2014年06月18日

古野まほろ先生『天帝のはしたなき果実』(幻冬舎刊)が舞台化とのこと!!

古野まほろ先生『天帝のはしたなき果実』(幻冬舎刊)が舞台化されることが明らかになりました。

舞台化される『天帝のはしたなき果実』は「天帝シリーズ」の第1弾。
シリーズには他に『天帝のつかわせる御矢』『天帝の愛でたまう孤島』『天帝のみぎわなる鳳翔』『天帝のあまかける墓姫』『天帝のやどりなれ華館』の5冊が存在(2014年6月現在)。

ちなみに『天帝のはしたなき果実』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

勁草館高校の吹奏楽部に所属する古野まほろ。コンクール優勝へ向け練習に励む中、級友の斬首死体が発見される。犯人は誰なのか? 青春×SF×幻想が盛り込まれた異形の本格ミステリ小説。
(幻冬舎公式HPより)


そして、舞台について簡単な情報は次の通り。

公演期間は2014年6月26日木曜日から6月29日日曜日までの4日間。
場所は吉祥寺シアターとのこと。

詳細は公式HPより確認されたし!!

それにしても、古野先生作品―――特に「天帝シリーズ」はあの特徴的な台詞回しが構築する世界観が大きな魅力。
この魅力を如何に伝えるのか―――舞台版に注目です!!

舞台化された「天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)」です!!
天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)





「天帝の愛でたまう孤島 (幻冬舎文庫)」です!!
天帝の愛でたまう孤島 (幻冬舎文庫)





「天帝のやどりなれ華館」です!!
天帝のやどりなれ華館





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。