2014年09月25日

水曜ミステリー9「特選!旅情サスペンス 金沢のコロンボ! 故郷を愛する超甘党デカ登場!絶品和菓子と黒ユリ伝説に隠した3つの復讐殺人を暴け 相棒は謎の美魔女!?」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「特選!旅情サスペンス 金沢のコロンボ! 故郷を愛する超甘党デカ登場!絶品和菓子と黒ユリ伝説に隠した3つの復讐殺人を暴け 相棒は謎の美魔女!?」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

加賀藩・前田家の末裔で石川県警捜査一課の前田勝利(三宅裕司)は、検挙率ナンバーワンを誇り“金沢のコロンボ”と呼ばれる刑事。しかし未だ独身の勝利は、母・光江(野際陽子)の見立てでお見合いを繰り返していた。

ある日、勝利は光江と金沢和菓子協会のパーティーに出席。会場では、協会功労賞を受賞した老舗和菓子店『よしたか』社長・吉岡友春(伊藤洋三郎)が、妻の詩乃(川島なお美)とともに出席者たちと談笑していた。
やがて会場が暗くなり吉岡が受賞の挨拶のため演壇に登場するが、フラフラとした足取りでその場に倒れ込み息絶えてしまう。勝利が演壇に駆けつけると、そこへ警察だと名乗る女性が現れる。警察庁から視察のために金沢に来ていた警視・上野雅(浅野ゆう子)だった。

吉岡は演壇脇で何者かに刺された模様。そして胸ポケットには黒百合の花が入れられていた。状況から犯人が会場にいたのは間違いないが目撃情報はない。各班が捜査に向かう中、雅は勝利と組んで捜査員として視察したいと申し出る。早速、2人は『よしたか』で詩乃に話を聞くことに。すると詩乃は5年前に夫の浮気の気配を感じたことがあると告白する。
その後、勝利は雅とお気に入りの落雁がある和菓子店へ。そこで雅は「呪いの黒百合伝説」について話す。それは、かつての富山城城主・佐々成政が「立山に黒百合が咲いた時、佐々家は滅びる」と言い残した女の呪いの言葉通りに命を落としたという伝説だった。そんな話をしながら、落雁を食べ始めた2人だったが、以前に食べた味と微妙な違いがあることに気づく勝利。その時、「今日の落雁は納得できない出来だから他の和菓子と替えさせて欲しい」と店の職人・沢井隆志(大鶴義丹)が現れ、落雁を下げてしまう。

雅は伝説と同様に吉岡に恨みのある女性の犯行だと推理し、調べると『よしたか』を辞めた職人の中で唯一の女性・新家梨花(加藤夏希)が浮かび上がる。梨花は欠席するはずだった和菓子協会のパーティーにも急遽出席していた。しかし梨花は、吉岡は恩人であると言い犯行を否定する。パーティー出席者にはもう一人、『よしたか』の元職人がいた。和菓子プロデューサー・久保渉(松田賢二)だ。久保は5年前、吉岡と口論した際に手を負傷し、職人を辞めてプロデューサーに転向していた。しかし5年前の恨みで今、犯行に及ぶ理由は見当たらない。

その後、沢井もかつて『よしたか』にいた職人だったことが明らかになる。しかも沢井は10年前に殺人を犯し、2か月ほど前に出所したばかりだった。
しかし話を聞くと沢井は犯行時間には店で仕込みをしていたと言い、梨花も沢井が店にいたことを証言した。

犯人の手がかりがつかめない中、第2の殺人事件が発生する。しかも遺体にはまたしても黒百合が残されていた…!
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

加賀百万石で知られる前田家。
その末裔は石川県警捜査一課にて刑事となっていた。
名は前田勝利、検挙率ナンバーワンを誇り“金沢のコロンボ”と呼ばれる名刑事である。
しかし、そんな勝利にも弱点があった。
何故か未だ独身なのである。
どうやら、その原因は女心への疎さにあるらしいのだが……。
ちなみに、勝利は「謎は全て解いてみせる……利家公の名にかけて!!」とは言わないので要注意。

そんなある日、金沢和菓子協会のパーティーに参加した勝利。
其処には、協会功労賞を受賞した老舗和菓子店『よしたか』社長・吉岡友春を中心に、その妻・詩乃、不動産業で名を成した若林徳治らが顔を揃えていた。

