2014年10月30日

水曜ミステリー9「小杉健治サスペンス 弁護士 水木邦夫 残り火〜孤高の弁護士が挑む最後の法廷〜3連続通り魔殺人は死刑か冤罪化?凶器・目撃者すべての証拠がクロ!逆転裁判を勝ち取れるか!?」(10月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「小杉健治サスペンス 弁護士 水木邦夫 残り火〜孤高の弁護士が挑む最後の法廷〜3連続通り魔殺人は死刑か冤罪化?凶器・目撃者すべての証拠がクロ!逆転裁判を勝ち取れるか!?」(10月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

都内で若い女性を狙った通り魔殺人が3件連続で発生。犯人として相浦純也(山中崇)が逮捕された頃、かつて冤罪を多く扱う敏腕弁護士だった水木邦夫(伊東四朗)のもとに立花孝久(渡辺いっけい)が訪ねて来る。立花の息子は冤罪を苦に自殺。その担当弁護士が水木だった。以前母親を助けてくれた純也は人殺しが出来る青年ではない、冤罪ではないか…と訴える立花。妻・信子(水野久美)を亡くして以来引退していた水木だったが、救って欲しいという立花の思いと、幻なのか水木の前に現れた信子の励しにより、再び弁護士バッジを手にするのだった。

純也の担当弁護士となった水木は本人と接見。犯行を否認する純也は、現場近くでスーツ姿の男と遭遇、凶器に指紋があったのは偶然拾い上げたためと答えるが、警察には取り合ってもらえなかったという。
そんなやりとりの中で、水木は、純也が何か大切なことを心に秘めているのではと感じ始める。

水木の事務所で働く助手・戸田裕子(奥山佳恵)は、未遂に終わった第3の事件の被害者・香月由紀菜(三津谷葉子)のもとへ。しかしパーカーを着た男に襲われたという由紀菜は、純也の証言に対し激しく反論する。一方立花は、水木に協力すべく純也の自宅を訪ねる。寝たきりの祖父・純蔵(品川徹)と2人で暮らす家から顔を出したのは隣人の服部淳美(大島蓉子)。純也に代わり純蔵の世話をしていた。仕事を辞め介護に専念している純也。今は純蔵の年金で暮らしていると話す淳美は、逮捕直前、庭で純蔵らしき人影を見たという。純蔵は1人で立てる体ではないのだが…。

初公判の日。水木は第3の事件と他は別もので、土川検事(相島一之)が挙げた証拠も確証を得ないものと主張する。パーカー男の証言も、情報による思い込みではないかと…。そんな中、立花は純蔵の弟・光蔵に関する情報を得ていた。玩具屋を継いだ光蔵だったが店は潰れ、借金を残したまま行方不明に。水木は、光蔵が純也の秘密と関係あるのではと睨む。

数日後、証人尋問に現れたのは第3の事件の目撃者・町沢博一(上杉祥三)。水木が追求すると、“通り魔”という言葉を先に口にしたのは町沢だったことが判明する。「通り魔に襲われた」という由紀菜の証言は、町沢の言葉に誘導された思い込みだったのだ。さらに水木らは、傍聴席に現れた由紀菜の隣人・沼田和代(西田薫)からマンションで耳にしたという話を聞く。それは今回の事件を揺るがす重要な内容だった…!
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

若い女性を狙った通り魔事件が連続で発生していた。
被害者は3人、そのうち第1の被害者・石本里香と第2の被害者・塩見万里江は死亡していた。
唯一、負傷に留まったのは第3の被害者・香月由紀菜のみであった。

この犯人として、相浦純也という男性が逮捕された。
純也が夜な夜な外出する姿が目撃されていたこと。
第一の犯行現場に純也のハンカチが落ちていたこと。
第三の犯行現場付近で由紀菜の血が付いたナイフを持って立っていたこと。
これらにより純也の犯行は誰の目にも明らかと思われたが……。

同じ頃、かつて敏腕として名を知られていたが妻の死に伴い引退していた弁護士・水木邦夫の前に依頼人が訪れていた。
その名は立花孝久。
立花には孝之なる息子が居たが野上小夜への痴漢冤罪により自殺していた。
この弁護を担当したのが水木だったのだ。
水木は奮闘したが多数の証人が現れたことが悲劇の引き金となっていた。

立花はそんな水木に純也を助けて欲しいと依頼する。
純也には寝たきり状態とされる祖父・相浦純蔵が居た。
純也は純蔵の介護の為に仕事を辞め、今は純蔵の年金で生活していた。
立花によれば、それほど祖父想いの純也が人殺しなど出来る人間ではないと言うのだ。

