2016年05月08日

『歯と胴』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)

『歯と胴』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

●北森鴻氏推薦――「これまでもこれからも、僕の短編ミステリの大切なお手本です」

捜査そっちのけの警部と美女の死体に張り切る鑑識官コンビの殺人現場リポート「煙の殺意」を表題に、知る人ぞ知る愛すべき傑作「紳士の園」や、往復書簡で綴る地中海のシンデレラストーリー「閏の花嫁」など、問答無用に面白い八編を収める。

目次
「赤の追想」
「椛山訪雪図」
「紳士の園」
「閏の花嫁」
「煙の殺意」
「狐の面」
「歯と胴」
「開橋式次第」
(東京創元社公式HPより)


<感想>

短編集『煙の殺意』に収録された短編です。

主人公の完全犯罪が、被害者・安子の女性らしい見栄から崩壊する物語。
解剖を担当した夫自身がソレと気付かなかったことから、あの事実は夫にも内緒だったんだろうなぁ……。
B.S.バリンジャー『歯と爪』をアレンジしたタイトルも面白い。

『歯と爪』(ビル・S・バリンジャー著、大久保康雄訳、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ちなみに、ネタバレあらすじはかなりアレンジを加えているので注意。
真に衝撃を味わう為にも原典に当たるべし。

<ネタバレあらすじ>

・『歯と胴』

司法解剖医である教授に反抗心を抱く助手は、いつしか同様に教授に不満を抱く教授の妻・安子と不倫関係を持つことに。
助手は安子の豊満な胸に溺れることに。

いつしか、安子は教授に愛人がいることを指摘し、彼を殺すので協力して欲しいと依頼する。
これに一度は応じる助手だったが……。

よくよく考えれば教授を殺すことにメリットがないことに気付いた助手。
それよりも、安子が生きていることの方が不倫の秘密が露見しかねず危険である。

こうして、助手は安子に協力する振りをしつつ彼女を殺してしまった。
安子を解体し、手足は指を一本一本切断し海に撒いた。
残った胴を埋め、これで万全かと思われたが……。

数年後、教授は安子の失踪を気にする様子も無く、これに乗じて愛人と再婚してしまった。
助手を疑う素振りも無い。

その矢先、安子の胴が発見されてしまう。
しかも、担当の解剖医は教授になってしまった。
なんという奇縁だろうか。

とはいえ、今更だ。
特定される筈もないと高をくくっていた助手だが。

解剖していた教授は口にする。
「おや、これは珍しい。豊胸手術をしているじゃないか。これならすぐにでも特定出来るだろう」と―――エンド。

◆関連過去記事
『しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術〜』(泡坂妻夫著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『乱れからくり』(泡坂妻夫著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『煙の殺意』(泡坂妻夫著、東京創元社刊『煙の殺意』収録)ネタバレ書評(レビュー)

水曜ミステリー9「カメラマン 亜愛一郎の迷宮推理 “本物を見抜く眼”が暴く真実!写真は語る!?気弱な天才が完全犯罪に挑む」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

曾我佳城 (奇術探偵曾我佳城全集)

これぞリアル!?ヨギ・ガンジー!?

泡坂妻夫先生の幻の名作『生者と死者』(新潮社刊)が復刊とのこと!!

【続報】遂に魔術師の演目判明!!『泡坂妻夫引退公演』収録作品はコレだ!!

マジシャンの本領発揮!!泡坂妻夫先生、最後の短編集『泡坂妻夫引退公演』発売決定!!

【続々報】『泡坂妻夫引退公演』発売日延期……も未収録短編2編が追加される!!

お洒落で異性にモテるミステリを知りたい……と思いませんか?

知人が「謎解きはディナーのあとで」でミステリにハマった!!では、次に奨めるべきミステリは?

【2016年4月、5月】「泡坂妻夫先生展示会」が豊島区立中央図書館さんにて開催中!!

「煙の殺意 (創元推理文庫)」です!!
煙の殺意 (創元推理文庫)



こちらは東京創元社版、キンドル版「亜愛一郎の狼狽」です!!
亜愛一郎の狼狽



こちらは角川版、キンドル版「亜愛一郎の狼狽 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の狼狽 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「亜愛一郎の転倒 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の転倒 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「亜愛一郎の逃亡 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)」です!!
亜愛一郎の逃亡 亜愛一郎シリーズ(角川文庫)



キンドル版「喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)」です!!
喜劇悲奇劇 (創元推理文庫)



キンドル版「妖女のねむり (創元推理文庫)」です!!
妖女のねむり (創元推理文庫)



「しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)」です!!
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)



「生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)」です!!
生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)



「ヨギガンジーの妖術 (新潮文庫)」です!!
ヨギガンジーの妖術 (新潮文庫)



「泡坂妻夫引退公演」です!!
泡坂妻夫引退公演

【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403138507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック