2014年12月27日

2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2015年度(2014年発売)ミステリ書籍各ランキング(「このミステリーがすごい!2015」、「2015本格ミステリ ベスト10」、「ミステリが読みたい2015年版」、「週刊文春ミステリーベスト10」、「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10」)をまとめてみました!!
ご購入の参考にどうぞ。
タイトルに内部リンクのあるものはネタバレ書評(レビュー)に繋がります。

◆「このミステリーがすごい!2015」(宝島社、2014年12月10日発売)

順位国内海外
満願その女アレックス
さよなら神様秘密
闇に香る嘘ゴーストマン 時限紙幣
小さな異邦人ピルグリム123
機龍警察 未亡旅団もう年はとれない
土漠の花ハリー・クバート事件
ペテロの葬列逃げる幻
破門養鶏場の殺人 火口箱
女王暗殺者の復讐
10異次元の館の殺人北京から来た男


【関連過去記事】
【2014速報】「このミステリーがすごい!2015」発表!!

◆「本格ミステリ ベスト10 2015」(原書房、探偵小説研究会著 2014年12月2日発売)

順位国内海外
さよなら神様逃げる幻
満願服用禁止
小さな異邦人ミンコット荘に死す
異次元の館の殺人女郎蜘蛛
黒龍荘の惨劇逆さの骨
○○○○○○○○殺人事件養鶏場の殺人 火口箱、窓辺の老人
密室の神話なし
風ヶ丘五十円玉祭りの謎秘密
殺意の構図被告人、ウィザーズ&マローン
10松谷警部と三鷹の石その女アレックス


探偵小説研究会HPはこちら。(外部サイトに繋がります)

【関連過去記事】
【2014速報】「2015 本格ミステリ・ベスト10」発表!!

◆「ミステリが読みたい2015年版」(早川書房、ミステリマガジン編集部編 2014年11月25日発売)

順位国内海外
満願その女アレックス
さよなら神様秘密 上下巻
小さな異邦人ゴーストマン 時限紙幣
アルモニカ・ディアボリカ養鶏場の殺人 火口箱
異次元の館の殺人もう年はとれない
喝采逃げる幻
○○○○○○○○殺人事件地上最後の刑事
オーブランの少女凍夜
東京自叙伝ハリー・クバート事件 上下巻
10黒龍荘の惨劇三秒間の死角


【関連過去記事】
【2014速報】『ミステリが読みたい!2015年版』発表!!

◆「週刊文春ミステリーベスト10 2014

順位国内海外
満願その女アレックス
闇に香る嘘秘密
さよなら神様ゴーストマン 時限紙幣
小さな異邦人ハリー・クバート事件
虚ろな十字架もう年はとれない
絶叫養鶏場の殺人 火口箱
後妻業逃げる幻、ピルグリム123
怒りなし
オービタル・クラウド、機龍警察 未亡旅団ジャック・リッチーのあの手この手、地上最後の刑事
10なしなし


【関連過去記事】
【2014速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2014」発表!!

◆「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10」(講談社)

順位海外
その女アレックス 文藝春秋社刊
ナイン・ドラゴンズ 講談社刊
血の咆哮 講談社刊
もう年はとれない 東京創元社刊
逃げる幻 東京創元社
凍氷 集英社刊
ピルグリム123 早川書房刊
三秒間の死角 角川書店刊
駄作 早川書房刊
10静かなる炎 PHP研究所刊


【関連過去記事】
【2014速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2014」発表!!

【総括】

まずは国内編。
2014年を制したのは……。

米澤穂信先生『満願』(新潮社刊)。
『早ミス』『文春』『このミス』の3冠制覇です!!

『満願』の最終的なスコアはこちら。
『早ミス』1位、『本ミス』2位、『文春』1位、『このミス』1位。

これは……圧巻とも言える快挙。
唯一1位を逃した『本ミス』でも2位。
圧倒的な支持を受けての戴冠です。

ご結婚もされていますし、2014年はまさに米澤先生の年でしたね。

【祝】米澤穂信先生ご結婚!!ツイッター上ではファンからお祝いの言葉が集まる!!

そして、2015年も米澤先生の年になりそう。
なんと、『さよなら妖精』の続編が2015年夏に発売予定。
ちなみに『E85.2』とされていたタイトルも『王とサーカス』に決定したとのこと。
このタイトル、来年の年末ランキングでも目にすることでしょう。

『さよなら妖精』(米澤穂信著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

米澤穂信先生、次なる新作は太刀洗シリーズ最新長編『E85.2(仮)』とのこと!!

そんな圧倒的王者『満願』の4冠を阻んだのは麻耶雄嵩先生『さよなら神様』(文藝春秋社刊)。

これにより、麻耶雄嵩先生は『貴族探偵と女探偵』(集英社刊)に続き、2年連続『本ミス』1位達成。

ちなみに『さよなら神様』は『早ミス』2位、『このミス』2位、『文春』3位、『本ミス』1位。
こちらもランキング皆勤達成、しかも常に3位以内。
これまた凄い!!

