2014年12月06日

赤と黒のゲキジョー「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ51 中央構造帯 平将門の呪い?巨大メガバンクに相次ぐ怪死!送られた脅迫状の謎?隠された権力争い…裏切りと金!将門の末裔が背負った哀しき運命とは!」(12月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ51 中央構造帯 平将門の呪い?巨大メガバンクに相次ぐ怪死!送られた脅迫状の謎?隠された権力争い…裏切りと金!将門の末裔が背負った哀しき運命とは!」(12月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

平将門の取材で大手町のオフィスビル街を訪れたルポライター・浅見光彦(中村俊介)は、大学時代の同期・田中奈緒美(星野真里)と彼女の上司・田中誠一(長谷川朝晴)に会う。
二人は将門塚史跡に隣接する日本長期産業銀行に勤務していたため、“将門のたたり”について取材をしたのだった。二人の話から、奈緒美の出身地が平将門の生地と同じ茨城県岩井町だったこと、銀行には将門像にお尻を向けて座る席・通称“将門の椅子”があり、その椅子に座っていた人が立て続けに二人も亡くなってしまったことを知った浅見は、その都市伝説に興味を示す。そして誠一が先に会社に戻ると、奈緒美は「誠一が今その椅子に座っていて、迷信だと思うけど少し怖い…」と言う。と、そのとき銀行前から奈緒美を呼び戻す上司の前原ひとみ(洞口依子)の声がして、奈緒美は慌てて会社に戻る。
その夜、自宅に戻った浅見は、母の雪恵(野際陽子)から平将門についての歴史を教わる。幸恵から“八幡の藪知らず”という、“将門公ゆかりの地”のことを聞いた浅見は、翌日、千葉県市川市のその場所を訪れた。だが、そこには警察の立ち入り禁止テープがあり、やじ馬の一人に話を聞くと、銀行員の若い男が首つり自殺したという。不安になった浅見は、現場で見張りをしていた須藤刑事(千賀健永(Kis-My-Ft2))に詳細を聞こうとするも、逆に須藤に疑われてしまい市川南署まで連行されてしまう。
警察署に連行されてきた浅見は、奈緒美と前原がいる会議室に通される。奈緒美がいて驚いた浅見は、自殺した若い男が昨日取材した誠一だと知る。謎の自殺を遂げた男の裏に見え隠れする都市伝説“将門公のたたり”。その真相に名探偵・浅見光彦が挑む!!
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

浅見光彦は平将門の取材で大手町のオフィスビル街へ。
其処で大学時代の同期・安倍奈緒美とその上司・田中誠一と落ち合う。
奈緒美と誠一は日本長期産業銀行(長産銀)の国際部に勤務しており、実は結婚を約束した恋人同士でもあった。
長産銀は将門塚史跡に隣接しており、噂の1つも聞ければとの軽い気持ちだったのだ。
ちなみに、奈緒美は将門の生地と同じく茨城県岩井町の出身である。

此処で興味深い話が飛び出す。
長産銀では「将門の祟り」なるものが存在していると言う。
なんでも、行内には「将門の椅子」と称される椅子が存在しており、これに座った者が次々と死を遂げていたのだ。
そして、今は誠一がこの椅子に座っているのだ。
不安がる奈緒美を「迷信だ」と笑い飛ばす誠一だが……。

翌日、浅見は母・雪恵から聞かされた「八幡の藪知らず」と呼ばれる場所へ向かう。
すると、其処で誠一が首吊り死体で発見されていた。

まさか、これこそが「将門の祟り」なのか!?
調査を始めた浅見。

同じく長産銀に勤務する前原ひとみによれば次のように被害者が出ているそうだ。
7年前、事業推進部・伊田部長が茨城の将門川にて水死。
同じ年、渡部課長が病死。
そして、今度の国際部・誠一の死……。
そのすべてが将門の椅子の利用者であった。

さらに、誠一が長産銀の深田頭取から何か密命を託されていたらしいことが判明。
しかも、誠一は大西前頭取の秘書でもあった。

伊田部長たちの死因に不審を抱いた浅見は伊田部長の妻のもとへ。
すると、誠一も伊田部長たちを調べていたことが分かる。
そして、水死した伊田部長は遺書を残していた。
其処には「命を懸けて義務を果たす所存であります」と記されていたが……。

続いて渡部課長の妻を訪問する。
どうやら、渡部課長を看取ったのは銀行の主治医を勤めていた船曳医師らしい。

船曳一馬医師は大西前頭取の戦友。
当時の状況について尋ねると「ストレスが原因による心筋梗塞」と述べる。
渡部課長は不良債権処理を担当していたそうで、それが原因と考えられるようだ。

伊田部長も渡部課長も仕事に命を懸けていた人々だったのか?

