2014年07月26日

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班9 十津川警部『故郷』 新メンバーが代議士刺殺事件に巻き込まれ瀕死の重傷!複雑に絡む同郷者達に十津川が叫ぶ!これ以上故郷を汚すんじゃない!!」(7月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班9 十津川警部『故郷』 新メンバーが代議士刺殺事件に巻き込まれ瀕死の重傷!複雑に絡む同郷者達に十津川が叫ぶ!これ以上故郷を汚すんじゃない!!」(7月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

十津川省三(高嶋政伸)、西本明(小泉孝太郎)そして十津川班の新任刑事の片山洋(東幹久)は格闘の末、強盗犯を確保する。片山は念願の十津川班に新加入となり捜査にあたっていた。事件を早期解決した片山は故郷の静岡で荒木香織(笛木優子)、黒田大輔(竹財輝之助)らと同窓会を楽しんでいた。

一カ月後、静岡選出の衆議院議員の水谷精一郎(藤堂新二)が何者かに刺殺された。調べを進めると水谷は収賄疑惑で事情聴取を受けている最中だった。十津川、西本、亀井定男(古谷一行)、平塚八重子(山村紅葉)、江端香織(小松彩夏)ら十津川班の捜査会議で、片山は地元の高校時代のサッカー部の仲間が昨年まで水谷の秘書をやっていたと報告、十津川とともに静岡へ向かった。

水谷の遺体の前で夫人に事情を聞くが、有力な情報は得られず…。
その後事務所へ行き秘書の真柴清志(川口真五)に会いにいく二人。そこで片山は静岡県議会議員の荒木豊(渋江譲二)と荒木の妻であり片山の幼なじみの香織に会う。

次に水谷議員が最後に会っていたという水谷の愛人の広瀬ゆかり(遠野あすか)のもとへ訪れる十津川と片山。そこで広瀬は、数日前、中肉中背の男性に襲われたと言い、その男性が水谷も殺害したのではと話す。
早速その男性の行方を追うのだったが、片山には一つ気になることがあった。以前自分の伯父が事故死した件の証言をしたのが広瀬ゆかりだったことを思い出したのだ。今回の事件と伯父の事故死が何か関係しているのかと勘ぐる片山。

その後の調べで片山の同級生である黒田が刺殺される直前の水谷と言い合いをしていたことが判明、黒田を事情聴取をする片山だったが…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

十津川省三率いる十津川班に新人が加わった。
その名は片山洋刑事。
フレッシュさを強調する片山に、西本刑事はライバル心を募らせる。

それから数日後、片山は故郷の静岡で同窓会に参加することに。
サッカー部の同級生・荒木豊や荒木香織、黒田大輔、木村らと旧交を温める面々。
荒木は静岡県議会議員、香織はその妻、黒田は地元にある中小の建設会社社長、木村は大手益田建設の副社長である。
それぞれがそれぞれの道を生きていた。

その1ヶ月後、静岡選出の衆議院議員・水谷精一郎が何者かに刺殺されてしまう。
水谷は大手ゼネコンからの収賄疑惑で事情聴取を受けている最中であった。

この捜査に乗り出した十津川。
片山の地元であることから彼とコンビを組み、現地へ向かう。

此処で意外な事実が判明。
片山の同級生・荒木こそは水谷の元秘書だったのだ。
しかも、水谷の後継を巡り、現秘書で中央にも太いパイプを持つ真柴清志と争っていたと言う。
事情を知る益田建設社長の益田と木村によれば、水谷は真柴を後継者と考えていたようである。
つまり、荒木は長年の貢献を裏切られたことになるが……。

さらに、水谷が潮力発電所建設を巡り地元と対立していたことも明らかに。
加えて、これに関しては推進派の間でも、担当建設会社の指名を外されたことで黒田と水谷が対立していたようである。

さらにさらに、水谷の愛人・広瀬ゆかりの証言によれば、数日前に水谷が中肉中背の男性に襲われたらしい。
この時、十津川は片山が広瀬ゆかりに遺恨を抱いていることに気付く。
片山とゆかりの間には何かがあるのだろうか……。