これを受けた水木は妻・信子の面影に励まされつつ、再び法廷に立つことに。

純也は無実を主張。
由紀菜の血が付着したナイフについては犯人と思しき男が落として行った物を拾ったと述べる。
だが、夜な夜な出歩いていた理由やハンカチについては黙して語ろうとしない。
どうやら、何かを隠しているようだ。

対して、唯一生存している被害者・由紀菜は純也が犯人で間違いないと頑強に主張する。

矢先、初公判を迎えることに。
水木は土川検事相手に一歩も退くことなく丁々発止の戦いを繰り広げる。
由紀菜の供述は目撃者とされる町沢博一の誘導によるものだと繰り返したのだ。
そもそも、当初の由紀菜は通り魔の犯行だとは訴えていなかったのである。

その頃、純蔵に実弟が居ることが明らかに。
光蔵と言う名の弟は玩具屋を継いだものの店が潰れ借金を負った為に失踪していた。

数日後、公判は意外な展開を迎えていた。
水木の調査により、由紀菜の供述が偽証であることが判明したのだ。
なんと、由紀菜は通り魔ではなく交際相手との痴情のもつれからの負傷であった。
純也がナイフを拾った相手こそ由紀菜の交際相手だったのだ。
これを伏せる為に由紀菜が偽証したのであった。
つまり、由紀菜の事件は通り魔事件とは無関係だったのである。

さらに、水木は寝たきりの筈の純蔵が動けることに気付く。
車椅子が使われていなかったのだ。

此処から水木は純也の外出の理由などを解明する。
純也が深夜に外出していた理由、それは徘徊している純蔵を探す為であった。
第一の犯行現場にあったハンカチも純蔵を探している途中に落とした物であった。

こうして、純也を犯人としていた事実が全て異なっていたことが明らかとなった。
これにより、純也は無罪を勝ち取る。

しかし、水木はそんな純也が隠している最大の秘密に気付いていた。
きっかけは立花が手に入れた光蔵の写真である。
その写真にあった人物こそ、他ならぬ現在の純蔵だったのだ。

そもそも寝たきりの筈の純蔵が動き回っていることが不自然であった。
すなわち、其処には純蔵と光蔵の入れ替わりが為されていたのである。

これを水木に指摘された純也は病死した純蔵の遺言で光蔵を純蔵として介護していたことを認める。
それは兄・純蔵が弟を想って純也に託したものらしい。
当の純蔵は死後に純也の手で庭に埋められていた。

この秘密があった為に純也は光蔵の徘徊を誰にも相談出来なかったのである。
水木は純也の苦労を想い、重荷を下ろすように告げる。
純也は年金詐取などの罪で出頭しようとするのだが……。

何者かの密告により純也は逮捕されてしまう。
密告により純也が逮捕されたことを知った水木はまだ事件は終わっていないと呟く。

その夜、1人の女性とフードの男が擦れ違った。
男は通りすがりざまに女性へとナイフを構えようとして、隠れていた水木に押し留められた。
女性は気付かず鼻歌まじりに行き去ってしまう。

「あいつは……あいつだけは許せないんです!!」
水木に手を掴まれつつ涙ながらに訴えるフードの男。
そのフードの下から現れたのは立花であった。
そして、立花が狙った女性こそ彼の息子・孝之を痴漢冤罪に追いやった野上小夜だったのである。

立花はすべてを打ち明け始めた。
事の発端は孝之の死に遡る。

孝之は野上小夜により痴漢として告発され、耐えられずに命を絶った。
立花は孝之の無実を信じていた為に、小夜の誤解ではなく罠に嵌められたのではないかと疑った。
そして小夜を調べて驚くべき事実に行き当たったのだ。

なんと、小夜や石本里香、塩見万里江らによる罠だったのだ。
表には出て来なかったが証人となっていたのは里香や万里江であった。
つまり、小夜の仲間が証言していたのだ。

立花は息子が彼女たちに殺されたと考えた。
其処で復讐に乗り出したのだ。
そう、通り魔事件の犯人は立花。
関係性が見出せず通り魔とされていた事件は復讐を動機とする連続殺人だったのだ。

ところが、里香と万里江が殺害されたことで怯えた小夜が何処かに隠れてしまった。
立花は肝心の小夜への復讐が出来ず苛立っていたところ、それを知ることに。

身に覚えのない第3の通り魔事件が発生し、純也が犯人として逮捕されてしまったのだ。
世の誰が知らずとも立花だけは純也が犯人ではないことを知っている。
そして、立花は純也に孝之を重ね合わせ救わねばと決意した。
其処で水木に依頼したのだ。

