2015年04月12日

【「Project Itoh」いよいよ始動】第1弾は伊藤計劃先生『虐殺器官』、『ハーモニー』がコミカライズ!!

伊藤計劃先生『虐殺器官』(早川書房刊)『ハーモニー』(早川書房刊)『屍者の帝国』(河出書房新社刊)の3作の劇場アニメ化を予定した「Project Itoh」。
その皮切りとして『虐殺器官』と『ハーモニー』がコミカライズされました。
しかも連載だそうです。

ちなみに原作となった『虐殺器官』、『ハーモニー』と『屍者の帝国』のあらすじは次の通り。

<『虐殺器官』あらすじ>

9・11以降の"テロとの戦い"は転機を迎えていた。
先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。
米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……

彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす"虐殺の器官"とは? 
現代の罪と罰を描破する、ゼロ年代最高のフィクション
(早川書房公式HPより)


<『ハーモニー』あらすじ>

21世紀後半、〈大災禍(ザ・メイルストロム)〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。
医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する"ユートピア"。
そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した――

それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、ただひとり死んだはすの少女の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。
(早川書房公式HPより)


<『屍者の帝国』あらすじ>

屍者化の技術が全世界に拡散した一九世紀末、英国秘密諜報員ジョン・H・ワトソンの冒険がいま始まる。天才・伊藤計劃の未完の絶筆を盟友・円城塔が完成させた超話題作。日本SF大賞特別賞、星雲賞受賞。
(河出書房新社公式HPより)


まさにフィクションに包みつつ、現在社会の病理に鋭く切り込んだその作風が魅力の作品群。
そんなコミカライズが連載開始されたのは『月刊ニュータイプ 2015年5月号』(角川書店刊)。
『虐殺器官』と『ハーモニー』の1話が並行して開始です。

それぞれ作画は『虐殺器官』を麻生我等先生、『ハーモニー』を三巷文先生が担当。
めくるめく魅力的な原作を彩ることに。

3作の劇場版含めて注目の作品だけに『月刊ニュータイプ』を見逃すなかれ!!

コミカライズ連載が開始された「月刊ニュータイプ 2015年 05 月号」です!!
月刊ニュータイプ 2015年 05 月号





「虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)」です!!
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)





キンドル版「虐殺器官 ハヤカワ文庫JA」です!!
虐殺器官 ハヤカワ文庫JA





「ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)」です!!
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)





キンドル版「ハーモニー ハヤカワ文庫JA」です!!
ハーモニー ハヤカワ文庫JA





「屍者の帝国 (河出文庫)」です!!
屍者の帝国 (河出文庫)





キンドル版「屍者の帝国 河出文庫」です!!
屍者の帝国 河出文庫





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。