2014年10月14日

「第14回松本清張賞」受賞作『銀漢の賦』(葉室麟著、文藝春秋社刊)が「風の峠〜銀漢の賦〜」としてNHKさんにてドラマ化決定!!

葉室麟先生による時代小説の傑作『銀漢の賦』(文藝春秋社刊)がNHKさんにてドラマ化されることが明らかになりました。

葉室麟先生と言えば、第146回直木賞受賞作にして先頃映画化された『蜩ノ記』(祥伝社刊)のように時代小説の傑作を多く世に送り出されている作家さん、その作風は往年の藤沢周平先生を思わせるほどのもの。
それだけに『蜩ノ記』映画化に続く『銀漢の賦』ドラマ化は時代物読者層の裾野を広げる好機となるでしょう。

ちなみに、ドラマ化される『銀漢の賦』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

わしはこの命を使い切ってやろう、と思う
西国のとある小藩に国替えの噂が。かつて交誼のあった家老と下級武士、2人の運命が再び交わることに。第14回松本清張賞受賞作

寛政期、西国の小藩である月ヶ瀬藩の郡方・日下部(くさかべ)源五と、名家老と謳われ、幕閣にまで名声が届いている松浦将監(しょうげん)。幼なじみで、同じ剣術道場に通っていた2人は、ある出来事を境に、進む道が分かれ、絶縁状態となっていた。2人の路が再び交差する時、運命が激しく動き出す。第14回松本清張賞受賞作。解説・島内景二
(文藝春秋社公式HPより)


このドラマ化です。
ドラマはNHKさん木曜時代劇枠。
ドラマ版のタイトルは「風の峠〜銀漢の賦〜」として2015年1月15日スタート予定。
気になるキャストは中村雅俊さん、柴田恭平さん他とのこと。

それにしても……主にミステリ系(ミステリー系)を扱う本ブログでこの報を取り上げた理由、既に多くの方には見抜かれていると思うのですが、実はこの『銀漢の賦』は上の「あらすじ」にもあるように「第14回松本清張賞」受賞作なのであります。

「松本清張賞」と言えば「松本清張」先生の名が冠せられており、横山秀夫先生『陰の季節』(第5回受賞作)や本城雅人先生『ノーバディノウズ』(第16回最終候補、後に「第1回サムライジャパン野球文学賞」受賞作)などに見られるようにミステリー系の印象が強いのですが……。

『ノーバディノウズ』(本城雅人著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『嗤うエース』(本城雅人著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

実は公式HPの募集要項に見られるように「ジャンルを問わぬ長篇エンターテインメント小説」が対象の賞だったりします。
言わば「メフィスト賞」に近い。
これは「知ってる人は知ってるけど、知らない人はまったく知らない」的なトリビア……は言い過ぎでも意外な情報にはなったのではないでしょうか。

というワケで『銀漢の賦』ドラマ化はもちろん、実はこの情報もまた本記事で伝えたかったことだったりします。

とはいえ、そもそも本ブログがミステリー系の情報しか取り上げないかと言えば……過去記事に時代小説も時代ドラマも結構扱ってたりするのです。
実を言うと管理人、司馬遼太郎先生はもちろんのこと藤沢周平先生とか隆慶一郎先生とか時代小説も好きなので。
もともと、歴史物とミステリーは割と相性も良いし(時代小説とは少し異なるけど「○○(史上人物)に隠されたミステリー」とか多いでしょ!?)。
下記リンク記事以外にもいろいろあるので興味があったら探してみてください。
たぶん、意外な作品が存在している筈です……ウフフ(意味深)。

『忍びの国』(和田竜著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『のぼうの城』(和田竜著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

『映画ノベライズ版 十三人の刺客』(大石直紀著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

『十三人の刺客』(谺雄一郎著、小学館刊)ネタバレ書評(レビュー)

コミック版「十三人の刺客」(森秀樹画、池宮彰一郎原作、小学館刊)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念「ドラマスペシャル 上意討ち〜拝領妻始末 家族愛のため命を懸けた男の壮絶な闘い!!嫁がされた側室の女…嫁姑の争い、夫婦愛を踏みにじる非道!!傑作時代劇が今夜蘇る!!」(2月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
「第21回松本清張賞」受賞作決定!!未須本有生先生『推定脅威』に!!

「第20回松本清張賞」受賞作決定!!山口恵以子先生『月下上海』に!!

「第19回松本清張賞」受賞作決定!!阿部智里先生『烏に単は似合わない』に!!

第17回松本清張賞決まる!!村木嵐さん「マルガリータ」!!

第14回受賞作にしてドラマ化される「銀漢の賦 (文春文庫)」です!!
銀漢の賦 (文春文庫)





映画化された「蜩ノ記 (祥伝社文庫)」です!!
蜩ノ記 (祥伝社文庫)





第20回受賞作「月下上海」です!!
月下上海





第19回受賞作「烏に単は似合わない」です!!
烏に単は似合わない





「松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)」です!!
松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)





「松本清張地図帖」です!!
松本清張地図帖





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。