2014年08月01日

第1回「新潮ミステリー大賞」受賞作決定!!栄冠は手羽崎ささみ先生『サナキの森』に!!

第1回「新潮ミステリー大賞」の受賞作が発表されました。
記念すべき第1回の受賞作となったのは次の作品です。

<第1回「新潮ミステリー大賞」受賞作>

手羽崎ささみ『サナキの森』
(公式HPより、敬称略)


手羽崎ささみ先生、受賞おめでとうございます!!

手羽崎ささみ先生は1989年生まれ、盛岡市出身で現在は川崎市在住とのこと。
ネット上では漫画関連で活躍されている方の様子。

ちなみに、受賞作『サナキの森』は2015年1月末に単行本化が予定されています。
また、最終選考に残った4作品は東映さんによる映画化が検討されます。
受賞作以外で最終候補に残ったのは次の3作。

相川啓太先生『世界の果てより、愛をこめて』
九頭竜正志先生『さとり世代探偵の緩やかな日常』
森下淳士先生『クロス・ザ・ボーダー・オールスター』

『サナキの森』も含めて映画化なるかにも注目です!!

さて、そんな「新潮ミステリー大賞」は「日本推理サスペンス大賞、新潮ミステリー倶楽部賞、ホラーサスペンス大賞の遺伝子を受け継ぐ新たなる文学賞!」(公式HPより)とのことで、ミステリを対象とする公募の賞。
また、最終候補に残った作品には映像化のチャンスがあるとされており、この2014年3月末に第1回締切を迎えたばかりの「熱い賞」でもあります。
社名を冠することからも今後も重要視されていきそうな賞となっています。
見逃すなかれ!!

2015年1月29日追記

受賞作『サナキの森』ネタバレ書評(レビュー)を追加しました。
興味のある方はリンクからどうぞ!!

『サナキの森』(彩藤アザミ著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

追記終わり


◆関連過去記事
第1回「新潮ミステリー大賞」最終候補作発表さる!!

『サナキの森』(彩藤アザミ著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「サナキの森」です!!
サナキの森





「書きたくなる論作文講座 (マスコミ就職シリーズ)」です!!
書きたくなる論作文講座 (マスコミ就職シリーズ)





「小説新潮 2014年 08月号 [雑誌]」です!!
小説新潮 2014年 08月号 [雑誌]





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。