後継候補を巡る対立、指名を外されたことによる恨み、謎の襲撃。
要は水谷殺害の動機を持つ者は多数居たのだ。

1つずつ調べて行くこととなった十津川たち、まず最有力容疑者となったのは黒田である。
ところが、黒田に意外なアリバイが浮上する。
なんと、水谷殺害当日には香織と彼女のマンションで不倫していたことが判明したのだ。
マンションの防犯カメラ映像から、黒田の証言が確認されアリバイが成立することに。

しかし、これにより荒木と香織は離婚することに。
荒木は十津川の前で見せつけるように結婚指輪を捨てるが……。

一方、ゆかりに呼び出された片山が人気の少ない廃工場に足を運ぶとゆかりが刺殺されていた。
しかも、片山も謎の襲撃を受けてしまう。
襲撃者は中肉中背の男性、ゆかりが証言していたあの男のようだ。
刺されてしまった片山は相手に反撃し手傷を負わせるも、そのまま意識を失ってしまう。

片山が消えたことに気付いた十津川はこの消息を追跡。
刺された片山を発見し、保護する。
しかし、片山の傷は深く入院することに。

片山の敵討ちに燃える十津川班。
十津川は片山の周囲を調べ、西本は現場の様子から負傷したとみられる犯人を追う。

片山の周囲を洗った十津川は、片山が3年前に発生した彼の叔父・片山一郎の交通事故死について調べていたことを突き止める。
当時、片山一郎は漁協組合長をしており潮力発電所建設に反対し水谷と対立していた。
そんな中、ゆかりに呼び出され約束の場所に向かっていたところを益田建設に勤務する伊原光一が運転するダンプに撥ねられ死亡したのだ。
十津川はこれが伊原による故意の殺人ではないかと疑う。
だからこそ、片山も内密に調べていたのだろう。
だとすれば、ゆかりと伊原は共謀していた可能性がある。

そんな中、片山を刺した犯人が現場の痕跡から伊原と判明。
やはり、3年前の事件に対する口封じではないかと推測されることに。

其処に亀井刑事から新情報が。
なんと、香織の防犯カメラ映像を確認していたところ、映像に不審な点があると言うのだ。
どうやら、防犯カメラの角度が工作されていたらしく死角が生じていたのである。
さらに、防犯カメラの映像中に無人にも関わらず開閉する自動ドアの映像があったのである。
これにより死角を利用すれば、黒田も犯行が可能であることが判明。
再び黒田に容疑が向かうことに。

一方、西本刑事の活躍で伊原が逮捕された。
伊原の供述により、3年前の片山一郎殺害、現在のゆかり殺害と片山殺害未遂が彼の犯行と明らかに。
そして、その指示を出したのは……荒木であった。

その夜、離婚し独身となった香織、黒田、木村の3人がカラオケを行っていた。
彼らは深夜遅くまで楽しんでいた。

翌朝、荒木が砂浜で溺死体にて発見される。
そのスーツのポケットからは驚くほどの砂が検出されていた。
さらに、荒木は香織に遺書らしきメールを送っており、自殺と思われたが……。

荒木のメールに従えば、水谷殺害も彼の犯行らしい。
動機は後継を外されたことのようだ。
さらに伊原に命じて、ゆかり殺害と片山を襲わせたことも明らかである。

だが……どうにも自殺は疑わしい。
しかし、その死亡時刻には香織たちはカラオケを楽しんでおり鉄壁のアリバイが!!

十津川は突破口を求めて香織に事情を聴くことに。
香織は荒木の犯行であることを素直に認め、自殺を止められなかったと涙を見せる。
そんな香織に十津川は「マンションの防犯カメラ映像が工作されていまして……」と切り出す。
「防犯カメラの角度を変えたのも荒木の仕業でしょう」これまた荒木の犯行と認める香織だが。

