2014年08月05日

あなたもこの本を手に東京散歩!?『東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎』をチェックせよ!!

夏休みには、この本とスマホを手に東京を歩く人々が増えるかもしれません。
そんな本が出版されました。

その名は『東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎』!!

「えっえっ何々!?」との声が聞こえて来そうなので説明を。
「えっ、そんなこと口にしていない!?」それはそれで、それでも説明を。

本書『東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎』は本とスマホを手に実際に東京都内を巡りながら謎解きゲームを行うとの新感覚「体験型謎解きガイドブック」。
この本を購入されたあなたには次の使命が課せられます。

あなたは主人公の探偵となり、東京(神保町、秋葉原、浅草、原宿、六本木、お台場の6箇所とシークレットの1箇所)のあちこちで姿を消した6人の人物の足取りを追って捜査・謎解きを行わなければならない。
同時に、隠された宝石の場所を見つけることもゲームの目的。
あなたは、物語のエンディングに辿り着けるのか!?

そんな『東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

ある日突然、東京のあちこちで姿を消した6人の人物。
その失踪には、ある宝石盗難事件が関係しているという。
探偵であるあなたは、彼らの足どりを追って捜査を行う。
手掛かりは、各地点に残された大量の暗号やパズルだけ−−。
いったい6人はなぜ姿を消したのか? その背後に流れる物語とは?
大都市・東京を巡り、その真実をすべて解き明かせ!

◇普段とは違う街歩きや、夏休みシーズンの東京観光に最適!
◇ミステリー小説と暗号&パズルが一体になった超謎解き本!
◇謎を解くには、都内6カ所+αのエリアを実際に巡る必要アリ!
◇回答をWebサイトへ入力すると、さらなる謎が出現する!
◇謎制作は謎解きイベントを主宰している人気2団体が担当!
◇各章がイベント一公演分の謎で構成された圧巻ボリューム!

【捜査地域】
神保町/秋葉原/浅草/原宿/六本木/お台場/?(シークレット)
※ゲーム想定所要時間:1エリアあたり1〜2時間
※クリアまでの想定所要日数:2〜3日

【コンテンツ】
CASE#1 神保町編〜古書店アルバイト・神宿人見の場合
CASE#2 秋葉原編〜メイド喫茶店員・秋野ふたばの場合
CASE#3 浅草編〜人力車夫・仲見世源造の場合
CASE#4 原宿編〜雑誌カメラマン・竹下克史の場合
CASE#5 六本木編〜エンジニア・大井吾朗の場合
CASE#6 お台場編〜ピエロ・ムライの場合
CASE#7 ××編(CASE#1〜6の謎が解けると明らかになります)
(公式HPより)


如何でしょう。
なかなかに面白い仕掛けの予感。
折角の夏休み、本書を手にチャレンジと洒落こむのもアリではないでしょうか。

興味のある方はチェックすべし!!

「東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎 (NAZO-BOOKS)」です!!
東京謎解きツアーブック 消えた6人の謎 (NAZO-BOOKS)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 既刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。