2015年03月18日

月曜ゴールデン「新 法廷荒らし 猪狩文助 〜終の棲家〜あの弁護士・猪狩文助が帰って来た!“法廷荒らし”と呼ばれるその老獪な弁術で、老人ホーム経営者一族に隠された、愛と憎しみを暴きだす!二転三転する裁判の行方は?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「新 法廷荒らし 猪狩文助 〜終の棲家〜あの弁護士・猪狩文助が帰って来た!“法廷荒らし”と呼ばれるその老獪な弁術で、老人ホーム経営者一族に隠された、愛と憎しみを暴きだす!二転三転する裁判の行方は?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

猪狩文助(柄本明)は、一見するとうだつの上がらない偏屈な老人だが、実は“法廷荒らし”の異名をとる凄腕弁護士だ。
ある日、猪狩と新人弁護士の夏目理恵子(舞羽美海)は、医師・笹山克典(金子昇)の弁護を引き受けることになった。笹山が嘱託医を務める老人ホームの理事長・香原周一郎(大河内浩)が、ガソリンの混入された石油ストーブを使用した末に焼死。その現場に居合わせた笹山に殺人の容疑がかけられたのだ。笹山は当初犯行を自白したが、その後容疑を否認した。
殺された周一郎と妻の真紀枝(中島ひろ子)は夫婦関係がうまくいっておらず、周一郎は真紀枝や血のつながっていない娘の真咲(柴田杏花)に度々暴力を振るっていた。担当検事の池波遼子(草刈民代)は、真咲の家庭教師も務めていた笹山がそのことに同情し、犯行に及んだと主張する。
池波は同ホームの事務長である野口正治(越村友一)を証人として召喚。野口は笹山の犯行を裏付ける証言をするが、猪狩は“廷荒らし”という名にふさわしく、徐々に裁判での主導権を握っていく。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、あらすじと重複あり)

猪狩文助は「法廷荒らし」の異名を持つ凄腕弁護士。
意外な方向から切り込んだかと思うと、あれよあれよと言う間に真相を暴き出すのだ。
無実の依頼者にとってはこれほど頼り甲斐があり、真犯人にとってこれほど恐ろしい相手も居ないだろう。

今日も今日とて猪狩はリフォームトラブルの被害者側に立ち悪徳業者を懲らしめていた。

そんな猪狩の事務所には彼を師と仰ぎつつ、どうも素直では無い夏目理恵子弁護士が在籍している。
理恵子は恋多き女性で、いつも事件の関係者に恋をしては破れて落ち込む悪癖がある。

そんな理恵子が今回も恋をした、相手は医師の笹山克典である。
なんとも心配で堪らない猪狩だが、それをおクビにも出さずに見守っていたところ予想通りの展開に。

笹山が嘱託医を務めていた老人ホームの理事長・香原周一郎が殺害され、この容疑で逮捕されてしまったのだ。
香原は、何者かが故意にガソリンを混入した石油ストーブを用い焼死してしまっていた。
当然、理恵子が弁護を引き受けることに。

ところが、笹山は容疑を認めてしまう。
どうやら、誰かを庇っているようである。

そして始まった法廷。
相手はこれまた凄腕の検事として知られる池波遼子である。
依頼人の真意を掴めず太刀打ちできない理恵子が困惑する中、遂に弟子の窮地を見かねた猪狩が立ち上がる。

笹山の周囲を調べた猪狩は新事実を掴む。
笹山は香原の妻・真紀枝と元恋人の関係にあり、真紀枝は先代理事長の娘であり婿である香原とは上手く行っていなかった。
其処で彼女が香原を殺害したと勘違いし庇っていたのだ。
こうして、笹山の真意は判明したが理恵子はまたも恋に破れることに。

さらに、猪狩は老人ホーム内の人間関係に注目する。
理事長は被害者である香原周一郎。
事務長の野口正治は香原に反発していたらしい。

そして、香原はホームの入居者たちにも嫌われていた。
例えば、先代理事長と友人であった今西平三などはその急先鋒であった。
一方で、今西は介護士の久世栄美子に強い好意を寄せていた。

他にも、老人ホーム周辺には例の悪徳リフォーム業者の影がちらついて……。

そんな中、野口が不審死を遂げてしまう。
自殺とされたそれだが、猪狩は真犯人による口封じと見当をつける。

悪徳リフォーム業者が老人ホームの乗っ取りを企んでいたことが判明。
とはいえ、何の権利も持たない彼の立場では不可能な筈である。

矢先、猪狩は今西が鍵を握っていると睨み、これに接近し真実を聞き出す。

そして、公判にていよいよ猪狩が「法廷荒らし」の異名に相応しい活躍を開始する。

猪狩が証言台に呼んだのは今西である。
今西は驚くべき事実を明かす。
なんと、先代理事長には隠し子が居たのだ。
それこそ栄美子であった。

栄美子にも老人ホームを相続する権利があったのである。
悪徳業者はこれを知って栄美子に近付き手を組んだらしい。
先代の友人である今西はこれらを知りつつ栄美子の立場を想い庇っていたのだ。

