2014年06月29日

「サイレーン」第52話「下を見たら…」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」第52話「下を見たら…」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
里見偲:男性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の猪熊と恋人同士。31歳。
猪熊夕貴:女性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の里見と恋人同士。
橘カラ:女性マネージャー急性アルコール中毒死(実は他殺)の犯人。猪熊に興味を持つ。
渡:猪熊の寮の向かいに住む。カラを家に置くこととなった。
月本:美容整形外科医。実は高級売春クラブ「フルムーン」のオーナー。カラに正義執行される。
乃花:カラの元同僚。不倫の恋に生きていたがカラに殺害される。
千歳:生活安全課所属。
レナ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
アイ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
盛元:テレビ局有名アナウンサー。
田沢麻弥:月本のもとへ出入りしていた少女。カラの犯行を目撃し襲われるも一命を取り留めた。
倉本:入院した田沢麻弥の担当女医。
三河くん:月本の部下。
高槻とおる:5年前に発生した薬局店息子殺人事件の被害者。
時田:捜査一課未解決事件係の刑事。猪熊の先輩。
舞川:5年前からのカラの常連客。

<あらすじ>

・前回までのあらすじはこちら。
「サイレーン」第51話「幕開け」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

カラに連れられて彼女が所有するという別荘へとやって来た猪熊。
カラによれば、此処に高槻とおるについての資料が置いてあるらしい。

しかし、猪熊は知らない。
其処がカラではなく渡所有の別荘であることを。

カラに対しての警戒心に欠ける猪熊は招かれるままに屋内へ。
屋内に人の気配を感じる猪熊だが。

その玄関先でカラは唐突に猪熊の目線を下方へと促す。
釣られた猪熊は俯いて……その頭部にカラは背後からハンマーで一撃を加えるのであった。
猪熊は意識を失い倒れ込んでしまう。

一方、里見は猪熊にもアイにも連絡が取れなくなったことで混乱していた。
レナも必死に探しているが、見つからないらしい。
まさか、カラに先手を打たれたのか……。

しかし、カラはその夜も店へと出勤している。
その様子に特に異なった点も無い。
里見は混乱の度合いを深めるばかり……。

その頃、別荘の地下室で猪熊が目を覚ましていた。
見れば、椅子に座らされ両手両足を拘束されている―――52話に続く。

早川書房刊『ミステリマガジン』でも取り上げられた本作。
遂に、カラが渾身の一手を打つ。
その魔手が遂に猪熊を捉えた……今週号の「週刊モーニング」で確認せよ!!

<感想>

「週刊モーニング」では『レンアイ漫画家』や『シマシマ』、『はるか17』などで知られる山崎紗也夏先生の新連載です。
『レンアイ漫画家』は設定と展開が面白くて読みました。

そんな「サイレーン」。
遂に猪熊が捜査一課に配属。
これにより「猪熊&里見VSカラ」の物語が明確化されました。
とはいえ、「悪女カラ自身」がテーマだったりもしそうだが。
それだけ、敵役のカラのインパクトが凄い。

その第52話。
サブタイトルは「下を見たら…」。

カラの一撃が猪熊を捉えました。
こうして、猪熊はカラの虜になることに。

とはいえ、里見もこの事実に気付きつつある。
いずれはカラの行動に辿り着く筈。
だが、里見は渡の姿を知ってはいてもカラとの関係を知らない。
当然、渡の別荘に辿り着くのは困難を極める筈。

しかし、里見にも一縷の光明は残されている。
その大きなポイントはレナの存在だろう。
カラは里見の協力者が長髪の女性2人であることは知っているが、レナがアイそっくりなのは知らない。
レナがアイのふりをしてカラを揺さぶり、アイが脱走したと思い込んだカラを別荘へと誘導させる展開になると思われる。

あるいは、猪熊の部屋付近で渡を見かける展開があるかもしれない。
其処から打開する可能性もあるか……。

一方、当のアイだが猪熊が別荘内に人の気配を感じていることから渡の別荘内に囚われている可能性が高い。
だとすれば、未だ生存しているのか。
上記、レナによる揺さぶりの為にもアイは別荘に生存している必要があるので、これはほぼ正解だろう。
一安心。

互いに打てる手は限られている。

カラは目的を達成するまで。
里見とレナは猪熊とアイが殺害される前に。

互いに決着をつける必要がある。
まさに時間が勝負を分ける展開になりそうだ。

でもって、カラの所持していた錠剤が痛み止めも気になる。
これが何を意味するのか……カラは整形の後遺症に苦しんでいるのか、それとも病気を抱えている!?

いよいよ来た!!カラによる猪熊殺害実行の日。
カラの殺意を知った猪熊は、その刃から逃れることが出来るのか。
そして、里見は猪熊を助けることが出来るのか。

カラはその名の通り、中身の無い虚ろな「空」。
それゆえに、自身に欠ける物を補おうと求めている。
以前から予測している通り「カラは自身に無い物を持っている対象を特定すると、これに近付き相手を殺害することで、自身に欠けた物を相手から奪う」で正しいようです。

キャバクラの女性マネージャーを殺害し「その垢抜けた佇まい」を奪い、綺麗になった。
カラが猪熊に正義を求めていることも同様。
さらに、高槻とおる殺害の動機は「優しさ」を求めてのモノである可能性も浮上。
だとすると、これまでにも同様の犯行を重ねているのが当然。
カラの闇は想像以上に深そうだ。

止められるのは里見と猪熊のカップルのみかも。
果たして、如何なる結末を迎えるのか……53話に期待!!

コミックス1巻が2013年9月20日、2巻も2013年12月20日に発売。
さらに3巻に続き4巻も発売とのこと、こちらも注目!!
興味のある方はアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

ちなみに、山崎先生と言えば『七瀬ふたたび』のコミカライズでも知られる方です。

「七瀬ふたたび」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「サイレーン」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)第1話から第50話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「サイレーン」第51話「幕開け」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

遂に発売。「サイレーン(1) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(1) (モーニングKC)





「サイレーン(2) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(2) (モーニングKC)





「サイレーン(3) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(3) (モーニングKC)





「サイレーン(4) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(4) (モーニングKC)





「レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)」です!!
レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。