2014年07月30日

『変身』(東野圭吾著、講談社刊)

『変身』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める。
(講談社公式HPより)


<感想>

『変身』とのタイトルで浮かぶ作品と言えばフランツ・カフカの『変身』。
世には「華麗に変身を遂げる」などポジティブな意味で使われることも多い「変身」ですが、このカフカの『変身』のように文学作品で用いられるタイトルとしては内容的に悲劇的な作品が多いようです。

当然、本作である東野圭吾先生『変身』もまた悲劇的な作品となっています。
あの結末に「愛」を見て取れるかどうかで本作の捉え方も些か変わって来るのでしょうが、多くの方はこれに同意頂けるのではないでしょうか。
少なくとも、あれが登場人物全員がスキップしながら諸手を上げるタイプのエンディングであったと首肯する方は居りますまい。

というワケで、本作の原典をこれから読もうとされる方は悲劇であるとの覚悟が必要なので注意!!
ちなみに、ネタバレあらすじにはそれだけの力は無いので安心を。
なにしろ、原典の持つ力が凄いのです。特に訥々と流れるあの文体が。

では、此処からいきなり内容に踏み込みます。

まず思ったことは「人の欲望が成瀬を京極に変えて行ったのか」とのこと。
成瀬は手術直後から変貌を遂げつつはあったけど、その推移を緩やかにする術はあったのではないか。
少なくとも、彼の気持ちを刺激するようなことが起こらなければ、悲劇的な結末を回避することは不可能でも、緩やかにすることは出来たかもしれないんじゃないかなぁ……。

そして作中で印象的な描かれ方をしていた「ピアノ」と「絵画」。
「ピアノ」は京極の象徴、「絵画」は成瀬の象徴。
術後の成瀬の嗜好が「絵画」から「ピアノ」に移り、同時に恵への想いも失われて行くのは切なかった。
これこそが成瀬が成瀬ではなくなっていく事実を明確にしていたんだなぁ。
このアイデンティティの喪失は、ある意味、認知症の問題にも近いかもしれない。

人を形作るモノは「感情」と「記憶」なのだろうか。
これら2つが兼ね備えられたモノこそが「人格」なのだろうか。
だとすれば、人格は何処に宿るのか!?
脳か心臓か……それとも心なのか!?
京極の心に成瀬の身体となれば、それは「成瀬」なのか「京極」なのか!?
京極として生きるのか、成瀬として死を選ぶのか!?
同時に京極として生きることは成瀬としての死ではないのか。
読者に様々な想いを呼び起こさせる作品でもありますね。

それと「ネタバレあらすじ」はかなり端折っているので注意!!
興味のある方は原作を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
成瀬:温厚な人柄だったが……。
恵:成瀬の恋人。
京極:極悪非道な男。
堂元:成瀬に手術を行った研究者。
直子:堂元の助手。

成瀬は過去に画家を志望しながら、これを実現出来なかった青年である。
しかし、彼は今も絵を描き続けていた。
また、成瀬には恋人・恵がおり平凡ながらも幸せに暮らしていた。

ところがある日、成瀬は残虐な男・京極が引き起こした事件に巻き込まれ、生死の境を彷徨うことに。
京極は直後に自殺を遂げた。
この間、命を助ける為に堂元により成瀬に手術が施された。

次に成瀬が目覚めたとき、彼の世界は変わっていた。
世界がこれまでとは別の見え方をするようになったのである。
それに伴い成瀬もまた性格が変わって行く。

より衝動的に、より破壊的に、より凶暴に。
手術前の成瀬は穏やかな男であったが、手術後の成瀬は少しずつ変貌していた。
これに成瀬は途轍もない不安を抱いていた。

そして、成瀬は知る。
彼が他人の脳の一部を移植されたことを。
そして、それが成功することが稀有なケースに該当するのだと言うことを。
彼はまさに特別な成功例だったのだ。

しかし、成瀬は素直には喜べなかった。
どんどん自分が自分で無くなっていく感覚が続いていたからだ。

さらにある日、気付いてしまった。
成瀬に移植されたのは事件を起こした当の京極の脳だったのだ。
成瀬の意識は少しずつ希薄になって行き、日に日に京極の意識に覆い尽くされて行く。
成瀬の思考はいつしか京極の思考となっていた。

自身を喪失する恐怖に苛まれた成瀬に直子が近付く。
今や恋人の筈の恵にすら愛情を覚えられなくなっていた成瀬は直子に惹かれて行く。
だが、直子は研究対象を監視していたに過ぎなかった。
これに逆上した成瀬は直子を殺害してしまう。
しかし、この事実すら成瀬を研究対象とする人々に隠蔽されてしまう。

日に日に消えて行く自分。
成瀬は必死にあれほど好きだった絵画に打ち込もうとするが、それすら覚束なくなってしまう。
もはや、成瀬は意識の迷い子となっていた。

だが、そんな成瀬を今もって献身的に見守っている存在があった。
恵である。
成瀬は恵に支えられ、自身を保とうとする。

しかしある日、恵もが裏切るのではないかと考えるように。
遂にはこれを手にかけようとして……恵の涙を目にし自身の行動に気付くことに。

愛する人すら信じられず殺そうとしてしまうことに恐れ戦いた成瀬。
せめて、死ぬその時は自分自身で居たいと堂元のもとへ。

成瀬は堂元に手術前の状態に戻すよう依頼。
これを断られると拳銃自殺を図る。
責任を感じていた堂元は成瀬の行動に胸を打たれ、移植部分を切除することに。

以来、成瀬は生きたまま眠り続ける生活を送ることとなった。
皮肉なことに、成瀬の絵が些か認められたこともあって彼の絵により彼は命を永らえた。

ある日、遂に彼は事切れた。
本当に眠るような死であったと言う。
だが、成瀬は成瀬を全うした。
そして、その傍らには恵が最期まで付き添っていたのだそうである―――エンド。

◆関連過去記事
【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『白銀ジャック』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疾風ロンド』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【マスカレード・ホテルシリーズ】
『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ルーキー登場』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2013年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『仮面と覆面』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2014年2月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」(フジテレビ系、2013年)まとめ

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ2作目「眠りの森」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『眠りの森』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ10作目「祈りの幕が下りる時」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ドラマ版「眠りの森」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
新春ドラマスペシャル「眠りの森 人気No.1熊川哲也Kバレエ監修 加賀VS美しきダンサー シリーズで初めて加賀が女性に惑わされる!!容疑者はバレエ団全員 涙の真実と哀しき愛」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

東野圭吾先生、加賀シリーズ最新作(第10弾)発売決定!!タイトルは『祈りの幕が下りる時』とのこと!!

『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』に続くTBS版第4の「加賀シリーズ」実写ドラマ化判明!!2014年1月放送予定は『眠りの森』か!?

東野圭吾先生『白銀ジャック』(実業之日本社刊)がドラマ化されるとのこと!!

「変身 (講談社文庫)」です!!
変身 (講談社文庫)





こちらはカフカの「変身 (新潮文庫)」です!!
変身 (新潮文庫)





こちらは東野圭吾先生『変身』の映画版「変身 [DVD]」です!!
成瀬役に玉木宏さん、恵役に蒼井優さんでした。
変身 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。