2014年11月16日

井上尚登先生『ホペイロの憂鬱』(東京創元社刊)が映画化決定!!

井上尚登先生『ホペイロの憂鬱』(東京創元社刊)が映画化されることが明らかになりました!!

『ホペイロの憂鬱 JFL篇』はシリーズの第1弾。
サッカークラブチーム「ビッグカイト相模原」を舞台に其処に所属するホペイロ(用具係)・坂上君の活躍を描く連作短編集。

シリーズには他に『幸せの萌黄色フラッグ ホペイロ坂上の事件簿 J2篇』『ブンデスの星、ふたたび ホペイロ坂上の事件簿 J1篇』がある。

そんな『ホペイロの憂鬱 JFL篇』のあらすじは次の通り。

<あらすじ>
・ホペイロの憂鬱 JFL篇
僕がホペイロ(roupeiro:ポルトガル語で用具係のこと)を務めるJFL所属のビッグカイト相模原は、成績不振なうえ、奇妙な出来事がわんさか起こる。その度に、クラブのみんなは雑用に追われる僕に、謎解きを押し付けてくる。選手のスパイク管理が本職なのに! J2昇格を目指すサッカークラブを舞台に、ホペイロの奮闘を描く、ほのぼの連作ミステリ。〈ホペイロ坂上の事件簿〉開幕。著者あとがき=井上尚登/解説=山川幸則

・幸せの萌黄色フラッグ ホペイロ坂上の事件簿 J2篇
J2に昇格して三年目、今年こそはJ1へと意気込んでみたものの、ビッグカイト相模原は現在リーグ最下位。チームの若きエース元気くんは、絶不調で今季はいまだノーゴール。とある女性を気にしてるらしいが、まさか道ならぬ恋に悩んでる!?  プロサッカークラブのホペイロ(用具係)を務める坂上栄作のドタバタを、愛嬌たっぷりに描いた、ほのぼの連作ミステリ、第二シーズン開幕。著者あとがき=井上尚登

・ブンデスの星、ふたたび ホペイロ坂上の事件簿 J1篇
J2最終戦のクラブ存続をかけた“絶対に負けられない戦い”を何とか制し、J1に昇格したビッグカイト相模原。新シーズン、新たな選手とスタッフを迎え入れるものの、相変わらず困ったときには、スパイク保管室の僕の元にやってくる。女性サポーターの失われた記憶探し、“アウェイの洗礼”から転じた不可解な事件、新加入の元ブンデスリーガーが抱えている悩み、スタジアムツアーで巻き起こった騒動など、ホペイロ坂上はきょうもスパイク片手に謎を解く! プロサッカークラブの愉快な仲間たちの活躍を描く、ほのぼのフットボールミステリ第三弾。著者あとがき=井上尚登
(東京創元社公式HPより)


つまり、坂上君の縁の下の力持ち的な活躍により、所属チーム「ビッグカイト相模原」がJFL、J2、J1へと昇格して行くワケですね。

情報によると映画版のタイトルは些か変更になるかもしれないとのこと。
現在のところ「ホペイロの憂鬱(仮題)」となっているようです。

ちなみに映画化に当たっては相模原市の全面協力を得ており市内オールロケとのこと。
2015年秋公開予定だそうで要注目!!

映画化される「ホペイロの憂鬱 JFL篇 (創元推理文庫)」です!!
ホペイロの憂鬱 JFL篇 (創元推理文庫)





「幸せの萌黄色フラッグ (ホペイロ坂上の事件簿 J2篇) (創元推理文庫)」です!!
幸せの萌黄色フラッグ (ホペイロ坂上の事件簿 J2篇) (創元推理文庫)





「ブンデスの星、ふたたび (ホペイロ坂上の事件簿 J1篇 ) (創元推理文庫)」です!!
ブンデスの星、ふたたび (ホペイロ坂上の事件簿 J1篇 ) (創元推理文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。