2014年12月05日

【2014速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2014」発表!!

「週刊文春ミステリーベスト10 2014」が発表されました!!

◆「週刊文春ミステリーベスト10 2014

各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」に繋がっています。

順位国内海外
満願その女アレックス
闇に香る嘘秘密
さよなら神様ゴーストマン 時限紙幣
小さな異邦人ハリー・クバート事件
虚ろな十字架もう年はとれない
絶叫養鶏場の殺人 火口箱
後妻業逃げる幻、ピルグリム123
怒りなし
オービタル・クラウド、機龍警察 未亡旅団ジャック・リッチーのあの手この手、地上最後の刑事
10なしなし


国内編1位は米澤穂信先生『満願』(新潮社刊)に。

米澤先生、おめでとうございます!!

満願』はノンシリーズの短編集。
此処に来て『早ミス』に続く2冠達成。
これは……3冠は手堅いか!?

2位には下村敦史先生『闇に香る嘘』(講談社刊)。
第60回江戸川乱歩賞受賞作(受賞時タイトルは『無縁の常闇に嘘は香る』)です。

第60回江戸川乱歩賞決定!!下村敦史先生『無縁の常闇に嘘は香る』に!!

3位は麻耶雄嵩先生『さよなら神様』(文藝春秋社刊)。
「神様シリーズ」続編です。
『早ミス』2位に続いての3位。
安定した支持を得ています。

4位は連城三紀彦先生『小さな異邦人』(文藝春秋社刊)。
連城先生は2013年に亡くなっており、その最後の作品が2014年に刊行されています。
その一作が本作。
なお、連城先生は同じ2014年に「第18回日本ミステリー文学大賞 特別賞」を受賞されています。

「第18回日本ミステリー文学大賞、同特別賞、新人賞」発表。栄冠は船戸与一先生、連城三紀彦先生、直原冬明先生に!!

5位には東野圭吾先生『虚ろな十字架』(光文社刊)がランクイン。
東野先生と言えば2015年にその著作『天空の蜂』の映画公開が決定しています。

『天空の蜂』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

6位には葉真中顕先生『絶叫』(光文社刊)。
葉真中顕先生は第16回「日本ミステリー文学大賞新人賞」受賞作『ロスト・ケア』にてデビューして2作目が本作となります。

第16回「日本ミステリー文学大賞新人賞」受賞作、葉真中顕先生『ロスト・ケア』が2013年2月15日発売!!

7位は黒川博行先生『後妻業』(文藝春秋社刊)。
2時間サスペンス「刑事・吉永誠一シリーズ」の作者である黒川博行先生は2014年に『破門』にて第151回直木賞を受賞されています。

金曜8時のドラマ「新・刑事吉永誠一」第4話「盲目の目撃者!!6歳が聞いた“悪の音”」(11月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

8位は吉田修一先生『怒り』(中央公論新社刊)。
吉田先生は映画「悪人」の原作者です。

日曜洋画劇場 特別企画「悪人」(2010年、日本)ネタバレ批評(レビュー)

9位は藤井太洋先生『オービタル・クラウド』(早川書房刊)と月村了衛先生『機龍警察 未亡旅団』(早川書房刊)が共にランクイン。
奇しくも同じ早川書房刊の作品が並びました。

さて、10位以内となりますが『早ミス』と被るのはわずか3作品。
『満願』『さよなら神様』『小さな異邦人』のみ。
他は此処に来て初登場の作品になりました。
去年も同様の傾向が見られましたが、なかなかに興味深い結果です。

さて、今後の注目ポイントは次の2点。

1.2冠を達成した『満願』が『本ミス』『このミス』にて3冠(4冠)に挑む。
2.『さよなら神様』(『早ミス』2位『文春』3位)と『小さな異邦人』(『早ミス』3位『文春』4位)がベスト10皆勤となるか?

果たして!?

そして、海外。

1位はピエール・ルメートル『その女アレックス』(文藝春秋社刊)。
『IN★POCKET』『早ミス』に続く1位で、早くも3冠達成!!
まさに破竹の快進撃、勢いは止まらない。
これは『このミス』を加えた4冠達成も視野に入って来たか!?

2位はケイト・モートン『秘密』。
『早ミス』に続く2位。
この順位は『その女アレックス』に及ばないまでも2014年発売作品での実力上位を示すものか。

3位はロジャー・ホッブズ『ゴーストマン 時限紙幣』。
『早ミス』に続く3位。
この順位は『その女アレックス』『秘密』に及ばないまでも2014年発売作品での実力上位を示すものか。

なんと、3位までは『早ミス』と同じとの結果に。
他はランキング上下の変動こそあれ『早ミス』と上がった作品はほぼ同じ。
これは評価が特定の作品に集中していたことを示します。

興味深かったのは去年の『HHhHプラハ、1942年』と同様にこれまでランキングに上がらなかった『ジャック・リッチーのあの手この手』がベスト10に入ったことか。
しかも、奇しくも『HHhHプラハ、1942年』と同じ9位。

では、残る『本ミス』『このミス』に向けての注目ポイント。

まず、何と言っても『その女アレックス』の4冠達成なるか!?

さらに、次の作品の10位以内皆勤なるか!?

『もう年はとれない』(『IN★POCKET』4位『早ミス』5位『文春』5位)
『逃げる幻』(『IN★POCKET』5位『早ミス』6位『文春』7位)

『もう年はとれない』と『逃げる幻』の2作はバランスの良い作品と呼んで差支えなさそうです。

全体的に上位はどのランキングも同じと言うことで票が集中しています。
残る『本ミス』『このミス』も同様の流れになるか注目です!!
以上、速報でした。

◆【2014速報】現在までのランキング
【2014速報】『ミステリが読みたい!2015年版』発表!!

【2014速報】「IN★POCKET 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 2014」発表!!

◆関連過去記事
2014年(2013年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【2013速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2013」発表!!

【2012速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2012」発表!!

【2011速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2011」発表!!

【速報】「週刊文春ミステリーベスト10 2010」発表!!

「週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊」です!!
週刊文春傑作ミステリー・ベスト10―最強の300冊





「東西ミステリーベスト100 (文春文庫)」です!!
東西ミステリーベスト100 (文春文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。