
石黒英雄
横山めぐみ
吉行和子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆関連過去記事

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー61 越後・会津殺人ルート〜必ず相席する女!?特急きぬ・片道切符の罠…十津川警部に絶体絶命の殺人容疑」(3月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 秩父SL・3月23日の証言〜大逆転法廷!!沿線の洗濯物に秘密が 十津川警部VS黒い帽子の女!」(7月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「テレビ朝日開局55周年記念 西村京太郎トラベルミステリー・終着駅(ターミナル)殺人事件 上野〜青森、愛と死の寝台特急“あけぼの”暗闇に消えた女」(1月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 山形新幹線・つばさ129号の女!謎の駅に2分停車の盲点…黒いロープとサクランボの殺意!!」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 西村京太郎の、スーパービュー踊り子連続殺人!新宿下田2時間47分の盲点グリーン個室の遺書が名指す4人の容疑者VS謎の女相続人」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル(西村京太郎トラベルミステリー) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女 〜十津川警部への挑戦状〜鎌倉彫が生んだ愛と悲しみの逆襲!十津川に届く挑戦状の真意!?殺人ゲームの幕開け」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ49 特急しらさぎ殺人迷路〜越前竹人形の謎〜死体女性から電話!?私は殺された…偽装殺人?東尋坊の越前竹人形が知る哀しき過去」(1月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ50作記念作品〜消えたタンカー〜渡瀬恒彦・渡哲也豪華競演 インド洋で石油タンカー爆発炎上沈没事故発生!生存者6名が次々と殺される!?タンカー消失の謎追いブラジルへ」(9月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ51 京都〜小浜殺人迷路〜八百比丘尼伝説の怪〜十津川の妻が殺人!?25年前の未解決事件が引き起こす連続不審死、死を招く呪いの赤椿」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ52 小田原城殺人事件〜一期一会の証言〜 女が消えた!?城内ツアー中忽然と姿消す女が冷凍遺体に…完全犯罪暴くガイドの証言」(5月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班8 十津川警部 家族 奥多摩で焼死体発見!十津川班の刑事の弟が殺人犯?轢き逃げから始まった事件の連鎖がもたらすのは、家族の強い絆か、崩壊か」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班7 十津川警部の“初恋” 湯河原温泉連続殺人!苦悶の大捜査線!自殺偽装トリック!!血涙と慟哭の終着…頼む、こんな事しちゃダメだ」(6月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎5 秘密〜脅迫メールの差出人は24年前の死者 名門女子高同窓会から始まる死の連鎖!第一容疑者は最愛の妻…夫が知らなかった別の顔 元お嬢様達に何が?」(3月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎6 疑惑〜合掌する遺体 愛娘を殺された母親が7年越しの復讐?残された大金とお団子の謎 情熱の刑事が暴く少女誘拐事件の真相とは」(10月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鉄道捜査官シリーズ】
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 殺意の豪華SL密室パーティ〜殺人者は犯行予定の列車に乗り遅れた…!?上り線下り線のダイヤトリック」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 伊豆急リゾート21号パノラマ展望車で殺された女!箱根ゴールデンルート空と湖の逆転アリバイトリック」(5月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【左文字進シリーズ】
月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進15 軍艦島に消えた殺意〜長崎で史子の恋人が殺された!左文字がオランダ坂で見た隠し絵に驚愕な謎が炙り出た」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進16 他人になった女〜リストラOLがセレブに化け遺産相続!巨額資産に群がるまさかの陰謀を左文字が暴く!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【秋葉京介探偵事務所シリーズ】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 秋葉京介探偵事務所〜狙われた男〜 美女からの依頼は、殺人予告。大手介護事業の莫大な資産が招く死の連鎖。残された暗号が示す哀しき真実」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ニュース】
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

十津川警部シリーズにて亀井刑事を演じ続けて31年……愛川欽也さん降板、後任は高田純次さんに!!

月曜ゴールデン版「十津川警部シリーズ」、その制作秘話を森下和清プロデューサーが読売新聞さんに明かしました!!

【緊急特別批評(レビュー)】「SmaSTATION!!祝35周年土曜ワイド劇場の秘密(秘)相棒(秘)家政婦は見た(秘)法医学(秘)西村京太郎矢沢永吉&松田優作&鶴瓶主演のレア作品も」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『優しい悪魔たち』が収録された「一億二千万の殺意 (トクマ・ノベルズ)」です!!
一億二千万の殺意 (トクマ・ノベルズ)





「ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論」です!!
ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論





「ミニ鉄道の小さな旅(関東編) Vol.4 いすみ鉄道 これぞローカル線の風景 [DVD]」です!!
ミニ鉄道の小さな旅(関東編) Vol.4 いすみ鉄道 これぞローカル線の風景 [DVD]





「鉄道 DVD BOX 栄光の蒸気機関車(5枚組)」です!!
鉄道 DVD BOX 栄光の蒸気機関車(5枚組)





「十津川警部とたどる時刻表の旅 (oneテーマ21)」です!!
十津川警部とたどる時刻表の旅 (oneテーマ21)





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX1」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX1





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 2」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 2





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 3」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 3





「思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]」です!!
思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]





「西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]」です!!
西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
こんにちはー
これ完全に亜希子の人の見る目のなさが招いた事態なんじゃと思いました。
夏美の件は兎も角京子のことは秘書すら気づいてたのに亜希子はスルーでしたから

拓也のことも拓也が亜希子に望んでいたのは多分真澄との生活でしてたことなんだろうなと
手作りのご飯に駄目なところがあったら叱ってくれる、そしてたまには仲良く夕飯の買い物。そんな当たり前な優しさを拓也は望んでいたのでは?と思いました

真澄も真澄で多分拓也の孤独がなんとなくわかって打算もあっただろうけど拓也にしてあげたことは真澄が母親にして欲しかったことなのでは?と思ってました

そう思うと怪文書の「亜希子は偽善者」はあながち間違いではないのかなと思いました

あと今回放ったらかしなのが多いです
拓也の大麻騒動とか怪文書の後の主婦軍団とか
一言ぐらい何かあれば良かったのにと思ったり

あとこれは個人的にですが子供のお誕生日会にお漬物はやっぱりないかなと
美味しいのはわかるんですが
Posted by 花 at 2014年06月21日 16:41
Re:花さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

なるほど、そう言われると確かに。
割と亜希子は周囲を見ないタイプでしたね。
だからこそ、拓也の望むモノが分からず、京子にも漬け込まれることになったのかも。

真澄が拓也にしてあげていたことも彼女が求めて得られなかったことなんだろうと思うと、真澄切ないですね。

そして、ご指摘を受けて初めて気付いたのですが、確かに割とツッコミどころも多かったのか……。
Posted by 俺 at 2014年06月21日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。