2014年09月21日

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査!W不倫が呼ぶ連続殺人 かじりかけのリンゴの謎!?」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査!W不倫が呼ぶ連続殺人 かじりかけのリンゴの謎!?」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

福原太一(石塚英彦)は、警視庁捜査一課の警部。キレ者として名高いが、同時に食に対する探究心も人一倍旺盛なものがある。
ある休日、数々の事件を共に捜査してきた奥多摩署の椿和美刑事(藤谷美紀)の案内で、福原はキャロットケーキが絶品だというペンション“ローズ奥多摩ガーデン”を訪れた。オーナーは根岸絵里(原史奈)という美女で、1年半ほど前、彼女の母親の別荘だった建物をペンションに建て替えてオープンしたという。
レストランにはほかに、ペンションの経理を依頼されている公認会計士・萩原英二(伊礼彼方)や、この地に別荘を持つエリート商社マン・高木行彦(黄川田将也)らがいた。そして驚いたことに、奥多摩署の捜査係長・小野正(渡辺いっけい)の姿も…! 小野によると、絵里は元々、呉服店の令嬢で、昔から地元の有力者や別荘族の息子たちによる“ナイトグループ”がおり、日本画家の夫・嘉男(窪塚俊介)がいながら、高木をはじめ、地元味噌醸造会社の社長・久保田圭介(鈴木裕樹)らナイトたちが彼女を固くガードしているのだという。かくいう小野も、絵里の隠れファンらしい。

その翌朝、奥多摩の林道に停められた車の中で、萩原が絞殺体となって見つかる事件が発生! 小野の要請で、福原も捜査に加わることになった。死亡推定時刻は、前夜の11時からの1時間。スーツのポケットには、メモリーカードが抜き取られたデジタルカメラと、新宿のホテルのレストランのレシートが見つかった。
萩原は妻子がありながら女性関係が派手で、スーツの襟元には口紅をこすりつけたような跡があった。犯人は女性なのか…!? 事情を聴くため、再び“ローズ奥多摩ガーデン”を訪ねた福原は、前日よりもケーキの甘みが強いことに気づき、絵里の心に乱れがあることを見抜く。絵里は前夜5時頃から車で外出し、8時過ぎには帰宅したと話すが、どこに出かけていたかは明かさず、出張中の嘉男から電話があった12時少し前まで、ひとりでペンションにいたという。嘉男は美術展の打ち合わせのため、前夜は上野に出張していた。
 
そんなとき、萩原が絵里を狙っていたという情報が入り、奥多摩署長の南田正隆(宅麻伸)や椿刑事は、絵里が萩原に強引に迫られて抵抗し、反撃に出た末の犯行ではないかと推理する。小野は絵里にそんなことができるわけないと反論するが、新宿のホテルの従業員が、萩原と一緒だった女性は絵里だと証言したのだ…! 内心、ショックを受ける小野…。
福原たちの直撃に、絵里は衝撃の事実を打ち明ける。萩原と食事した後、2人でホテルの一室に入ったというのだ。だが、自分は萩原を残して先に部屋を飛び出したといい、犯行は否定。カメラのメモリーカードのことも知らないと話した。しかし、萩原の車内から絵里の毛髪が見つかった上、カメラからも絵里の指紋が検出され、彼女への疑いは深まるばかり。それでも絵里の肩を持つ小野のことを、福原は陰ながら心配するが…!? そんな中、こんどは久保田が謎の転落死を遂げて…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

福原太一は警視庁捜査一課の警部で、これまでにも多くの事件を解決して来た切れ者である。

そんな福原が今回手掛けたのは公認会計士・萩原英二殺害事件。
林道に停められた萩原の車の中で他殺体で発見されたのだ。
死因はロープによる絞殺であった。

実は、福原は萩原に見覚えがあった。
それは昨日の事である。

戦友とでも言うべき椿刑事に誘われ「ローズ奥多摩ガーデン」を訪れた福原。
其処は根岸絵里がオーナーを務めるペンションで、キャロットケーキが絶品らしい。
その傍らには公認会計士・萩原英二、エリート商社マン・高木行彦、地元味噌醸造会社の社長・久保田圭介に加え、福原も良く知る奥多摩署の捜査係長・小野正の姿もあった。