これに奇異を感じ取った浅見が伊田の遺書を調べたところ、それが債務返済のマニュアルの引き写しであることが判明する。
つまり、伊田の死には他殺の可能性が出たのだ。

その頃、長産銀の深田頭取は平将門を名乗る脅迫者からの手紙への対処に頭を悩ませていた。
其処には「不正貸付」との文字が躍っていたが……。

さらに驚くべき情報が飛び出す。
奈緒美によれば、誠一が彼女にも内密に奈緒美の祖父と密会していたと言うのだ。
奈緒美の祖父は大西前頭取の戦友だったそうだが……。

奈緒美の祖父・安倍幸正を訪ねた浅見。
幸正によれば、誠一は「将門公からの脅迫状」について調べていたようだ。
内容は長産銀に対する告発状だったらしい。
誠一はその正体に心当たりがあると口にしていた。

浅見は伊田、渡部、誠一の死が何者かによる連続殺人であると推測。

その夜、雪恵は中央構造帯と「将門の史跡」の位置が重なることを指摘する。
将門は土地の者と共に中央からの独立を目指し戦った偉人である。
これを聞いた浅見は何者かが将門公を名乗り長産銀と戦っているのでは……と考える。

誠一の遺品を調べた浅見。
すると「陸軍第28連隊・沼津部隊」の資料を発見する。
しかも「高島又左衛門」なる名前に印がつけられていた。

浅見は高島を訪問。
高島が将門公の熱心な信奉者であることを知る。
さらに、高島と誠一は顔見知りであった。
やはり、誠一は高島を訪ねたのだ。

高島によれば、大西前頭取、安倍幸正、船曳一馬らが沼津部隊の戦友だそうだ。
懐かしそうに目を細めるが。

高島の会社が長産銀から受けた融資を返済できず倒産していたことが判明。
この件で高島は長産銀を恨んでいたようだ。

再度、高島を訪問した浅見。
高島は長産銀を恨んでいることをあっさりと認める。
その反面、船曳医師に強い恩義を抱いている様子。
何でも、船曳は高島の会社を支援していたそうだ。
それだけではなく終戦直後に敗戦の報を聞き自決を覚悟した高島たちに生き続けるよう説得したこともあったらしい。

船曳が十年前に医師を辞めていたことが判明。
だとすれば、7年前の渡部課長を診察したことに謎が生じる。

これについて船曳に尋ねた浅見。
すると、医師免許は所持していたので問題はないと応じられる。

その夜、これまでの情報を奈緒美に報告する浅見であったが、何者かに監視されていることに気付く。
奈緒美は監視者に見覚えがあった。
どうやら奈緒美と誠一の様子も監視されていたらしい。

監視者の正体が判明。
有名な闇社会の顔役・城田聡であった。
城田は長産銀の総務部長・中町と通じていた。
どうやら、深田頭取も関与しているようだ。
7年前、伊田部長は不正貸付、渡部課長は強引な債権回収を担当していた。
これで得た功績により深田は頭取となっていたのである。

浅見は将門公の候補として高島、船曳、安倍の3人を疑う。

その頃、当の高島、船曳、安倍の3人が19首塚の前に集まっていた。
其処に浅見が現れる。
その傍らには奈緒美も同行している。

こうして、事件の真相が語られることに。

殺害当日に誠一が訪れていたのは船曳医師のもとであった。
船曳こそが脅迫状の主だったのだ。
船曳は長産銀の不正を看過出来ず告発していた。

長産銀による不正貸付と強引な債権回収により、多くの自殺者が出ていた。
その中に船曳の患者である木村が居た。

伊田と渡部は木村の死後、通夜の席に押しかけ木村の生命保険証書を回収して去って行った。
これにショックを受けたのか、木村の妻・博子は後を追うように自殺してしまう。

実は博子は船曳の隠し子であった。
これを知らない伊田と渡部は博子を嘲るような発言をしてしまう。
船曳は怒り狂った。

其処で伊田を殺害し川へ遺棄した。
伊田の遺書は債権者用のマニュアルを利用したものであった。

続いて渡部である。
引退していた船曳だが、それを伝えず渡部を治療に見せかけ殺害した。

誰もこの真相に気付かなかった
その後、深田が頭取となり以前にも増して不正貸付が横行するように。
口を挟めた筈の大西も既に死亡している。
義憤を抱いた船曳は平将門を名乗り告発状を送りつけたのだ。

これに深田たちは恐れ戦いた。
其処で誠一は深田の密命を受け、脅迫者を追うことに。
その過程で船曳の犯行全てを見抜いてしまった。
誠一は船曳に自首を促し、自らは調査を通じて知った深田の悪行を告発すると約束した。
これに船曳は応じる。

