2015年07月21日

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 10話「ダイヤモンドは永遠に」ネタバレ批評(レビュー)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 10話「ダイヤモンドは永遠に」ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

ダイヤモンドの取引所から、最新鋭の金庫室“リヴァイアサン”を破って4000万ドル相当のダイヤが盗まれた。そこで、金庫室の製造元であるキャスタリー・ロック・セキュリティ社が、犯人がどうやって金庫室を破ったのか調べてほしいとホームズに依頼。リヴァイアサンは4人組の泥棒チームによって過去にも1度破られているという。ホームズは、最初の犯行グループが金庫破りの秘密を売ったに違いないと考えるが……。
(公式HPより)


<ネタバレあらすじ>

最新鋭金庫・リヴァイアサンが破られ4000万ドル相当のダイヤが盗難された。
金庫の製造元であるキャスタリー・ロック・セキュリティ社によれば「過去にこそ1度同型のものが破られたものの6重ものセキュリティを課しており破られる筈がない」と主張。
その1回も「4人の天才が集ったからこそ可能だった」そうなのだが……。

キャスタリー社は自社の信頼を損ないかねないこの事態にホームズの助力を仰ぐ。
何が原因で破られたのか突き止めて欲しいと訴えたのだ。
原因が分かれば対処のしようもあるからだ。

こうして、難攻不落の大金庫「リヴァイアサン」に挑むホームズ。
ところが、どう挑んでみても電子錠が抜けられない。

バイオリズムによって2分に1度のペースで暗証番号を生成するタイプの電子錠。
その暗証番号を読み取るには専用の機器が必要となるが、それは取引所のオーナーしか所持しておらず、当のオーナーは海外に居たのである。

ホームズはこれは1人の犯行では有り得ないと結論付ける。
同時に「4人の天才」以外にも不可能だと断定。
つまり、当の「4人の天才」から攻略法を教わった人物の犯行だと考えたのだ。

「リヴァイアサン」を攻略した4人のうち、1人は死亡。
残る3人は刑務所に収監されていた。

3人に面会を求めたホームズだが、面会を許可されたのは1人だけであった。
その1人は「天才怪盗・シュバリエ」に情報を売ったと明かす。
シュバリエと言えば名前を知らない者は居ないほどの大怪盗。
ここ数年は急になりを潜めていたのだが……。
思わぬ名前の登場にホームズは意欲を燃やす。

一方、対照的にワトソンは落ち込んでいた。
ワトスンは母と会食することになったのだが、現在の仕事を理解されていないと思い込んでいたのだ。
それだけに顔を合わせれば批判されるのではないかと怯えていた。
そんなワトソンの気も知らず、ホームズはこれを連れまわす。

とある篤志家の写真にシュバリエが盗み出した品を発見したホームズ。
篤志家こそがシュバリエだとこれに面会を求めるが……当の篤志家は病気により動けない状態であった。
どうやら、此の為にシュバリエの犯行が止んだようだ。
当然、今になって「リヴァイアサン」を破れる筈もない。
つまり「シュバリエに情報を売った」との情報それ自体が嘘だったのだ。

ホームズから真相を明かされた篤志家の息子は父の罪を知り、盗品を返却して欲しいと依頼する。
これに応じるホームズ。

だが、彼は何処までも反骨の士である。
すべてを返却せず絵画一点のみ着服してしまう……これに眉を顰めるワトソンだが。

ワトソンとその母の会食の日がやって来た。
何故か同席して来たホームズはワトソンの仕事をべた褒めしフォローを入れる。
こうして、ワトソンの危惧した事態は起こらず会食は和気藹々と終わった。

その一方で、ホームズは新事実を突き止める。
例の4人が逮捕され収監されていたということは裁判が行われたことになる。
この裁判記録を調べたところ、単なるコーヒーの買い出しメモが3度に渡って陪審員の審議の的になっていたのだ。
どうやら、ある陪審員がメモに強い興味を示していたのが原因らしい。

そのメモこそ「リヴァイアサン」攻略の鍵であった。
メモの裏には文字列が並んでおり、ホームズによれば一見無意味に見えるこれこそがコードなのだそうだ。
4人の天才は電子錠のコードを解析したのではなく、電子錠のプログラムのコード自体を一見分からないものの一定のアルゴリズムを生み出すソレに書き換えることで暗証番号を手に入れたのだ。
これこそが難攻不落の「リヴァイアサン」、唯一の攻略方法であった。

此処にホームズは過去の4人のように、今回も4人の陪審員が共謀していると判断する。
つまり、裁判の証拠から「リヴァイアサン」攻略のカギを手に入れ、過去と同じ状況を再現した4人が居ることになる。

こうして陪審員の身許が洗い出された結果、陪審員のうち2人が殺害されていることが判明。
どうやら、犯人は盗み出したダイヤを独り占めしようと仲間割れしているようだ。

残る陪審員の顔ぶれから、過去の4人と照らし合わせ犯行が可能な人物を導き出したホームズ。
残る2人の犯人のうち、ある人物こそが犯人であると断定する。

これに基づき、先の犯行現場に犯人のものと思われる血痕が残されていたことから、容疑者の舌から採取した細胞片とDNA鑑定を行うのだが……これが合致しない。
意外な壁にぶつかったホームズ。

