2014年11月24日

【この謎が解けますか!?】グーグルで「ジョン・ディクスン・カー」を検索すると意外な結果が……

「ジョン・ディクスン・カー」と言えば「密室もの」で有名なミステリの大家。
その著作には有名な、あまりにも有名な『火刑法廷』や『三つの棺』があります。
そんな「ジョン・ディクスン・カー」ですがグーグルで検索すると衝撃の結果を目にすることに(2014年11月22日現在)。

グーグルには単語を検索すると検索結果の右側にフィードバックとして検索した単語と関連する人物や物が情報として表示されます。

例えば、作家さんの名前で検索するとその生没年や著作、本人の写真が表示されています。
その下に「他の人はこちらも検索」と関連人物が並ぶワケですが……。

今回、注目して頂きたいのは本人の写真。
此処に注目。

なんと「ジョン・ディクスン・カー」で検索をかけると……。
そう、謎のドールが表示されるのです。

それはどう見ても「ジョン・ディクスン・カー」ではない。
あれれ……?
これは他の作家さんでも起こるのか―――試してみました。

ヴァン・ダインはどうか。
ああ、物憂げな紳士の肖像が表示されました。

ちなみにその下の「他の人はこちらも検索」にはクロフツら錚々たるメンバーの写真と共にあのドールが表示されています。

続いてアントニー・バークリー(アントニイ・バークリー)。
鋭い眼差しを讃えた髭のおじさんの肖像が表示されました。

ちなみにその下の「他の人はこちらも検索」には、またもクロフツら錚々たるメンバーの写真と共にあのドールが表示されています。
今回は他のメンバーがセイヤーズなど白黒写真ばかりなので異質ぶりがより克明に。

他にも何度か有名作家で試してみましたがカーと同じような事態は起こらないようです。
何故、カーだけにこの事態が起こっているのか……まさにミステリー。
果たして、あなたはこのミステリーを解明出来るか!?
さぁ、あなたも検索するべし!!

ちなみに「エラリー・クイーン」は写真無しでした。

「火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)」です!!
火刑法廷[新訳版] (ハヤカワ・ミステリ文庫)





「三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)」です!!
三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。