2014年06月19日

「亡霊校舎の殺人」第10話・解答編2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第10話・解答編2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

「金田一少年の事件簿R」第2弾は「亡霊校舎の殺人」!!
舞台は「黄金島」。
いよいよ解答編がスタート!!
今回は「亡霊教頭」の正体に始まり、矢森と花泉の殺害トリックが明らかに!!


【「亡霊校舎の殺人」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

赤熊猛:フリーのツアコン。
巴荘十郎:ベテランのトレジャーハンター。
首木友郎:どうにも怪しい雰囲気の持ち主だが……。
矢森雪雄:廃墟探索部のメンバー。目つきが悪い男性。
鬼城歩夢:廃墟探索部のメンバー。目つきが悪い女性。
花泉響也:廃墟探索部のメンバー。イケメン。
鶴野冬華:廃墟探索部のメンバー。ロングヘアの勝ち気そうな美女。
遠間もえぎ:廃墟探索部のメンバー。ショートヘアの元気少女。
室ノ井蘭:廃墟探索部のメンバー。おっとり系の美女。

高遠:ご存知「地獄の傀儡師」。今回も暗躍する!?
幽城玄将:亡霊教頭の正体とされる人物だが……。
亡霊教頭:今回の犯人だそうだが……。

蝶田:不動高校の教諭。某レスラーに似ている。
マスター:カフェふくろうのマスター。
ホー之介:マスターが飼ったふくろう。

<あらすじ>

・前話はこちら。
「亡霊校舎の殺人」第9話・解答編1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)


矢森殺害トリックは「細工された見取り図と偽装された穴による落とし穴への誘導」であった。
偽装された穴は水溶性の紙に校舎廊下と同じ木目を印刷したことにより達成出来た。
しかし、此処に大きな謎が残っている。

そう、見取り図にはどうやって細工したのか!?
そもそも、矢森の所持する見取り図に細工を行う機会を持っていたのは誰か!?
その人物こそが「亡霊教頭」なのだ。

金田一はこの「亡霊教頭」を遠間もえぎであると指摘する。
狼狽するもえぎ、これにトリックを暴露することで畳みかける金田一。

もえぎは見取り図を無くしたと称して、矢森から見取り図を公然と借りていた。
工作出来たとすれば、あのチャンスしかない。

あのとき、もえぎは何をしていたか。
矢森から借りた見取り図を昼食用にお湯を注いだ熱々のカップラーメンの上に乗せたのだ。
そして、スマホで見取り図の写真を撮影した。

同様の状況を再現する金田一。
すると、不思議なことに金田一の所持していた見取り図からも矢森転落殺害現場である穴のマークが消えて行く。
これは「消えるインク」によるトリックであったのだ。

博識な明智によると、この特殊なインクは60度くらいで消えるものらしい。
今回は熱々のカップラーメンの熱により危険場所のマークが消えたのだ。

しかも、金田一によればもえぎは矢森が自身に好意を寄せていることを利用し色仕掛けを組み込むことで彼の警戒心を解いていた。
これにより、有頂天になった矢森は見取り図や周囲への注意が散漫になり、罠にかかったのだ。

証拠があるのかと詰め寄るもえぎ。
金田一はもえぎがあのとき撮影していたスマホの画像を求める。
其処には1枚しか画像は残されていなかった。
あのとき、もえぎは2枚撮影したにも関わらず。

消えた1枚からはインクが消えていた筈だと主張する金田一。
もえぎが2枚撮影した理由は、熱を帯びさす為の時間稼ぎとインクが確かに消えているかを確認する意味があったらしい。
だからこそ、もう1枚は消去せざるを得なかったのだ。

言葉に詰まったもえぎは方向転換。
「花泉の殺害は偶然であり、狙って出来るものではない」と問答を仕掛ける。

しかし、これに対しては明智が挑む。

明智はそもそも花泉には教頭からの手紙が届いていなかったことを指摘。
花泉は当初の予定通り食堂に再集合しようとホールを通ったところを殺害されただけと説明する。
部屋割り上、花泉だけは殺害現場となるホールを通らなければ再集合出来なかったのだ。
それが、全員に配られた手紙により然も別の意味があるかのように偽装されてしまったのだ。

もえぎは事前に、明智、剣持、花泉を除く全員の寝袋の近くに教頭からの手紙を隠し、そのときが来るまで全員が手紙に気付かないようにしていた。
これに気付いた面々がそれぞれ、怯えて部屋に籠ったり、指定通りの部屋を訪れたりなどする中、もえぎはホールで何も知らない花泉を待ち伏せし殺害したのだ。
その後、他のメンバーと同様に花泉にも手紙が届いていたかのように偽装した。

だが、此処で1つ想定外の出来事が起こった。
事前の計画では、恐怖に怯えた美雪は明智と剣持を呼ぶ筈だったのだが金田一を呼んでしまったのだ。
これはもえぎにとって予定しないことであった。
動揺したもえぎは花泉の寝袋を回収し忘れてしまう。
この寝袋こそが花泉が事態を知らなかった証拠に他ならない。

明智の追及に追い込まれて行くもえぎ。
しかし、逆襲の牙を剥く。

「もっと明確な証拠を出せ」と主張したのだ。
これに再度、金田一が攻勢に出る―――11話に続く。

<感想&推理>

「金田一少年の事件簿」が「金田一少年の事件簿R」として帰って来ました。
その第2弾はクローズドサークルの王道「孤島での殺人事件」です!!