ところが、ワトソンが容疑者が白血病を患っていたことを口にするや謎を解く。
なんと、容疑者はドナーからの骨髄提供を受けて血液型が変わっていたのだ。
つまり、DNAを比較するにも舌では無く血液から採取したソレでなければ意味が無かったのだ。

こうして、比較したところ犯行現場のソレと合致。
犯人が判明し事件は解決した。
事情が分かったキャスタリー・ロック・セキュリティ社も満足することに。

その夜、ワトソンの母が彼女を訪ねて来る。
緊張するワトソンに母は彼女がホームズと居ると輝いて見えて安心したと告げる。
実は母はワトソンが例のトラウマに悩んでいることを心配していたのである。
ところが、ホームズと共に居るワトソンは過去のように輝いていた。
これを見てほっとしたのだそうだ。

ワトソンはホームズと共に様々な事件を解決することに喜びを見出すようになっていたのだ。

と、テレビで盗難絵画が謎の返却をされたとの報が流れる。
それこそはホームズがシュバリエのもとから着服した例の絵だ。
どうやら、ホームズが返却したらしい。

「謎だ」と繰り返す報道に対し、事情を知るワトソンは密かな優越感を抱く。
まさにホームズの傍にいるということは、こういうことなのだ―――10話了。

<感想>

「現代版シャーロック・ホームズ」と言えば2つの作品が挙げられます。
1つが英国「SHERLOCK(シャーロック)」、そしてもう1つが米国「エレメンタリー」。
本作「エレメンタリー」はワトソンが女性との大胆なアレンジを加えた「現代版シャーロック・ホームズ」なのです。

その第10話。
陪審員制の特徴を活かした意外な真相がポイントでしたね。
そして、ワトソンとホームズの絆が少しずつ描き出されている点も良し。
これが終盤の対モリアーティに関わって来るのもポイントか。

ちなみにポイントと言えば、この「エレメンタリー」ではアイリーンの秘密が凄いです。
なにしろ、彼女こそが……なんだもんなぁ。
アレには本当に驚いた。
当批評(レビュー)で本作に興味を抱かれた方は、是非、本作を視て欲しい。

◆関連過去記事
【エレメンタリー関連】
「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 5話「死の天使」ネタバレ批評(レビュー)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 6話「危険なフライト」ネタバレ批評(レビュー)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 7話「忘れたい過去」ネタバレ批評(レビュー)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 8話「長すぎた導火線」ネタバレ批評(レビュー)

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」シーズン1 9話「瞳の中の暗殺者」ネタバレ批評(レビュー)

【シャーロック関連】
「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン2 2話「バスカヴィルの犬(ハウンド) The Hounds of Baskerville」ネタバレ批評(レビュー)

「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン2 3話(シーズン2最終話)「ライヘンバッハ・ヒーロー The Reichenbach Fall」ネタバレ批評(レビュー)

「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン3 3話(シーズン3最終話)「最後の誓い His Last Vow」ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)第1話から第36話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

『シャーロック・ホームズの内幕』(星新一著、角川書店刊『きまぐれ星のメモ』収録)ネタバレ書評(レビュー)

「SHERLOCK シャーロック」、シーズン5も制作予定とのこと!!

【速報】「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン4制作決定との報が!!

シャーロッキアン必携!!グラナダ版「シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX」発売!!さらに『別冊映画秘宝シャーロック・ホームズ映像読本』も!!

【映画情報】「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」がリメイク決定&「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」ネタバレ批評(レビュー)!!

神戸で「シャーロック・ホームズ扮装ツアー」に参加してみよう!!

シャーロッキアン狂喜乱舞のテーマパークが出現!?観光の目玉となるか!!

「クリスティ」が「ホームズ」に変身!?「パブ シャーロック・ホームズ」開店!!

93歳のシャーロック・ホームズが登場する映画「ミスター・ホームズ(原題:Mr. Holmes)」に注目せよ!!

【2015年12月】遂に「SHERLOCK シャーロック」がスクリーンに登場!?クリスマススペシャルに注目せよ!!

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1<トク選BOX>(12枚組) [DVD]」です!!
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1<トク選BOX>(12枚組) [DVD]





「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン2 DVD-BOX Part 1(6枚組)」です!!
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン2 DVD-BOX Part 1(6枚組)





「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン2 DVD-BOX Part 2(6枚組)」です!!
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン2 DVD-BOX Part 2(6枚組)





「SHERLOCK/シャーロック シーズン1-3 コンプリート Blu-ray-BOX」です!!
SHERLOCK/シャーロック シーズン1-3 コンプリート Blu-ray-BOX





「SHERLOCK/シャーロック シーズン1-3 コンプリート DVD-BOX」です!!
SHERLOCK/シャーロック シーズン1-3 コンプリート DVD-BOX





こちらはシーズン1からシーズン3までを収録した海外版「SHERLOCK Compelete seriese 1-3 シャーロック シリーズ1-3コンプリートBOX[PAL-UK]」です!!
SHERLOCK Compelete seriese 1-3 シャーロック シリーズ1-3コンプリートBOX[PAL-UK]





「シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]





「別冊映画秘宝シャーロック・ホームズ映像読本 (洋泉社MOOK)」です!!
別冊映画秘宝シャーロック・ホームズ映像読本 (洋泉社MOOK)





オリジナル「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]」です!!
ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]





ヤング・シャーロックと言えば実はこちらも。
「ヤング・シャーロック・ホームズ1 死の煙」です!!
ヤング・シャーロック・ホームズ1 死の煙





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。