純也を年金詐取で密告したのも立花であった。
無罪となった純也は解放された。
ところが、此処で皮肉にも立花は小夜を見つけたのだ。

復讐したいが純也にアリバイが無ければまたも疑いを招きかねない。
其処で年金詐取で逮捕させることで完璧なアリバイを用意しようとしたのであった。

これに水木が気付いたからこそ、立花に先回りできたのである。

復讐に失敗し自殺を図る立花。
そんな立花を水木は「孝之君がそれで喜ぶとでも!?」と諭す。

翌日、立花は出頭することに。

一方、水木はこの事件をきっかけに再び弁護士活動を行うことを決意する。
純也や立花のような人々を一人でも救う為に―――エンド。

<感想>

原作は小杉健治先生『残り火』(双葉社刊)。
あらすじは次の通り。

<あらすじ>

墨田・江東地区連続殺人事件の容疑者として相浦純也が逮捕された。縁あって純也の無実を信じる立花孝久からの弁護依頼を受けたのは、水木邦夫弁護士だった。妻を亡くし、生ける屍となっていた水木にとって再起を賭けた闘いだ。はたして、純也の無罪を証明できるのか、そして、真犯人は!? 驚愕の法廷ミステリー!
(双葉社公式HPより)


小杉先生原作ドラマ化と言えば、先の「検事・沢木正夫」に続く「弁護士・水木邦夫」となります。
ふと思ったのですが、どちらも名前に「木」と「夫」が入っていますね。
しかも、「沢」に続いて「水」だったりする。
主人公らのネーミングにも何か理由があるような気がします。

水曜ミステリー9「検事・沢木正夫 第三の容疑者 完黙する3人目の男と死者が残した謎の言葉!2つの事件が交差する逆転法廷」(9月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマ感想を。

重厚なストーリーの中で複数の事件が錯綜、そんな中で暴かれた真実は「悲しき家族の愛情」でした。
本作、かなり良かったです。

キャストも好演でした。
特に伊東四朗さんと渡辺いっけいさんが良し。
そう言えば、伊東四朗さんによる「刑事・近松丙吉シリーズ」と同様に本作もシリーズ化して欲しいものだ。

ちなみに「冤罪と見せかけて実は……」的な展開があるのではないかと疑いながら視ていたのは「相棒season13」3話「許されざる者」の後にこちらを視たからでしょう。
思わぬミスリードになったものだなぁ……。

「相棒season13」第3話「許されざる者」(10月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「小杉健治サスペンス 偽証法廷〜刑事が越えた一線 奇妙な死体!?妻に迫る連続殺人犯の魔の手!証拠能力ゼロ衝撃の逆転判決!!(信じた友は連続殺人犯!?刑事が踏み越えた許されざる一線!守るべきものは正義か?それとも…)」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「検事・沢木正夫 第三の容疑者 完黙する3人目の男と死者が残した謎の言葉!2つの事件が交差する逆転法廷」(9月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

水木邦夫:伊東四朗
立花孝久:渡辺いっけい
相浦純也:山中崇
水木信子:水野久美
土川検事:相島一之
戸田裕子:奥山佳恵
香月由紀菜:三津谷葉子
相浦純蔵:品川徹
町沢博一:上杉祥三
服部淳美:大島蓉子
糸田政彦:冨家規政
武藤泰三:久保晶
立花の母:森康子
藤川達夫:井上肇
野上小夜:小野麻亜矢 ほか
(公式HPより転載、順不同、敬称略)


ドラマ原作「残り火」です!!
残り火





沢木正夫シリーズ第2弾「第三の容疑者ー検事・沢木正夫 (双葉文庫)」です!!
第三の容疑者ー検事・沢木正夫 (双葉文庫)





シリーズ第1弾「公訴取消し―検事・沢木正夫 (双葉文庫)」です!!
公訴取消し―検事・沢木正夫 (双葉文庫)





シリーズ第3弾「検事・沢木正夫 共犯者 (双葉文庫)」です!!
検事・沢木正夫 共犯者 (双葉文庫)





シリーズ最終巻「検事・沢木正夫 宿命 (双葉文庫)」です!!
検事・沢木正夫 宿命 (双葉文庫)





「偽証法廷 (双葉文庫)」です!!
偽証法廷 (双葉文庫)





同名タイトル作品はこちら。
赤カブ検事シリーズで知られる和久峻三先生の「偽証法廷 (光文社文庫)」です!!
偽証法廷 (光文社文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。