2015年01月08日

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「被害者、加害者、目撃者」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「被害者、加害者、目撃者」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
森羅:主人公。C.M.B.の指輪の主。多大な影響力を持つ。
七瀬立樹:森羅のパートナー。身体を動かすことが得意。

清川:立樹の母方の祖父。立樹が通う高校の理事長。

耳下花男:鞄の持ち主を主張する男性。
眉口瞳:鞄の持ち主を主張する女性。

<91話あらすじ>

清川と共に初詣に訪れた森羅と立樹。
森羅が「お雑煮」に心を躍らせる中、立樹は「ある光景」を目撃してしまう。

人波から外れた境内の森の中で、何やら2人が揉めているのだ。
どうも鞄を中心に取り合いをしているようである。

「放して」と叫ぶ女性の声に立樹は我に返り現場に駆け付けた。
ところが……其処には誰も居ない。
ただ、中央にポツンと鞄が落ちていた。

引ったくりの可能性を思い浮かべた立樹は警察に通報。
直後、自分こそが鞄の主だと名乗る男性が現れる。

男の名は耳下花男。
鞄の持ち主である証拠に男物の財布に3000円が入っていると言う。

ところが、もう1人持ち主を名乗る女性が現れた。

女性の名は眉口瞳。
鞄の持ち主である証拠に女性用のポーチが入っていると言う。

鞄の中身を確認すれば、いずれが持ち主かはすぐに明らかになると思われたが……。

なんと、鞄の中には「男物の財布に入った3000円」と「女性用のポーチ」が共に入っていたのである。
これに対し、耳下は「ポーチは同棲中の彼女のもの」、瞳は「男物の財布は父からプレゼントされたもの」と主張する。
これではどちらが持ち主か分からない。

其処で別々に鞄が本人である証拠を告げさせることに。
ところが、これも上手く行かない。
なんと、共に「鞄の持ち手に傷がある」と主張し実際に確認されたのである。

なんとも不可解な状況に立樹は森羅に意見を求める。
ところが森羅はどうにもやる気がない様子。
ただ、2人が隠し事をしていることを明かす。

この森羅の助言に沿い、改めて2人から事情を聞いたところ意外な事実が発覚する。
なんと、2人は元恋人だったのである。

まず、耳下の供述はこうだ。

耳下は教育課程を勉強中の苦学生。
常にバイトに追われる身だそうだ。
瞳とは同棲していたのだが、そんな耳下に瞳が愛想を尽かし部屋から追い出されたのだと言う。
今では、別の同級生の女性と同棲しているらしい。

続いて、瞳の供述はこうだ。

確かに耳下は教育課程の学生。
だが、苦学生どころか遊び呆けては瞳から金を無心していた。
最近では、勝手に財布から金を盗んでいたらしい。
これについては黙認していたのだが……。
先日になって帰宅したところ耳下の浮気現場に遭遇。
堪忍袋の緒が切れた為に、パンツ一丁の裸で追い出したらしい。

共に一歩も退かない耳下と瞳。
これを聞いていた森羅は「どちらでもいいよ」と全くやる気を見せない。
結局、その場は耳下も瞳も引き下がることとなった。

納得がいかない様子の立樹は森羅の怠慢ぶりを責めるが……。
森羅は既に手を打っていると言う。

それから数時間後、銀行のCD機前に現れた耳下が身柄を確保された。
これを聞いた森羅は今回の事件について語り出した。

森羅は早々に鞄の持ち主を判断していたらしい。
ポイントは2つ。

まず、耳下が「財布に3000円入っていた」と断言したこと。
一度は奪われた鞄である。
金額が3000円だと断言出来たのは犯人が手を付けていないことを知っていたからである。

そして、何より鞄の中身だ。
ポーチの中は化粧品であった。
その口紅の色が瞳のものと同じだったのだ。

耳下の狙いは瞳のキャッシュカードだった。
耳下は同級生の彼女との浮気現場をわざと瞳に目撃させパンツ一丁で追い出させた。
此の時点で、耳下は何も持っていない。
だが、その少し前に鞄に瞳のキャッシュカードを隠していたのだ。
そしてタイミングを計って瞳から鞄を奪おうとした。
この際にキャッシュカードを入手すると鞄はすぐに瞳に返却する。
そうすれば、瞳は鞄の中の財布やポーチを確認し「何も盗られていない」と安心する筈だ。
それこそが耳下の計画だったのである―――エンド。

