2015年01月15日

今、ツナミノユウ先生『つまさきおとしと私』が面白い!!

本日は、管理人が「これが面白い!!」と思った漫画作品について語りたいと思います。

それが『つまさきおとしと私』。
なんと、1話が2ページほどの短編漫画です。

作者はツナミノユウ先生。
ツナミノユウ先生は、人に注目されると放電してしまう少年が主人公の『隠慎一郎の電気的青春』(単行本全1巻)、ヒーローが継子に好かれようと奮闘する姿を描く『彗星継父プロキオン』(単行本全3巻)の作者。
2015年1月現在は『月刊モーニングtwo』誌上にて、カフカ『変身』のように蝉に変身してしまった会社員の生活をコミカルに描く『蟬丸残日録』を連載中。

まさに奇才と呼べる方。

そして今回、管理人がご紹介したい漫画『つまさきおとしと私』。
本作は「余った靴のつまさきを斬り落とす妖怪・つまさきおとしのとし君」と「そんなとし君と出会った少女・長妻咲」の物語。

こう書くと「となりのトトロ」的な心温まるストーリーが頭に浮かびますが、甘い。
それはコーラにチョコレートを溶かし込みスティックシュガーを加えたほどに甘い。

チャッ、チャッ、チャッ、チャッチャッチャッチャチャー(「奥様は魔女」のテーマ)。

少女の名は咲、妖怪の名はとし君。
あまり普通ではないふたりは、衝撃の出会いを遂げ、抜き差しならない関係に陥りました。
なんと困ったことに、奥様……ならぬ咲は「ヤンデレ」だったのです!!(此処まであの名調子で)

でもって此処に1つ加えると、とし君はシャイボーイ。
果たしてどうなったか。

とし君と出会った咲は彼に強い思い入れを抱き「見守る」との名目で「ストーキング」を始めます。
当初こそ、これに抵抗していたとし君だったのですが……やがて、それが快感に!?
負けるな、とし君。今日も咲に狙われているぞ!!

そんなとし君の心の安否と共に取り上げられる「あるある」の数々。
例えば「返却口の無いファーストフード店では食べ終わった客がトレイを手に彷徨うことになる」。
例えば「ホームで別れた知人と対向するホーム越しで目を合わせると気まずい」。
などなど、とりあえず例として出しましたがこれらがさらに捻りを効かせて用いられています。

さぁ、此処までを目にしたあなたならきっと本作に興味をお持ちの筈。
本『つまさきおとしと私』が連載されているのはネットニュースサイトの「ねとらぼ」さん。
毎週日曜日午後に更新中です。
ちなみに1話だけではなく17話くらいまで通して読むと本作がさらに深く味わえます。
興味を持たれた方は『つまさきおとしと私』で検索だ!!

2015年5月30日追記

『つまさきおとしと私』が2015年7月23日にコミックス化されるとのこと。
詳細は次の通り、注目です!!

ツナミノユウ先生『つまさきおとしと私』が2015年7月23日に遂にコミックス発売!!『蝉丸残日録』も同時発売とのこと!!

追記終わり


遂にコミックスに!!
2015年7月23日(木)発売「つまさきおとしと私: KCx」です!!
つまさきおとしと私: KCx





こちらも2015年7月23日(木)発売「蝉丸残日録(1): モ-ニング」です!!
蝉丸残日録(1): モ-ニング





ツナミノユウ先生による「彗星継父プロキオン(1) (KCx(ITAN))」です!!
彗星継父プロキオン(1) (KCx(ITAN))





「彗星継父プロキオン(2) (KCx(ITAN))」です!!
彗星継父プロキオン(2) (KCx(ITAN))





「彗星継父プロキオン(3)<完> (KCx(ITAN))」です!!
彗星継父プロキオン(3)<完> (KCx(ITAN))





キンドル版「隠慎一郎の電気的青春(1)」です!!
隠慎一郎の電気的青春(1)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。