これを聞いた十津川はある事実に気付く。
荒木の所持品を調べた十津川。
笑みを浮かべつつ「いいねぇ〜〜〜いいよぉ〜〜〜」と呟く。

荒木の葬儀が行われた。
香織、黒田、木村たちの前に十津川が現れる。
十津川は事件の真相について語り出すことに。

まず、荒木と香織の離婚が偽装離婚であったと指摘する十津川。
すべては黒田と香織の不倫に説得力を与え、黒田に水谷殺害の罪を着せる為である。

偽装離婚を認めようとしない香織に十津川は証拠をぶつける。

荒木が十津川たちの前で捨てた筈の結婚指輪。
ところが、これが荒木の所持品から発見されたのだ。
つまり、荒木は香織と離婚したつもりは無かったのである。

さらに十津川は「マンションの防犯カメラ映像が工作されていまして……」と語ったときの香織の台詞を突き付ける。
あのとき、香織は「防犯カメラの角度を変えたのも荒木の仕業でしょう」と答えたのだ。
十津川は防犯カメラが工作されたことは口にしたが、その内容までは告げていない。
何故、香織が角度を工作したことを知っていたのか……すなわち、犯人しか知り得ない事実の暴露である。

十津川は香織が荒木を利用し、水谷を殺害したと主張。
荒木は利用されているとも知らず、伊原に命じてゆかりと片山を襲わせたのだ。

さらに、十津川は荒木殺害を香織による犯行と断定する。
しかし、荒木の死亡推定時刻に香織にはアリバイがある。
これも十津川はトリックを見破っていた。

まず、荒木のメールだが、あれは香織がカラオケボックスに荒木の携帯を持ち込み、其処からメールを自分宛に送ったに過ぎない。
これは発信基地局からも確認されている。

そして、荒木が着ていたスーツのポケットに残された砂。
それこそが大きなヒントであった。

香織は彼女を信用する荒木に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませ眠らせた。
その後、香織は寝入った荒木から携帯を奪い砂浜に埋めた。
そして、カラオケに参加したのだ。

荒木は砂により身動きを封じられ、満潮で溺死。
アリバイを確保した香織はカラオケ終了後に現場へ戻り、荒木を掘り出し携帯を戻すと自殺に偽装した。

香織の付け爪が砂浜から発見されたことも、この犯行を証明していた。

香織の動機は水谷が隠し持っていた金塊にあった。
水谷はゼネコンから受けた賄賂を5億円の金塊に変え隠し持っていたのだ。
どのみち、この金塊は表には出せないもの。
ならば、私が貰ってもいいじゃない……香織はそう考えたのだ。

何故なら、香織は水谷の隠し子だった。
幼い頃、香織は水谷の活躍を陰ながら祈り続けていた。
やがて、香織は水谷の力になろうと傍に近付いた。
そのうち、香織は水谷の秘書だった荒木と結婚することに。

ところがその夜、荒木は香織を水谷に提供しようとしたのだ。
このままでは父と娘で過ちを犯してしまう……香織は水谷の娘であることを明かした。
すると、水谷の態度が豹変する。
このとき、香織は水谷の本性を知った。
さらに、荒木がそんな水谷に服従していることも。
そう、彼らは悪事を悪と考えていなかった。
水谷と荒木が伊原とゆかりを使い片山一郎を殺害していたように。

この秘密を知った以上、香織は彼らから逃れられない。
香織は水谷と荒木が生きている限り、自分は縛られ続けると考えた為に排除したのだ。

「自由になりたかったのだ」と告げる香織だが、十津川は「詭弁だ」と一笑に付す。
現に香織は5億円の金塊を着服しようとしていた。

さらに十津川は、荒木が伊原に命じて片山を襲わせたことを香織が知りながら放置していたことを責める。
しかし、香織は人は変わるモノだと譲らない。
十津川は片山の純真を必死に伝えようとするが……それすら香織の心を動かすことは出来なかった。

此処で、一連の遣り取りを聞き自身が利用されていたと知った黒田が逆上してしまう。
黒田は何処からか取り出した刃物で香織に襲い掛かる。

十津川は、そんな黒田を涙ながらに取り押さえる。
「片山をこれ以上、傷付けるな!!」
十津川の叫びが虚しく響いた……。

片山は意識を回復した。
香織の気持ちを汲めなかったことを反省し「今度こそ守ってみせる」と口にする片山。
これを聞いた十津川は片山の人柄を認めるのであった―――エンド。

<感想>

金曜プレステージ版「十津川警部シリーズ」こと「十津川捜査班(旧:十津川刑事の肖像)」第9弾。
原作は西村京太郎先生『十津川警部「故郷」』(祥伝社刊)。
あらすじは次の通り。

<あらすじ>

忘れ難き「ふるさと」歳月はすべてを移ろわせる
十津川警部、部下の汚名を雪(そそ)ぐため奔走す!

