2014年11月20日

柴田よしき先生「花咲慎一郎シリーズ」(講談社、実業之日本社刊)がテレビ東京系列金曜20時枠「金曜8時のドラマ」にてドラマ化!!

柴田よしき先生「花咲慎一郎シリーズ」(講談社、実業之日本社刊)がテレビ東京系列金曜20時枠「金曜8時のドラマ」にてドラマ化されることが明らかになりました!!

ドラマ化される「花咲慎一郎シリーズ」は「保育園の園長であると同時に私立探偵でもある花咲慎一郎が彼が出会った様々な事件を解決する」とのストーリー。
既刊は2014年11月現在で5冊。
講談社から『フォー・ディア・ライフ』『フォー・ユア・プレジャー』『シーセッド・ヒーセッド』『ア・ソング・フォー・ユー』の4冊、実業之日本社から『ドント・ストップ・ザ・ダンス』(シリーズ第5弾、現状最新刊)が刊行されています(注:『ア・ソング・フォー・ユー』は単行本が実業之日本社より発売済。この文庫版が講談社より2014年12月発売予定)。

ちなみにドラマ版で花咲慎一郎を演じるのは山口智充さん。
ドラマ版のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

舞台は都内の繁華街にある認可外保育園「ニコニコ園」。
花咲慎一郎は、園の経営を一手に引き受ける園長だ。実はこのニコニコ園、長時間保育や急な保育依頼も受け付ける、いわゆる“明かりの消えない保育園”。料金は格安に設定しており、親が望めば朝まで子供を預かることもいとわない。良心的な運営方針と花咲の人情味あふれる人柄によって園の評判は良いのだが、一方で経営は常に火の車。そんな倒産寸前の「ニコニコ園」を支えるため、花咲は奔走する!
どうやって?裏の顔、私立探偵として―!
認可外だが最高に温かい保育園を営む男・花咲慎一郎…… 果たして、花咲は園を倒産させることなく、守ることができるのか!?
親や子供たちに安らぎの場所を提供できるのか!?
そして、日々、舞い込む様々な事件を解決することができるのか!

“保育探偵”が、今日も子供たちのために25時間眠らず東奔西走します!
(公式HPより)


これはなかなかに面白そうな予感。
注目です!!

◆関連過去記事
【書評関連】
『激流』(柴田よしき著、徳間書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『観覧車』(柴田よしき著、祥伝社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『回転木馬』(柴田よしき著、祥伝社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【映像化関連】
金曜プレステージ「私立探偵・下澤唯〜悲しみの殺人迷路〜夫の失踪から7年・京都〜東京〜会津〜夫の居場所を教えたのは白骨死体だった!再会が明らかにする真実は?」(7月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」第1話「過去からのEメール」(6月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」第2話「時計は動き出す」(7月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」第3話「転げ落ちる石のように」(7月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」第6話「真実への光明」(7月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」第7話「悪女の告白」(8月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「激流〜私を憶えていますか?〜」最終話(8話)「友への誓い」(8月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

シリーズ第1弾「フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)」です!!
フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)





シリーズ第2弾「フォー・ユア・プレジャー (講談社文庫)」です!!
フォー・ユア・プレジャー (講談社文庫)





シリーズ第3弾「シーセッド・ヒーセッド (講談社文庫)」です!!
シーセッド・ヒーセッド (講談社文庫)





シリーズ第4弾「ア・ソング・フォー・ユー」です!!
ア・ソング・フォー・ユー





シリーズ第5弾「ドント・ストップ・ザ・ダンス」です!!
ドント・ストップ・ザ・ダンス





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。