ところが、その直後に乱入者が現れた。
城田だ。

城田は船曳の目の前で誠一を殺害。
「良い方法を教えてくれました」と船曳に告げるや、船曳の7年前の犯行を模倣すると宣言した。
さらに、もしも真相をバラせば船曳の犯行も露見するぞと脅迫したのだ。

これに船曳は屈したのである。

すべてを告白した船曳は奈緒美に謝罪する。

その翌朝、船曳は身投げして果てた。
遺書が残されており、これに基づき城田が逮捕された。
城田の口から深田らの悪行が明らかになるのかもしれない―――エンド。

<感想>

内田康夫先生原作フジテレビ版「浅見光彦シリーズ」第51弾です。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)してますね。
興味のある方は過去記事リンクをどうぞ!!

ドラマ原作は内田康夫先生『中央構造帯』(角川書店刊)。

<あらすじ>

・上巻
巨大銀行を襲う平将門の呪いを浅見光彦が解き明かす!

伝説の首塚に背を向けた「将門の椅子」に座ると祟りが起こる。巨大銀行で囁かれていた迷信は現実となり、エリート銀行員が次々と不審な死を遂げた。平将門の呪いは存在するのか。名探偵・浅見光彦が伝説の謎に挑む!

・下巻
世紀を超えた日本の謎に浅見光彦が挑む壮大な社会派ミステリー!

エリート銀行員の連続怪死を追う浅見光彦は、事件と平将門ゆかりの地との奇妙な符合を次々と見出していく。そしてそれは複雑に絡まった歴史と経済の闇に通じてゆき…。時代を超えた謎の深奥に隠されていた真相とは。
(角川書店公式HPより)


では、ドラマの感想を。

原作のあらすじを読む限りはサスペンス性よりは歴史ミステリ的な色合いが強い作品なのかな?

ちなみに公式のあらすじだと奈緒美の苗字が安倍ではなく田中になっていますね(2014年12月5日時点)。
何でだろう……。

でもって、内容についてですが、動機は体制への反乱ではなく船曳の個人的な恨みだよなぁ。
被害者が隠し子でなければ船曳は動かなかったのではなかろうか。

その証拠に告発状を送った割には、送り先が深田のもとだし。
これでは殆ど意味がない。
船曳自身は特に証拠を集めて告発するつもりも無かったようだし。
誠一が告発を決意しなければ深田たちが恐れ戦くようなものでは無かっただろう。

おそらく、船曳は最初の伊田と渡部殺害の動機を個人的な復讐から長産銀の不正を正す為とすることで自分自身を騙したかったのではなかろうか。
大義名分に酔うことで罪の意識を軽減しようとしていたのだろう。

あくまで保身に発する行動。
だからこそ、城田の脅迫に屈した。

本当に長産銀を正そうとしているのならば、最初の時点で告発状の送り先は然るべき相手となるだろうし。
それにより証拠集めに奔走したに違いない。
目の前で殺されようとしている誠一も助けただろう。
その後も口を噤み続ける必要は無い。
誠一が語っていたように、刺し違えてでも深田を止めた筈だ。

これを恥じたからこそ、船曳はすべてが露見した後に自殺したのだろう。

こう振り返ってみると物語を覆う外周部分こそ飾り付けが多いですが、その中身は割と個人的な事情に終始していますね。
とはいえ、なかなかでした。

一方、浅見光彦シリーズについてですが、遂に「最後の事件」が!!
とはいえ、これにはある秘密が……こちらの動向も注目です。

内田康夫先生、浅見光彦最後の事件を手がける―――その名は『遺譜 浅見光彦最後の事件』(角川書店刊)!!

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

中村俊介
星野真里
長谷川朝晴
洞口依子
千賀健永(Kis-My-Ft2)
新井康弘
大高洋夫
山田明郷
勝部演之
長谷川哲夫
品川徹
榎木孝明
野際陽子 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ34 壺霊 華やかな京都に渦巻く悲劇…伝説の不幸の壺が呼ぶ恐怖の連続殺人!京女たちの怨念か?光彦の旅」(11月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査!W不倫が呼ぶ連続殺人 かじりかけのリンゴの謎!?」(9月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【信濃のコロンボシリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件 甦る鬼女復活祭!?愛の炎が結ぶ死のルートは1000年前の平家の道…滅亡と連鎖に隠された真実は瞬間移動劇?」(11月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

ドラマ原作「中央構造帯(上) (角川文庫)」です!!
中央構造帯(上) (角川文庫)





「中央構造帯(下) (角川文庫)」です!!
中央構造帯(下) (角川文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。