2015年02月15日

第15回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)ノミネート発表!!

第15回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)ノミネートが発表されました。
候補作は次の通りです。

【第15回本格ミステリ大賞小説部門候補作】
・『黒龍荘の惨劇』岡田秀文(光文社)
・『さよなら神様』麻耶雄嵩(文藝春秋)
・『冷たい太陽』鯨統一郎(原書房)
・『フライプレイ!』霞 流一(原書房)
・『僕の光輝く世界』山本 弘(講談社)

【第15回本格ミステリ大賞評論・研究部門候補作】
・『アガサ・クリスティー完全攻略』霜月蒼(講談社)
・『大癋見警部の事件簿』深水黎一郎(光文社)
・『路地裏の迷宮踏査』杉江松恋(東京創元社)
・『情報化するミステリと映像』渡邉大輔(青土社『ユリイカ 8月臨時増刊号 総特集 シャーロック・ホームズ』掲載)
・『ループものミステリと、後期クイーン的問題の所在について』小森健太朗(南雲堂『本格ミステリワールド2015』掲載)
(両部門共に敬称略)


まずは「小説部門」。
こちらは何と言っても麻耶雄嵩先生『さよなら神様』に注目です。

『さよなら神様』(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

他には岡田秀文先生『黒龍荘の惨劇』か。

基本「本格ミステリ大賞」は『本格ミステリ ベスト10』で10位以内の作品が受賞する傾向があり、今回もこれに倣うとすればこのいずれかの可能性が高いと思われますが……果たして。
もちろん、他の3作も侮れません。

2015年(2014年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

一方の「評論・研究部門」。

何と言っても目を惹くのは深水黎一郎先生『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』。
この作品については過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。
本作は「バールストン先攻法」と「リドル・ストーリー」など、ミステリのトリックやお約束をテーマに作中に反映させた作品。
読んで行くうちにミステリに詳しくなる上に実例集としての機能も備えています。
おそらく、その点が高く評価された故のノミネートではないでしょうか。

『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』(深水黎一郎著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

そんな『大癋見(おおべしみ)警部の事件簿』ですが、早くも表現法に工夫を凝らした新シリーズが始まっています。
こちらも注目!!

『ある音楽評論家の、註釈の多い死(※1)』(深水黎一郎著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2014冬』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

他には霜月蒼先生『アガサ・クリスティー完全攻略』、杉江松恋先生 『路地裏の迷宮踏査』からも目が離せない。

果たして、どの作品が受賞するのか。
結果や如何に!!

◆関連過去記事
第14回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)発表!!栄冠はどの作品!?

第13回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)発表!!栄冠はどの作品!?

第12回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)発表!!栄冠はどの作品!?

【速報】第12回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)ノミネート発表!!

第11回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)発表!!栄冠はどの作品!?

第11回「本格ミステリ大賞」(小説部門、評論・研究部門)ノミネート作品発表!!

第10回本格ミステリ大賞(小説部門、評論・研究部門)ノミネート作品発表!!

第10回本格ミステリ大賞発表!!

本格ミステリ大賞の歴史がこの一冊に凝縮!!
「本格ミステリ大賞全選評 2001〜2010(第1回〜第10回)」です!!
本格ミステリ大賞全選評 2001〜2010(第1回〜第10回)





「路地裏の迷宮踏査 (キイ・ライブラリー)」です!!
路地裏の迷宮踏査 (キイ・ライブラリー)





キンドル版「アガサ・クリスティー完全攻略」です!!
アガサ・クリスティー完全攻略





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。