〈刑事がホステスと無理心中!?〉死体で発見された部下・片山(かたやま)の無実を信じ、十津川(とつがわ)警部は彼の故郷・若狭小浜(わかさおばま)に飛ぶ。そこで十津川は、片山が一年前のお水送りの神事で起きた市議殺しを極秘に調査し、高校時代の友人の容疑を晴らそうとしていたことを知る。そんな友情に厚い片山が誰に、なぜ殺されたのか……。北陸の小京都で十津川が知る悲痛な真実とは!?
(祥伝社公式HPより)


ドラマだと登場したばかりの片山刑事ですが、原作だと殉職しちゃってるんですねぇ。
では、ドラマの感想をば。

急展開に次ぐ、急展開。
伏線もきっちり回収してたし、個人的にはなかなかの作品だったと思います。

そして片山の純真、通じませんでしたね。
切ないなぁ……。

ちなみに西村京太郎先生と言えば「十津川シリーズ」最終作について語られています。
興味のある方はリンクよりどうぞ!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

「JR時刻表」と西村京太郎先生がコラボ!!2013年7月号、8月号にファン必見のクイズとエッセイが掲載!!

TBS版十津川警部について、シリーズの制作秘話を森下和清プロデューサーが語られています。

月曜ゴールデン版「十津川警部シリーズ」、その制作秘話を森下和清プロデューサーが読売新聞さんに明かしました!!

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班8 十津川警部 家族 奥多摩で焼死体発見!十津川班の刑事の弟が殺人犯?轢き逃げから始まった事件の連鎖がもたらすのは、家族の強い絆か、崩壊か」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班7 十津川警部の“初恋” 湯河原温泉連続殺人!苦悶の大捜査線!自殺偽装トリック!!血涙と慟哭の終着…頼む、こんな事しちゃダメだ」(6月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

十津川省三(警視庁捜査一課刑事 班長):高嶋政伸
西本明(警視庁捜査一課十津川班刑事):小泉孝太郎
平塚八重子(警視庁捜査一課管理官):山村紅葉
荒木香織(片山の幼なじみ):笛木優子
黒田大輔(片山のサッカー部仲間):竹財輝之助
江端沙織(警視庁捜査一課十津川班刑事):小松彩夏
片山洋(十津川班の新任刑事):東幹久
亀井定男(警視庁捜査一課十津川班刑事):古谷一行 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆関連過去記事