今回は10話。
解答編第2回。

金田一と明智による「亡霊教頭」への追及が冴える回でしたね。
金田一と明智コンビ、良いです。
そして、「亡霊教頭」が高遠の代理者だと考えれば「金田一&明智VS高遠」の構図が明確にストーリーに現れていて燃える回でもありました。

そんな10話は次の3点が明かされました。

1.亡霊教頭の正体判明。
2.矢森殺害トリック(後篇)。
3.花泉殺害トリック。

まず1、亡霊教頭はもえぎでした。
推理通りですね。
動機については「亡霊教頭」と「教頭」との差出人の違いから、2話感想で触れたもえぎの大切な人=教頭(もえぎの父親?恩師?それとも単なる仇名?)が歩夢たちに見殺しにされたのではないかと思われますが……これが明かされるのはもう少し先になりそう。

「亡霊校舎の殺人」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

続いて2、矢森殺害トリック(後篇)は「消えるインク」で決まり。
最後に3、花泉殺害トリックは「そもそも普通に集合場所へ移動していただけ」で決まり。

次回はもえぎの失言―――「金田一が美雪を迎えに来たことを知っていたこと」が追及されそう。
これは高遠にとってもえぎの失態と映るのか……だとすれば、もえぎの命が危いことに。

ちなみに、今回はトリック解明ももちろんのこと、それに伴う説明が良かったですね。
例えば、本ブログでも謎とされていた「矢森は行き慣れた筈の道を誤ったのか」「犯人はいつ山分けの手紙を部屋に置くことが出来たのか」の2点の理由が判明。

Q:何故、矢森は行き慣れた筈の道を誤ったのか?
A:もえぎの色仕掛けに嵌り、冷静さを欠いていたから。

Q:犯人はいつ山分けの手紙を部屋に置くことが出来たのか?
A:寝袋付近に隠し、必要となるまで目立たないようにしていた。

これらにより、トリックがより映えることに。
寝袋付近に隠していたと言うことは、もえぎがその日の夜までに花泉について決着をつけるつもりだったことも分かりましたね。

残るは「もえぎの失言」と「歩夢殺害トリック」か。
第11話にも期待です!!

一方、参加型イベント「金田一少年の事件簿R リアル事件現場捜査ゲーム File1:阿佐ヶ谷アニメストリート 〜自殺した被害者事件〜」も開催中です。

あなたも阿佐ヶ谷で金田一少年になろう!!「金田一少年の事件簿R リアル捜査&推理ゲーム」に参加せよ!!

そして、山田涼介さん版「金田一少年の事件簿」が2014年7月から連続ドラマ化されることも明らかに。
その第1話は「銀幕の殺人鬼」とのこと。
こちらも注目!!

山田涼介さん版「金田一少年の事件簿」連続ドラマ化!!その名は「金田一少年の事件簿N(ネオ)」!!

さらに、2014年4月5日17時30分よりアニメ版「金田一少年の事件簿R」が放送中。
次回のエピソードは「獄門塾殺人事件」。
注目です!!

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 マレーシアのジャングルで合宿中の生徒達が次々と消えた…太陽と月が交わる時暴かれる驚愕のトリック!謎はすべて解けた!」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆「亡霊校舎の殺人」関連過去記事
「亡霊校舎の殺人」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【犯人推定!?】「亡霊校舎の殺人」第3話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【歩夢殺害トリック解明!?】「亡霊校舎の殺人」第4話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第5話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第6話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【1982年の意味とは!?】「亡霊校舎の殺人」第7話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【犯人確定】「亡霊校舎の殺人」第8話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第9話・解答編1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「薔薇十字館殺人事件」のまとめはこちら。
「薔薇十字館殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ版】
ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 マレーシアのジャングルで合宿中の生徒達が次々と消えた…太陽と月が交わる時暴かれる驚愕のトリック!謎はすべて解けた!」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)





こちらはアニメ版サウンドトラック!!
「金田一少年の事件簿R オリジナルサウンドトラック」です!!
金田一少年の事件簿R オリジナルサウンドトラック





「高遠少年の事件簿 (少年マガジンコミックス)」です!!
高遠少年の事件簿 (少年マガジンコミックス)





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [DVD]





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 (プラチナコミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 (プラチナコミックス)





「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版





「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]





こちらはゲーム。「金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海」です!!
金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。