2015年04月18日

これでミステリの可能性も広がる!?空を飛ぶ「ドローン」に注目せよ!!

「器械トリック」という言葉をご存知でしょうか。
これは、例えば「糸と針を用いて密室を作った」とかのアレのことです。
言わば「物理トリック」と呼んで差支えないかと思います。

ちなみに、管理人は個人的に器械トリックはそれほど好みではありません。
どちらかと言えば「人間の思い込みが生むサプライズ」が好きなのでそういった思い違いや勘違い(誤認)が活かされたトリックの方が好みだったりします。

とはいえ、「ミステリ」を語るには「器械トリック」を外せないことも大きな事実。
なにしろ、これを用いた作品は意外と多い。

例えば世に云う密室物で物理トリックを用いたものの大半はコレになります。
他にも、当時の最先端の技術を用いたトリックもコレと言えるでしょう。

例として挙げるならアガサ・クリスティーの某作における蓄音機。
他にも転送電話や留守番電話によるアリバイ工作などもそうですね。

携帯電話など技術の発展がミステリの幅を狭めたと言われていますが、その反面で時の技術革新が新たなトリック創造に寄与することもあるのです。

というワケで、今回の「ミステリ小説の種」はそんな「器械トリック」に貢献しそうな商品のご紹介。
それがコレ、「ドローン」です。

もうご存知の方も多いかと思いますが「ドローン」とは「無人の飛行体や車両」のこと。
中でも此処で言う「ドローン」とは飛行用の手軽なタイプの物を指しています。
この「ドローン」、アマゾンさんで購入可能で価格も5000円台から始まっています。

では、この「ドローン」をどのようにトリックに用いるのか。
ドローンの特徴は安定した飛行とカメラ機能を備えていることが多い事。
これにより「ドローン」の視点で操作することが可能になっています。
だとすると……。

例えば、ドローンを用いて建物と建物の間にロープを這わせるとか。
例えば、ドローンを用いて人が出入り出来ないくらい小さな窓を経由して鍵を室内に戻し密室を作るとか。

うむむ、例を挙げてみましたがどうにもしっくりきませんね。
むしろ、捜査側が捜査対象を上方から調べたり、空から立て籠もり犯の様子をそっと窺ったりとかの方が実用性が高そうだ。
例のような直球での用い方だと某香月君のように読者から批判が集中しそうだし……。
どなたか、この画期的なドローンを活かし稀代の名作に挑んでみては如何でしょうか!?

ちなみに、どちらかと言えば手軽に「雲じい体験」が出来るとかの方が有用性が高そうだ。
というワケで、かなり不完全燃焼気味ですが久しぶりの「ミステリ小説の種」でした〜〜〜。

「【空撮】初心者でも簡単操作、カメラ搭載クアッドコプター!上下左右360度ターンを決めろ!Skytech M62」です!!
【空撮】初心者でも簡単操作、カメラ搭載クアッドコプター!上下左右360度ターンを決めろ!Skytech M62





「【高画質 カメラ搭載 4chクアッドコプター+2GB SDカード】 ラジコン ヘリコプター 空撮 動画 TV 再生【曲芸飛行でド迫力空撮映像が撮れる】」です!!
【高画質 カメラ搭載 4chクアッドコプター+2GB SDカード】 ラジコン ヘリコプター 空撮 動画 TV 再生【曲芸飛行でド迫力空撮映像が撮れる】





「Syma X5C-1 2.4GHzの6軸ジャイロRCクワッドロータードローンUAV RTF UFO200万画素HDカメラ付き」です!!
Syma X5C-1 2.4GHzの6軸ジャイロRCクワッドロータードローンUAV RTF UFO200万画素HDカメラ付き





「Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (レッド)」です!!
Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (レッド)





「Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター スカイコントローラーセット (レッド)」です!!
Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター スカイコントローラーセット (レッド)





ラベル:ドローン
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ小説の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。