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー62 寝台特急カシオペア&スーパーひたち連続殺人 追いつけない二つの列車の謎!美貌の女相続人の秘密」(7月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー61 越後・会津殺人ルート〜必ず相席する女!?特急きぬ・片道切符の罠…十津川警部に絶体絶命の殺人容疑」(3月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 秩父SL・3月23日の証言〜大逆転法廷!!沿線の洗濯物に秘密が 十津川警部VS黒い帽子の女!」(7月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「テレビ朝日開局55周年記念 西村京太郎トラベルミステリー・終着駅(ターミナル)殺人事件 上野〜青森、愛と死の寝台特急“あけぼの”暗闇に消えた女」(1月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 山形新幹線・つばさ129号の女!謎の駅に2分停車の盲点…黒いロープとサクランボの殺意!!」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 西村京太郎の、スーパービュー踊り子連続殺人!新宿下田2時間47分の盲点グリーン個室の遺書が名指す4人の容疑者VS謎の女相続人」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル(西村京太郎トラベルミステリー) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女 〜十津川警部への挑戦状〜鎌倉彫が生んだ愛と悲しみの逆襲!十津川に届く挑戦状の真意!?殺人ゲームの幕開け」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ49 特急しらさぎ殺人迷路〜越前竹人形の謎〜死体女性から電話!?私は殺された…偽装殺人?東尋坊の越前竹人形が知る哀しき過去」(1月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ50作記念作品〜消えたタンカー〜渡瀬恒彦・渡哲也豪華競演 インド洋で石油タンカー爆発炎上沈没事故発生!生存者6名が次々と殺される!?タンカー消失の謎追いブラジルへ」(9月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ51 京都〜小浜殺人迷路〜八百比丘尼伝説の怪〜十津川の妻が殺人!?25年前の未解決事件が引き起こす連続不審死、死を招く呪いの赤椿」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ52 小田原城殺人事件〜一期一会の証言〜 女が消えた!?城内ツアー中忽然と姿消す女が冷凍遺体に…完全犯罪暴くガイドの証言」(5月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班8 十津川警部 家族 奥多摩で焼死体発見!十津川班の刑事の弟が殺人犯?轢き逃げから始まった事件の連鎖がもたらすのは、家族の強い絆か、崩壊か」(1月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川捜査班7 十津川警部の“初恋” 湯河原温泉連続殺人!苦悶の大捜査線!自殺偽装トリック!!血涙と慟哭の終着…頼む、こんな事しちゃダメだ」(6月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎5 秘密〜脅迫メールの差出人は24年前の死者 名門女子高同窓会から始まる死の連鎖!第一容疑者は最愛の妻…夫が知らなかった別の顔 元お嬢様達に何が?」(3月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎6 疑惑〜合掌する遺体 愛娘を殺された母親が7年越しの復讐?残された大金とお団子の謎 情熱の刑事が暴く少女誘拐事件の真相とは」(10月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 警部補・佐々木丈太郎7 死の高層マンション 格差と嫉妬の連続殺人 怪文書と女のバトル!セレブ達が隠す黒歴史 鍵はローカル鉄道に!?熱血刑事VS女社長」(6月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鉄道捜査官シリーズ】
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 殺意の豪華SL密室パーティ〜殺人者は犯行予定の列車に乗り遅れた…!?上り線下り線のダイヤトリック」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 伊豆急リゾート21号パノラマ展望車で殺された女!箱根ゴールデンルート空と湖の逆転アリバイトリック」(5月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【左文字進シリーズ】
月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進15 軍艦島に消えた殺意〜長崎で史子の恋人が殺された!左文字がオランダ坂で見た隠し絵に驚愕な謎が炙り出た」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進16 他人になった女〜リストラOLがセレブに化け遺産相続!巨額資産に群がるまさかの陰謀を左文字が暴く!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【秋葉京介探偵事務所シリーズ】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 秋葉京介探偵事務所〜狙われた男〜 美女からの依頼は、殺人予告。大手介護事業の莫大な資産が招く死の連鎖。残された暗号が示す哀しき真実」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
「西村京太郎サスペンス 殺人偏差値70 爆破予告犯は泣いていた…学歴・年収・結婚…格差社会に若者たちは叫ぶ 俺たちに明日はない!怪しい男との青い契約 恋人殺人の罠…西村京太郎伝説ドラマが甦る」(7月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ニュース】
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

十津川警部シリーズにて亀井刑事を演じ続けて31年……愛川欽也さん降板、後任は高田純次さんに!!

月曜ゴールデン版「十津川警部シリーズ」、その制作秘話を森下和清プロデューサーが読売新聞さんに明かしました!!

【緊急特別批評(レビュー)】「SmaSTATION!!祝35周年土曜ワイド劇場の秘密(秘)相棒(秘)家政婦は見た(秘)法医学(秘)西村京太郎矢沢永吉&松田優作&鶴瓶主演のレア作品も」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ドラマ原作「十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫)」です!!
十津川警部「故郷」 (祥伝社文庫)





「10-917 秩父鉄道「パレオエクスプレス」タイプ5両セット」です!!
10-917 秩父鉄道「パレオエクスプレス」タイプ5両セット





「鉄道 DVD BOX 栄光の蒸気機関車(5枚組)」です!!
鉄道 DVD BOX 栄光の蒸気機関車(5枚組)





「十津川警部とたどる時刻表の旅 (oneテーマ21)」です!!
十津川警部とたどる時刻表の旅 (oneテーマ21)





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX1」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX1





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 2」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 2





「西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 3」です!!
西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 DVD-BOX 3





「683系特急しらさぎ(米原~金沢) [DVD]」です!!
683系特急しらさぎ(米原~金沢) [DVD]





「懐かしの列車紀行シリーズ Series.1 485系北陸特急『しらさぎ』I [DVD]」です!!
懐かしの列車紀行シリーズ Series.1 485系北陸特急『しらさぎ』I [DVD]





「思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]」です!!
思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]





「西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]」です!!
西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。