小野によれば、絵里は元資産家の呉服店令嬢。
入り婿である日本画家の夫・嘉男が居るにも関わらず、高木たち3人が「ナイトグループ」を名乗り彼女を守っているのだと言う。
かくいう小野も隠れメンバーの1人であった。

ちなみに、そんな絵里であったが最近になって生家が没落の憂き目に遭っていた。
「ローズ奥多摩ガーデン」も元々は彼女の所有する別荘だったものを、絵里の幼馴染でKNハウジングの専務・川中勉の助力によりやっと改装したものだそうである。
この辺りの建物の管理や保全はすべて川中が行っているらしいが……。

そして、この翌朝に萩原が死体で発見されたのである。
萩原の死亡推定時刻は前夜の23時から24時の1時間。
所持品にはメモリーカードが抜き取られたデジタルカメラと、新宿のホテルのレストランのレシートが発見された。

生前の萩原は妻子がありながら女性関係がとかく派手。
特に絵里にはご執心で、ナイトを気取りつつ他のメンバーの隙を狙っていたらしい。

もしかして、萩原に迫られた絵里が抵抗のあまり殺害してしまったのではないか?
こうして絵里の犯行が疑われる中、レシートにあったホテルの従業員から萩原と一緒の絵里を見たとの証言が得られることに。
やはり、絵里の犯行なのか?

これに対し、絵里は萩原と食事をしたことは認めるが殺害は否定。
萩原との交際についても否定する。

福原は絵里の犯行にしては工作の気配が見えないことに疑問を抱く。

一方、絵里の夫・嘉男にもアリバイがないことが判明。
美術展の打ち合わせで上野に出張していたそうなのだが、どうも誰かと密会していたようである。

矢先、久保田が転落死を遂げることに。
どうやら、何者かに突き落とされたようだ。
久保田は死の直前にKNハウジングとローズ奥多摩ガーデンに電話を架けていたが。

その頃、捜査はアリバイを明かそうとしない嘉男を中心とし始めた。
しかし、嘉男は頑として事実を打ち明けようとしない。

様子を見るべく福原が嘉男を帰宅させたその翌朝。
今度は彼のアトリエで嘉男の縊死体が発見されることに。
嘉男が萩原と久保田を殺害し自殺したものと思われたが……。

現場からは齧られたリンゴが発見されていた。
残された血液型を調べたところ嘉男と同じAB型であった。
福原はこのリンゴが気にかかって仕方がない。
もしかして、現場に第3者が居たのではないか?
その人物こそがリンゴを齧ったのではないか?
だとすれば、嘉男の死は他殺となるのだ。

福原は嘉男が犯人の疑惑を受けてまでアリバイを明かさなかったことに注目。
密会相手を庇っていると考える。
この線で調べたところ、嘉男の絵の師匠である長瀬の妻・美貴と嘉男が不倫関係にあったことが分かる。
どうやら、嘉男は絵里と離婚し美貴との再婚を画策していたようだ。

こうして、萩原殺害当日の嘉男のアリバイが判明。
状況は嘉男殺害説に流れ始める。
容疑はただ1人残ったナイト・高木に向かうことに。

さらに、美貴から奇妙な情報がもたらされた。
萩原殺害当日の晩、嘉男は「有利な離婚が出来るかもしれない」と洩らしていたと言うのだ。
これは一体……!?

同じ頃、絵里は高木のもとを訪ね「犯人はあなたね」と詰め寄っていた。
これに笑顔でリンゴを齧る高木。
やはり、犯人に違いないと確信した絵里に高木は無理矢理関係を迫ろうと押しかかる。

……が、高木は急に苦悶の表情を浮かべ始めた。
見れば首にロープがかかっている。
そして、ロープの先には笑顔の川中が!!