<感想>

「月刊少年マガジン」2015年2月号掲載「91話 被害者、加害者、目撃者」です。

今回のキャラ名は「顔の部位」ですね。
「耳」「下(舌)」「花(鼻)」男と「眉」「口」「瞳」。
おそらく年始1回目で「福笑い」からの連想でのネーミングかな!?
なかなかの遊び心です。

ちなみに内容ですが、謎それ自体や導入部分は物凄く魅力的なんだけど、結末に問題があるかなぁ。

耳下は「瞳に耳下がキャッシュカードを盗み出したことを気付かれない為にトリックを弄した」ワケです。
だが、このキャッシュカードが何時盗み出された物か確認を取っていない限りは同棲時に耳下が持ち出した可能性は何処までも残るワケで……ほぼ犯行は無意味。
さらに、確認を取っている限りは犯行は物理的に不可能だし。
正直、浮気現場を見せてパンツ一丁で追い出されるほどのメリットを感じない。

導入から中盤部分までが秀逸だっただけに此の点がモヤモヤしたかな。

ちなみに、あらすじでは良さを伝え切れてません。
本作自体を読むべし!!

◆関連過去記事
【「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」シリーズ】
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年6月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年7月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年8月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録(「月刊少年マガジン」2012年9月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 67話 ガラスの楽園・前篇(「月刊少年マガジン」2012年10月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 68話 ガラスの楽園・後編(「月刊少年マガジン」2012年11月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 69話「螺旋の骨董品店」(「月刊少年マガジン」2012年12月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 70話「4枚目の鏝絵」(「月刊少年マガジン」2013年1月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 71話「足摺厚焼き卵店」(「月刊少年マガジン」2013年2月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 72話「Nobody」(「月刊少年マガジン」2013年3月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 73話「グラウンド」(「月刊少年マガジン」2013年4月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録 74話「二笑亭」(「月刊少年マガジン」2013年5月号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第75話「ダイヤ泥棒」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年6月号」掲載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第76話「レース」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第77話「掘り出し物」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第78話「バッグ ストーリー」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第79話「その朝、8時13分」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第80話「香木」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第81話「ゴンドラ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第82話「ライオンランド(前篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年2月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第83話「ライオンランド(後篇)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年3月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第84話「兆し sign」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年4月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第85話「アステカのナイフ」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年5月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第86話「爆破予告」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第87話「幸運」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年8月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第88話「キジムナー」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年9月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第89話「空き家」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第90話「プラクルアン」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年11月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第91話「ホリデー(前編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2014年12月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」第92話「ホリデー(後編)」(加藤元浩作、講談社刊「月刊少年マガジン 2015年1月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「C.M.B.番外編 M.A.U. “ブラック・マーケットの魔女”の事件目録 箪笥の中の幽霊」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【「Q.E.D.証明終了」シリーズ】
「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年3号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了(「月刊少年マガジン+(プラス)」2012年4号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 金星(「月刊少年マガジン+(プラス)」2013年5号掲載分)」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス)」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 初恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年7月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 失恋」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年6号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 巡礼」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン 2013年10月号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 陽はまだ高い」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2013年7号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「Q.E.D.証明終了 代理人」(加藤元浩著、講談社刊「月刊少年マガジン+(プラス) 2014年8号」連載)ネタバレ批評(レビュー)

2013年6月発売「C.M.B.森羅博物館の事件目録(23) (月刊マガジンKC)」です!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(23) (月刊マガジンKC)





2013年6月発売「Q.E.D.証明終了(45) (月刊マガジンKC)」です!!
Q.E.D.証明終了(45) (月刊マガジンKC)





「C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (月刊マガジンコミックス)」です!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (月刊マガジンコミックス)





「C.M.B.森羅博物館の事件目録 コミック 1-19巻 セット (講談社コミックス月刊マガジン)」です!!
C.M.B.森羅博物館の事件目録 コミック 1-19巻 セット (講談社コミックス月刊マガジン)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。