麻耶雄嵩先生、2014年は『化石少女』も刊行されています。
こちらもなかなかにスゴイ作品です。

ちなみに、2015年には『小説新潮』で連載されている『おじさんシリーズ』が刊行予定とのこと。
こちらも……なかなかにスゴイよ。

『あかずの扉』(麻耶雄嵩著、新潮社刊『小説新潮』2014年2月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

そう言えば、他に木更津シリーズ『弦楽器、打楽器とチェレスタのための殺人』(2014年12月時点で8話まで連載中)も書籍化に期待出来そうかな。

皆勤と言えば、実は注目作がもう1つ。
それが連城三紀彦先生『小さな異邦人』(文藝春秋社刊)。
『早ミス』3位、『このミス』4位、『本ミス』3位、『文春』4位。
こちらもランキング皆勤、しかも上位です。

連城先生は2013年に亡くなっており、その最後の作品が2014年に刊行されています。
その一作が本作。
なお、連城先生は同じ2014年に「第18回日本ミステリー文学大賞 特別賞」を受賞されています。

「第18回日本ミステリー文学大賞、同特別賞、新人賞」発表。栄冠は船戸与一先生、連城三紀彦先生、直原冬明先生に!!

この3作品が2014年上位か。
それに続くのが3ランキングにてベスト10皆勤となる作品。
2014年度は1作のみ。

それが芦辺拓先生『異次元の館の殺人』(光文社)!!
『早ミス』5位、『本ミス』4位、『このミス』10位。

「シュレディンガーの猫」をモチーフにした「特殊設定パズラーもの」。
森江春策シリーズ2014年時点での最新作です。
ちなみに、森江春策シリーズ第1弾『殺人喜劇の13人』が東京創元社さんより2015年1月に発売予定とのこと。
これを機に是非、チェックを!!

これらをまとめると―――

まず、『満願』は必読。
次いで『さよなら神様』、『小さな異邦人』、『異次元の館の殺人』を読むべし!!

次に海外編。

こちらもほぼ1強状態。
その絶対的強者の名は―――ピエール・ルメートル『その女アレックス』(文藝春秋社刊)。
『IN★POCKET』1位、『早ミス』1位、『本ミス』10位、『文春』1位、『このミス』1位。
これにより4冠を達成!!

まさに圧倒的です。

そんな『その女アレックス』の5冠を阻んだのは『逃げる幻』(東京創元社刊)。
『IN★POCKET』5位、『早ミス』6位、『本ミス』1位、『文春』7位、『このミス』7位。
これにより『その女アレックス』と並び今年度海外作品10位以内皆勤も達成!!

続いての注目は、ケイト・モートン『秘密』。
『IN★POCKET』10位外、『早ミス』2位、『本ミス』8位、『文春』2位、『このミス』2位。
『早ミス』『文春』『このミス』で高い評価を得ています。
この順位は『その女アレックス』に及ばないまでも2014年発売作品での実力上位を示すものでしょう。

そしてロジャー・ホッブズ『ゴーストマン 時限紙幣』。
『IN★POCKET』10位外、『早ミス』3位、『本ミス』10位外、『文春』3位『このミス』3位。
これまた『早ミス』『文春』『このミス』で高い評価を得ています。
この順位は『その女アレックス』『秘密』に及ばないまでも2014年発売作品での実力上位を示すものか。

そして、『本ミス』を除いた場合の皆勤達成作は『もう年はとれない』(『IN★POCKET』4位『早ミス』5位『文春』5位、『このミス』5位)。

まとめると、海外では『その女アレックス』は必読。
他に『逃げる幻』、『秘密』、『ゴーストマン 時限紙幣』、『もう年はとれない』の4作が今年を代表する作品と言えそう。

全体でまとめると『満願』、『さよなら神様』、『小さな異邦人』、『異次元の館の殺人』、『その女アレックス』、『逃げる幻』、『秘密』、『ゴーストマン 時限紙幣』、『もう年はとれない』以上9作を読めば、2014年のミステリシーンは大筋で押さえられると言えそうです。

さて、此処からは2014年発売で上記以外の注目作品&2015年の注目作を!!

まずは誉田哲也先生「姫川玲子シリーズ」最新作『インデックス』が刊行。
新生・姫川班に旧メンバーが……。

『インデックス』(誉田哲也著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

深水黎一郎先生『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』も刊行。
とはいえ、大癋見(おおべしみ)警部の活躍はこれで終わりではない様子。
『宝石・ザ・ミステリー 2014冬』には最新作が掲載されています。

『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』(深水黎一郎著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

倉知淳先生の長編について。
なんでも、和製ドルリー・レーンを主人公にした作品を執筆中とのこと。
これは……注目だな。

さらに、その著作『ささらさや』が映画化された加納朋子先生は『七人の敵がいる』続編の構想を発表。

『七人の敵がいる』(加納朋子著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

法月綸太郎先生も以前に発表された「読者への挑戦」により成立する短編『挑戦者たち』を長編化する旨を記されています。
『小説新潮 2015年1月号』には『挑戦者たち2』も掲載されています。

『挑戦者たち』(法月綸太郎著、新潮社刊『小説新潮 2014年5月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

他にも期待の作品が出版されるとの情報がちらほら。
読者としては豊作の1年になるといいなぁ。

以上、2014年ミステリ総括でした。

◆関連過去記事
2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

上記、ランキング中で気になる本がある方はこちら。


「このミステリーがすごい! 2015年版」です!!
このミステリーがすごい! 2015年版





「2015本格ミステリベスト10」です!!
2015本格ミステリベスト10





「ミステリが読みたい!2015年版」が掲載された「ミステリマガジン 2015年 01月号 [雑誌]」です!!
ミステリマガジン 2015年 01月号 [雑誌]





ランキングが掲載された「IN★POCKET 2014年11月号」です!!
IN★POCKET 2014年11月号





「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊」です!!
週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊





「東西ミステリーベスト100 (文春文庫)」です!!
東西ミステリーベスト100 (文春文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。