2015年02月27日

横山秀夫先生『64』(文藝春秋社刊)が続々実写化!!まずは2015年4月に連続ドラマ化、次いで2016年に映画化とのこと!!

横山秀夫先生『64』(文藝春秋社刊)が連続ドラマと映画にて相次いで実写化されることが判明しました。

実写化が明らかとなった『64』は「D県警シリーズ」第4弾。
2013年(2012年発売作品対象)の各種ミステリランキングでは『早ミス』集計期間外、『本ミス』22位、『文春』1位、『このミス』1位―――と2冠を達成した作品。
ちなみに集計期間外だった『早ミス』でもその翌年に2位に輝いています。
それだけでも、本作が高い評価を集めたことが分かることでしょう。

なお、本『64』については過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。
興味のある方は記事をどうぞ!!

『64』(横山秀夫著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

そんな『64』が実写化―――もうこの報だけで胸が熱くなりますが、今回はそれがドラマ版と映画版と続くことに。
これは胸が熱くなるどころか、あまりに熱くなり過ぎて胸が焦げてしまうのではないでしょうか。

と、多くのファンの胸を焼いてしまいそうなこのニュース。
詳細をお伝えすると……。

まず、ドラマ版「64」。
こちらはNHKさんによる連続ドラマ。

主演はピエール瀧さん。
他に木村佳乃さん、新井浩文さん、永山絢人さん、山本美月さんら。

2015年4月の毎週土曜日21時から、全5回だそうです。

土曜ドラマ「64(ロクヨン)」第1話「窓」(4月18日、4月24日)ネタバレ批評(レビュー)

そして、映画版「64」。
こちらは前後篇からなる二部作。

主演は佐藤浩市さん。
他のキャストは2015年2月時点では不明。

2016年公開予定だとか。

活字、連続ドラマ、映画と3つの媒体で描かれる「64」。
これにより作品世界自体の味わいも増し、読者(視聴者)の理解も深まりそうです。
続報に注目すべし!!

◆関連過去記事
【横山秀夫先生著作記事】
『64』(横山秀夫著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ関連】
土曜ドラマ「64(ロクヨン)」第1話「窓」(4月18日、4月24日)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「横山秀夫特別企画 永遠の時効 謎の数列29、41、51は無意識の自白調書!2つの完全犯罪とオンナの嘘を暴く逆転の取り調べ!」(6月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 臨場 劇場版 話題作!!テレビ初放送 大ヒットドラマ遂に映画化!!型破り検視官倉石が挑む最大の事件」(6月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
横山秀夫先生、前橋でのトークショーにて小説観を語る!!

横山秀夫先生7年ぶりの新作『64』、文藝春秋社より2012年10月27日発売決定!!

【速報】横山秀夫先生『臨場』が映画化決定!!キャストはドラマ版と同じ!!

「横山秀夫サスペンス」DVD-BOX、2010年10月27日発売!!

文庫版「64(ロクヨン) 上 (文春文庫 よ)」です!!
64(ロクヨン) 上 (文春文庫 よ)





キンドル版「64(ロクヨン)(上) (文春文庫)」です!!
64(ロクヨン)(上) (文春文庫)





「64(ロクヨン) 下 (文春文庫 よ)」です!!
64(ロクヨン) 下 (文春文庫 よ)





キンドル版「64(ロクヨン)(下) (文春文庫)」です!!
64(ロクヨン)(下) (文春文庫)





単行本版「64(ロクヨン)」です!!
64(ロクヨン)





キンドル版「64(ロクヨン)」です!!
64(ロクヨン)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。