「君をぅ、君をぅ、護るんだぁ」
リズミカルに笑いながら高木の首を絞めるロープに力を込める川中。
高木が脱力したことを確認すると、手慣れた様子でロープを梁にかけ吊し上げようとする。

「犯人はあなただったの!?」
驚愕する絵里の前で、高木が宙に浮いて行く。

其処に福原たちが駆け付けた。
実は絵里と高木に監視がついていたのだ。

こうして、その場で川中は逮捕された。
そう、萩原、久保田、嘉男を殺害した犯人は川中だったのだ。
川中は幼い時分に絵里と「君を守る」との約束を交わしており、それを忠実に実行していたのだ。

逮捕された川中は「全部、あいつらが悪いんだ。絵里を守る為だった」と動機を語り始める。

萩原は絵里を狙う内に嘉男の不倫を突き止め、これに取引を持ちかけた。
なんと、不倫を黙認する代わりに絵里を提供しろと迫ったのだ。
元々絵里が所有する資産目当ての結婚だった嘉男は萩原と絵里が関係すれば離婚が有利になると考え、これに応じた。

しかし、これを川中が聞いていた。
川中は絵里を守るべく萩原殺害を決意する。

ホテルから出た萩原の先回りをした川中は、車のトラブルを偽装し彼に助けを求めた。
こうして同乗に成功すると「ありがとうございます、ありがとうございます」とペコペコ頭を下げつつ、不意に萩原の首にロープをかけ手際良く絞め上げ始めたのである。

もがく萩原。
一方、「ありがとうございます、ありがとうございま〜〜〜す」と礼を述べ続ける川中。
だがその手を全く緩める様子はない、むしろどんどんと力を込めている。

遂には「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と歌うように告げる川中の満面の笑顔を目にしつつ萩原は絶命してしまった。
さらに、去り際の川中は「ありがとうございました〜〜〜」とまで言い残す。
其処に良心の呵責は一欠片もない、水際立った犯行であった。

ところが、この驚くべき現場を久保田に目撃されてしまった。
結果、久保田に脅迫されることに。
久保田殺害当日のKNハウジングへの電話こそこれであった。
同時に、久保田は絵里にも興味を示していた。
それは川中にとって許し難い罪である。

「金は払います。だから、許して下さいよ〜〜〜」
橋の上へと久保田を呼び出した川中は此処でもペコペコと頭を下げ続ける。
これに気を良くした久保田は「まぁ、払うもんさえ払ってくれりゃあ」と応じるのだが。
途端「ありがと〜〜〜うございます、ありがと〜〜〜うございま〜〜〜す」と礼を言いつつ土下座を始めた川中。
その体勢で久保田へとにじり寄る。
「あっ」と思った時にはもう遅い。
「ありがとうございますっっっっっ」下から掬い上げるように川中に持ち上げられた久保田は橋下へと投げ出された。
こうして、久保田も川中に殺害されてしまう。
まさに「ありがとう殺人」だ。

その後、嘉男に容疑が向かっていることを知るやこれの殺害も実行する。
川中は修理や保全のために鍵を預かっていた。
その鍵を使い侵入すると手早く嘉男を絞殺し吊し上げたのだ。

齧られたリンゴも川中が残したものであった。
此のリンゴ、実は高木が「ローズ奥多摩ガーデン」を訪れた際に食べかけで放置したもの。
それを川中が回収し、嘉男の自殺が通用しなくなった場合に高木に罪を着せようと現場に置いたものであった。

川中は両側を刑事に支えられると「すべてぇぇぇぇぇ君のぉぉぉぉぉ為ぇぇぇぇぇぇだったんだよぉぉぉぉぉぉ」とエコーを残しつつ退場して行った。

一方、残された高木は「君の事は妹のように思っていたのに襲ってしまってゴメン」と絵里に謝罪する。
此処で「それで済むか!!」と視聴者の多くが思わずツッコミを入れたのは想像に難くないだろう。

ちなみに、福原は嘉男が美貴に不倫の清算を告げていたことを明かす。
それは嘉男が殺害された当日であった。
どうやら、嘉男は絵里を裏切っていたことを急に後悔していたらしい。
これを聞いた絵里は嘉男を想い涙するのであった―――エンド。

<感想>

内田康夫先生原作の「福原警部シリーズ」第5弾です。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)してますね。
興味のある方は過去記事リンクをどうぞ!!