こうして事件の新たな側面を発掘した猪狩。
つまり、動機は「香原への恨み」ではなく「老人ホームの乗っ取り」だったのである。
だからこそ、事務長である野口も殺害されたのだ。

すなわち、犯人は栄美子と悪徳業者だ。
もっとも、栄美子によれば野口も共犯の1人だったようだが口封じしたそうだ。
こうして、今西の告発を受けて全てを認めた栄美子の供述により事件は解決したのであった―――エンド。

<感想>

あの「法廷荒らし 猪狩文助」が新シリーズとして帰って来ました。
これまで猪狩文助役には、いかりや長介さんや藤田まことさんが演じてこられましたが、今度の猪狩文助は柄本明さんです。
これはシリーズ化に期待でしょう!!

「法廷荒らし 猪狩文助」がテレビに帰って来た!!その名も「新 法廷荒らし 猪狩文助」、主演は柄本明さんとのこと!!

そんな「新 法廷荒らし 猪狩文助」シリーズ第1弾。
原作は和久峻三先生「告発弁護士シリーズ」の1作『葡萄色の血の女』(徳間書店刊)。
興味のある方はアマゾンさんへのリンクを用意しているのでそちらをどうぞ!!

さて、ドラマ版の感想を。

移動しながらの視聴となってます。
大筋に相違ないと思いますが、念の為にご注意を!!

全体的に「いかりや長介さん版猪狩文助」の雰囲気を継いだ作品となりましたね。
作品イメージや展開なども含めて、旧シリーズを思い起こさせる出来でした。
ただ、その為に「猪狩文助を柄本さんが演じる」と言うよりは「いかりや長介さんが演じられていた猪狩文助というキャラを柄本明さんが演じられていた」印象。
それだけに「いかりや長介さん版猪狩文助」の続編として見れば十分に合格点ではあるものの「柄本明さん版猪狩文助」の新作第1弾として見ると些か不満が残るか。

何より「いかりや長介さんが演じられていた猪狩文助」は「本当に規格外」な印象だったけど、柄本さんは「飄々とした中にも真面目さが残る」ので違和感があったかなぁ。
あくまでソレも含めて「柄本さん版の猪狩文助」が視たいと思っていただけにこれは少し残念だったかも。

とはいえ、まだまだシリーズ第1弾。
シリーズ続編に期待です!!

◆関連過去記事
【赤かぶ検事奮戦記シリーズ】
月曜ゴールデン「赤かぶ検事奮戦記5 職業は愛人!!怪しい女の溺死は老資産家の金を巡る殺人か?鍵を握る少年と育児放棄母 貧しい祖母は万引犯…怒る人情検事の決断」(2月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「赤かぶ検事奮戦記4 焼死体が招く殺人連鎖…美しき女サギ師とダマされた老人をつなぐ愛憎と狡猾トリック!京都を愛する人情検事瞳に映る哀しき真実」(12月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 赤かぶ検事奮戦記3「新婚初夜の殺人事件…新婦の憂い顔に隠された秘密…血まみれ包丁に驚愕のトリックが!京都の人情検事が涙する完全犯罪の動機は」(11月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 赤かぶ検事奮戦記2−悪女の証言−「京都未亡人殺し裁判…父は検事で娘は弁護人火花散る父娘対決!証言台に立った被告の妻がひた隠す真実は?夫を裏切り悪女と化したその理由は」(10月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

実は中村梅雀さん版は連続ドラマ化もされていました。

水曜劇場「赤かぶ検事 京都編 名物検事登場…正義人情の法廷サスペンス決定版…不思議な誘拐…幼児が2度消えた?犯人だけ自首?証人が死んだ?謎が謎を呼ぶ冬の古都…初回2時間スペシャル」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【芸者弁護士 藤波清香シリーズ】
月曜ゴールデン「芸者弁護士 藤波清香 スーツも和服も見事に決める!腕利き美人弁護士が夜の京都で艶やかに大変身!裁判員制度に潜む闇をお座敷から暴く!」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

猪狩文助:柄本 明

池波遼子:草刈民代

東野春樹:宅間孝行
夏目理恵子:舞羽美海
久世栄美子:小林綾子
香原真紀枝:中島ひろ子
香原真咲:柴田杏花
笹山克典:金子 昇
山谷春男:仲本工事
香原周一郎:大河内 浩
野口正治:越村友一
原田節子:長内美那子
宮部佐和子:瀬奈じゅん

有川光代:松金よね子

今西平三:米倉斉加年 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


ドラマ原作「葡萄色の血の女 (徳間文庫)」です!!
葡萄色の血の女 (徳間文庫)





いかりや長介さん版「弁護士 猪狩文助 DVD-BOX」です!!
弁護士 猪狩文助 DVD-BOX





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。