2015年02月12日

「サイレーン」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

「サイレーン」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)まとめです。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
里見偲:男性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の猪熊と恋人同士。31歳。
猪熊夕貴:女性。警視庁機動捜査隊所属。相棒の里見と恋人同士。
橘カラ:女性マネージャー急性アルコール中毒死(実は他殺)の犯人。猪熊に興味を持つ。
渡:猪熊の寮の向かいに住む。カラを家に置くこととなった。
月本:美容整形外科医。実は高級売春クラブ「フルムーン」のオーナー。カラに正義執行される。
乃花:カラの元同僚。不倫の恋に生きていたがカラに殺害される。
千歳:生活安全課所属。
レナ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
アイ:里見が潜入捜査を行った先の関係者。
盛元:テレビ局有名アナウンサー。
田沢麻弥:月本のもとへ出入りしていた少女。カラの犯行を目撃し襲われるも一命を取り留めた。
倉本:入院した田沢麻弥の担当女医。
三河くん:月本の部下。
高槻とおる:5年前に発生した薬局店息子殺人事件の被害者。
時田:捜査一課未解決事件係の刑事。猪熊の先輩。
舞川:5年前からのカラの常連客。

<あらすじ>

里見偲と猪熊夕貴は「警視庁機動捜査隊」通称「キソウ」に所属する刑事である。
同時に2人は恋人同士でもあった。

そんなある日、キャバクラの女性マネージャー変死事件が発生。
里見たちはこの現場に駆け付け、不思議な女性・カラと出会う。
実はカラこそが、この事件の犯人であった。

カラは猪熊が持つ正義感に興味を抱き、これに執着。
独自に近付いて行く……。

カラに不穏な空気を感じる里見はこれを警戒。
だが、猪熊はこれに心を許してしまう。
結果、2人の仲は拗れてしまう。

そんな中、カラが猪熊を襲撃する。
実はカラには「殺害した相手の特徴を自身のものに出来る」との信念があった。
カラは猪熊の正義感を欲したのだ。

こうして監禁された猪熊。
里見は猪熊を助けるべく駆け回り、これを救出。
だが、直後にカラに昏倒させられる。
しかし、このチャンスを見逃す猪熊では無かった。

カラと対峙した猪熊は信念に拘る余り自身を喪失したカラの矛盾を指摘。
此処にカラは自我を崩壊させ逮捕されることに。

しかし、この一連の流れが尚更にカラを猪熊への執着に導く。
一方、猪熊はカラのルーツを辿り、彼女が「本物のカラ」を殺害し名を騙っていたことを突き止める。

矢先にカラが脱走。
猪熊との最期の対決に至る。

カラにそのルーツを投げかけた猪熊。
カラは失っていた自身を取り戻し、獄中へと戻るのであった―――「サイレーン」完。

<感想>

「橘カラを名乗る悪女」を里見と猪熊のカップルの視点で描いた作品。
「如何にしてカラが生まれ、如何にして生きるのか」が語られている。
すなわち、作品自体は完結したがカラの戦いは未だに終わっていないのである。
此の点は読者の想像の余地に委ねられたと言うべきでしょう。

そんな本作「サイレーン」は2013年4月にスタート、実に1年半の連載に。
毎週、次の展開にドキドキしながら読み続けた1年半、楽しかった!!
なお、最終7巻が2015年3月23日に発売予定。
ファンはチェックすべし!!

では此処で、最終話の批評(レビュー)でも述べましたが改めて。
山崎紗也夏先生、お疲れ様でした。
次の連載も心待ちにしてます。

ちなみに、山崎先生と言えば『七瀬ふたたび』のコミカライズでも知られる方です。

「七瀬ふたたび」(筒井康隆著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
「サイレーン」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)第1話から第70話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「サイレーン」第71話「会って、話を…」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」第72話「淋しき殺人鬼」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」第73話「記念碑」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「サイレーン」最終話(第74話)「また、会って…」(山崎紗也夏作、講談社刊「週刊モーニング」連載)ネタバレ批評(レビュー)

キンドル版「[まとめ買い] サイレーン」です!!
[まとめ買い] サイレーン





「サイレーン(1) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(1) (モーニングKC)





「サイレーン(2) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(2) (モーニングKC)





「サイレーン(3) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(3) (モーニングKC)





「サイレーン(4) (モーニングKC)」です!!
サイレーン(4) (モーニングKC)





「サイレーン(5) (モ-ニングKC)」です!!
サイレーン(5) (モ-ニングKC)





「サイレーン(6) (モ-ニングKC)」です!!
サイレーン(6) (モ-ニングKC)





「サイレーン(7) (モ-ニング)」です!!
サイレーン(7) (モ-ニング)





「レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)」です!!
レンアイ漫画家(5)<完> (モーニング KC)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。