やがて、吉岡による「重大発表」が行われることとなり、檀上の照明が一斉に消えた。
と、直後に吉岡が俯せに倒れ込んでしまう。
その背中にはナイフが刺さっており、近くには黒ユリが添えられていた。

檀上が暗くなった隙を突き、何者かが吉岡を刺殺したのだ。

この事態に勝利が事件発生を宣言。
同時に、女性が壇上に駆け上がり現場保全を行う。
この女性こそ、警察庁から視察のために金沢を訪れた警視・上野雅であった。
勝利は可憐な雅の姿に強く惹かれるが……。

ソレはソレ、今は事件が大事である。
どうやら、パーティー参加者に犯人が居るようである。
早速、捜査本部が設置され「金沢のコロンボ」としての勝利の高名を聞いていた雅も捜査に参加する。

勝利は吉岡殺害の動機を持つ人物をピックアップするべく聞き込みを開始する。
吉岡の妻・詩乃によれば、吉岡は5年前に浮気をしていたらしい。
さらに、今回の「重大発表」の内容は知らないと述べる。

すわ、浮気相手こそが犯人かといきり立つ雅。
しかし、マイペースを崩さない勝利は雅をお気に入りの和菓子店へ誘う。
其処は落雁が滅法上手いらしい。

出された落雁を口にした雅はご満悦。
だが、勝利は何やら眉を顰める。
上手いには上手いがいつもの味とは違うらしい。
すると、店の職人・沢井が現れ「これは失敗作なので……」と落雁を取り下げてしまう。
どうやら、誤って店員が提供してしまったものだそうだ。
これに何やら目を留める勝利だが……。

聞き込みが再開。
元『よしたか』の職人を中心に捜査が進められることとなり、まずは新家梨花が浮上する。
当日、梨花はパーティーを欠席する予定だったにも関わらず、遅れて参加していた。
だが、梨花は動機がないと主張。
5年前の吉岡の不倫相手も梨花ではないようだ。

続いては、吉岡により5年前に負傷させられ職人生命を絶たれた久保渉。
久保は今では和菓子プロデューサーに転身していた。
確かに動機はあるのだが、5年前のことで今になって復讐に乗り出した理由が分からない。

そして……あの沢井も『よしたか』の元職人であった。
沢井は10年前に殺人を犯し罪に服し、2ヶ月前に社会復帰したばかりであった。
時期的にも沢井ならば不思議ではない。

だが、沢井にはアリバイがあった。
勝利たちが食べた例の落雁を仕込んでいたらしい。
しかも、梨花がその最中に電話で話していたと証言したのだ。

こうして行き詰まりを見せた捜査。
そんな中、白梅旅館の女将・梅田まゆみが刺殺されてしまう。
しかも、その遺体には吉岡と同様に黒ユリが添えられていたのだ。
同一犯による連続殺人なのか!?

勝利はまゆみの手が何かを握った形で硬直していることに注目。
犯人から何かを奪ったのではないかと付近を捜し始め、ペンダントなどを回収。
この分析を科捜研に依頼する。

一方、雅は吉岡の不倫相手がまゆみであることを突き止める。

さらに、まゆみが旅館にやって来た沢田和子なる女性に呼び出されていたことも判明。
だが、この沢田和子は偽名であった。

雅は詩乃による犯行と考え、これを調べ上げた。
すると、『よしたか』から凶器が発見されることに。
雅の主張により、詩乃は取調を受けることとなるのだが……。

これに勝利は疑問を抱いていた。
あまりにもタイミングが良過ぎたのだ。
何者かの作為を感じた勝利は、むしろ沢田和子を名乗った女を調べ始める。

沢田和子が旅館に残した住所を調べた勝利は、其処に建設途中のビルを見出す。
近所に住む気の良い豆腐屋のおばちゃんによれば、和菓子店などがテナントとして入る予定らしい。
まさか……確認したところ、この和菓子店こそ『よしたか』であった。
どうやら、吉岡とまゆみが出店を計画しており、吉岡の「重大発表」の内容はコレのようである。

