2014年09月03日

『週刊モーニング 2014年39号』(2014年8月28日発売号)一言感想

『週刊モーニング 2014年39号』(2014年8月28日発売号)についての一言感想です。
「2014年39号」で特に印象深かった『SAKURA TABOO』『コンプレックス・エイジ』『ハルロック』『平成甘味録 さぼリーマン』について述べています。
ちなみに『サイレーン』については詳細な批評(レビュー)を既に記事にしているので、そちらを参照ください。

『SAKURA TABOO』:冒頭のシーンは犯人を騙す為の芝居なんだろうなぁ……。
『コンプレックス・エイジ』:まさかの読切版に繋がり、真の主人公は母親であることが判明。
『ハルロック』:このとぼけた味が良いわぁ……。西餅先生の持ち味は病み付きになるなぁ。
『平成甘味録 さぼリーマン』:ブログには時間指定による自動更新もあるから、それを使えばいいのになぁ……。

特に今号で印象に残ったのは何と言っても『コンプレックス・エイジ』。
読切版との意外なリンクは確認するしかない!!

『平成甘味録 さぼリーマン』は割と好き。
ただ、今回はオチを狙い過ぎてた上に、時間指定更新機能あるし、といろいろモヤッとした。
でも、3話にも期待!!

◆関連過去記事
「サイレーン」第59話「刑事なのに……」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「コンプレックス・エイジ(1) (モーニング KC)」です!!
コンプレックス・エイジ(1) (モーニング KC)





「SAKURA TABOO(1) (モーニング KC)」です!!
SAKURA TABOO(1) (モーニング KC)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。