では、ドラマの感想を。

もう川中の犯行にすべてを持って行かれた感じだ。
何しろ、あの「ありがとう殺人」のインパクトが凄過ぎた。
手慣れすぎだろう、川中。
プロか、プロなのか、川中!?

あれの前では、絵里と嘉男の夫婦愛も霞む霞む。
テーマ?何処にあるのソレ!?状態に。

そもそも、嘉男が急に後悔し始めた理由もよく分からないし。
何故だ!?

さらに「妹のように思っていた女性」を襲う高木。
慌てて取り繕うあの台詞は福原たちの前で告訴されないように嘘を吐いたとしか思えない。
川中のインパクトで消えてるけど、高木のアレも十分に犯罪でしょ。

そうそう、高木と言えば食べかけのリンゴを適当にそこらに放置するなよ。
しかも、ひと口齧っただけだぞ。
あれは何か、嫌がらせなのか!?
そうか、そうなんだな!?
あの調子では到底、絵里を励ましに来たとは思えん……。

そう言えば「福原警部」も「刑事110キロ」にしか見えなかったなぁ……。
「刑事110キロ」、土曜ワイド枠で放送しないだろうか。

とりあえず、本作を視て得られたのは資産家の周囲や美人の周囲にはそれを狙って危険な人々が集うのだなぁ……という教訓でしょうか。
資産家の方、美人の方、ご注意ください。

あっ、それと高木は歯槽膿漏ではないことも分かった。
これはリンゴの齧り跡から断定出来る。

さて総評。
少なくともネタ要素があり過ぎでしょう。
コレ、完全に狙ってやってるよね。
前作は此処まででは無かったと思うけど、路線変更したのだろうか。
まぁ、ソレはソレで楽しめたので、たまにはコレもアリなのかもしれないとは思った。
腹の底から笑ったし。
次回もこの路線なのかは気になるなぁ……。

一方、浅見光彦シリーズについてですが、遂に「最後の事件」が!!
とはいえ、これにはある秘密が……こちらの動向も注目です。

内田康夫先生、浅見光彦最後の事件を手がける―――その名は『遺譜 浅見光彦最後の事件』(角川書店刊)!!

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

福原太一:石塚英彦
椿 和美:藤谷美紀
南田署長:宅麻 伸
小野 正:渡辺いっけい
根岸絵里:原 史奈
根岸嘉男:窪塚俊介
高木行彦:黄川田将也
長瀬美貴:京野ことみ
川中 勉:蟹江一平
島津夕紀:遊井亮子
北島 誠:賀集利樹
山崎悠子:原 千晶 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

「貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)





こちらはキンドル版「貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)





「イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)」です!!
イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)





こちらはキンドル版「イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)」です!!
イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)





「火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]」です!!
火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





こちらはキンドル版「オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
「なにこれ怖い。」
それが感想というか「ありがとうございます。」しか記憶にない
さすが蟹江一平さん亡き父親譲りの演技力でした、えぇ行き過ぎなぐらいに(遠い目)
「戻ってくるから」も本当に戻ってきそうなぐらいでした

これ確かテレ東で信濃のコロンボシリーズでやってたんですよね
その時はこんなに「ありがとうございます。」じゃなかったはず
さすがテレ朝だと感心しました。
多分色んな意味で視聴者の記憶に残ったドラマになったと思います

ありがとうございます(笑)
Posted by 花 at 2014年09月22日 11:29
Re:花さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

良かった、同志が居た。
やっぱり、本作についてはほぼ同じ感想になりますよね〜〜〜。
何と言っても、あのインパクトは凄過ぎた。

連行されて行く川中、確かに今すぐにでも戻って来そうな勢いだったなぁ……。
当分の間、蟹江さんを目にすると「ありがとうございます」を思い出すんだろうなぁ……。

ちなみに今も「ありがとうございます」との文字列を目にするたびにあの映像が浮かぶ……。

ああっ、いけない。
管理人も「ありがとうございます」でコメントを締めたい衝動を抑え切れない。

……ヨシ、ヤッチャオウ。

ありがとうございます(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2014年09月23日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。