この土地の持ち主について興味を抱いた勝利が調べたところ、元の所有者は「橘花堂」という和菓子屋を営んでいた越田順子。
順子は吉岡たちに借金があり、返済の為に店を手放したことを後悔し自殺を遂げたとされていた。

勝利はこの順子の自殺に疑問を抱く。
順子の遺留品であった手帳を手に入れた勝利、雅と共に確認したところ順子の死亡当日に「加賀宝生、春告花、種ものや」との謎の言葉がメモされていた。

これを目にした勝利は人名を暗号にしたものでは……と考える。
だとすれば、順子は自殺では無く、「橘花堂」の土地を目当てにその人物に殺害されたに違いない。

「加賀宝生」と言えば、五代目藩主・綱紀が招いた宝生流の九代友春。
だとすれば、これは吉岡を意味するのだろう。

「春告花」と言えば梅のこと。
だとすれば、これはまゆみを意味する。

残る「種ものや」と言えば「和菓子の材料を扱う業者」のこと。
つまり、これまた誰かを指し示し、その人物もまた吉岡やまゆみと同じく順子殺害に関わり命を狙われているに違いない。

矢先、詩乃のアリバイが成立。
勝利の仮説がクローズアップされることとなった。
此処に「種ものや」の正体を突き止め、保護することが至急の要となった。

久保が材料を取り扱っていることが判明。
さらに、梨花が順子の娘であることも明らかに。

雅は梨花が母・順子の復讐の為に吉岡やまゆみを殺害したと考え、久保の警護を行おうとするのだが……。

久保は5年前の時点では材料を扱っていなかったことが分かる。
つまり、別に「種ものや」が居るのだ。
直後、不動産業者の若林が5年前に材料を取り扱っており、吉岡たちと親しかったとの情報が。
犯人の最後の標的「種ものや」は若林だったのだ。

若林を守ると共に、梨花を監視しようと動く雅。

一方、勝利は梨花作の落雁を食べたことから真相に気付く。
さらに、まゆみ殺害現場付近で手に入れたペンダントの持ち主が判明し、こちらは犯人を追う。

矢先、若林が何者かに連れ去られる。
雅は梨花の身柄を押さえるが……梨花は「おじさんを止めて!!」と泣きながら訴える。

その頃、若林はある人物に殺害されそうになっていた。
其処に駆け付けたのは……勝利である。
若林を殺そうとしていた真犯人こそ沢井であった。

沢井は『よしたか』の後に「橘花堂」でも働いていたのだ。
順子の復讐をし、吉岡とまゆみを殺害したのは彼であった。

5年前、沢井が服役中に順子が自殺してしまった。
2ヶ月前、社会に復帰した沢井は梨花と再会。
彼女から順子が残した「加賀宝生、春告花、種ものや」のメモについて聞かされ、真相に気付いた。

5年前、吉岡、まゆみ、若林は「橘花堂」の土地を狙い、共謀して順子から奪おうとしたのだ。
しかし、順子はこれに反発した。
其処で自殺に偽装し殺害したのである。

沢田和子を騙った女性の正体は梨花。
梨花は沢井を止めようとして動いていたのだが、間に合わなかったのだ。

勝利は梨花作の落雁を口にし、その味があの日誤って出された落雁と同じ物であることに気付いた。
あの日、勝利と雅が食べた落雁は梨花作だったのだ。
梨花は自信作の落雁を沢井に食べさせようとして、店を訪れ彼が仕込みもせず店を留守にしていることに気付いた。
奇しくもその日は吉岡のパーティーの日である。
沢井の狙いに気付いた梨花は会場へ向かった。
だが、その場に落雁を置き忘れてしまった。
この落雁が巡り巡って勝利と雅の口に入ったのだ。

当然、電話の件も梨花の嘘である。
つまり、沢井にはアリバイがない。

さらに、ペンダントからは沢井の指紋が検出されていた。
これにより、勝利は沢井の犯行を確信したのである。

しかも、沢井の献身はそれだけに留まらない。

10年前に沢井が犯したとされる殺人。
被害者には爪によるひっかき傷があった。
しかし、和菓子職人である沢井は爪を伸ばさない。
本当の犯人は順子だったのだ。

その日、順子は暴漢に絡まれてしまった。
抵抗するうちに、彼を殺してしまったのだ。
沢井は順子に恩義を感じており、身代わりになったのである。

勝利は沢井と梨花の落雁が親娘のようにそっくりであることを上げ、そんあ2人だからこそ手に手を取り合って再起して欲しいと告げる。
これに、沢井は復讐を取り止めるのであった。

後に分かることだが、順子と沢井は互いに愛し合っていたそうである。
現場に残されていた黒ユリは沢井から順子への慰霊だったのだ。

雅は出張を終え、東京に戻った。
去り際、勝利に思わせぶりな台詞を残して……まさか、これは恋の始まりなのか?
事件は解決したが、勝利と雅の恋のミステリーはこれから始まることになりそうである―――エンド。

<感想>

「金沢のコロンボ」シリーズ第1弾です。
内田康夫先生「信濃のコロンボ」を想起させるタイトルですが、原作は無し。オリジナル作品です。

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマの感想を。
勝利は前田利家の子孫との設定なんですね。
とはいえ、「謎は全て解いてみせる……利家公の名にかけて!!」とは言わないキャラクターのようです。

それにしても、行動の悉くが事件解決に関わる勝利は凄いな。
着眼点が鋭いの域を超えてさえいる。
例えば、たまたま事件の捜査に携わった刑事が、たまたま接待で上役と和菓子店を訪ねて、たまたま落雁を頼んで、たまたま店員が間違って本来出さない筈の落雁を出しちゃったのか……此処まで偶然が重なるとソレは必然だなぁ。
きっと、勝利のもとには前田家に代々仕える忍者集団が居て彼の捜査に協力しているんだろうね。
あの誤って落雁を出しちゃった店員こそが影の軍団のくのいちだったに違いない。
だからこそ驚異の検挙率なのだよ、ワトスン君。
よし、これで謎はすべて解けた(ドヤ顔)!!

……と、冗談はさて置き。

いや、楽しめました。
勝利と雅の掛け合いが面白かったね。
雅が上司でありながら捜査の素人として、上手く轟警部のポジションを果たしていたのも好印象。
これによりストーリーが運び易くなってましたね。

ちなみに勝利は「浅見光彦」と「信濃のコロンボ」と「福原警部」を足して3で割ったキャラっぽい。
まず、「浅見光彦」との共通点。

・坊ちゃんと呼ばれる。
・名家の出。
・兄は居ないが、前田家の名でいろいろな場所に顔が利く。
・女心に疎い。
・事件には滅法強い。

続いて「信濃のコロンボ」との共通点。

・タイトル。
・仕事が刑事。
・のんびりしているが、着眼点は凄い。
・事件解決に労力を惜しまない。

そして「福原警部」との共通点。

・食に造詣が深い。

こう見ると、まさに内田康夫先生の擁する三大キャラの「いいとこ取り」。
これ、良いのだろうか……とちょっと不安にならなくもないキャラ設定だなぁ。

とはいえ、その甲斐あって非常に楽しめました。
テレビ東京に「信濃のコロンボ」が帰って来たと言えなくもない。
しかも、「浅見光彦」要素もプラスしてとなれば鬼に金棒。
ヒロインは雅さん続投で、是非、続編視たいです!!

一方、浅見光彦シリーズについてですが、遂に「最後の事件」が!!
とはいえ、これにはある秘密が……こちらの動向も注目です。

内田康夫先生、浅見光彦最後の事件を手がける―――その名は『遺譜 浅見光彦最後の事件』(角川書店刊)!!

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

<キャスト>

前田勝利:三宅裕司
上野雅:浅野ゆう子
前田光江:野際陽子
沢井隆志:大鶴義丹
吉岡詩乃:川島なお美
新家梨花:加藤夏希
若林徳治:清水章吾
久保渉:松田賢二
今江雄一郎:田上ひろし
山本政之:山崎大輔
刈谷哲司:吉満涼太
若田部敦:秋山真太郎
吉岡友春:伊藤洋三郎
お見合いの女性:虻川美穂子
梅田まゆみ:小野麻亜矢 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査!W不倫が呼ぶ連続殺人 かじりかけのリンゴの謎!?」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

「貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)





こちらはキンドル版「貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)





「イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)」です!!
イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)





こちらはキンドル版「イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)」です!!
イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)





「火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]」です!!
火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





こちらはキンドル版「オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。