2015年04月19日

【気になる漫画】まさかのメガネミステリー!?松本救助先生『メガネ画報』(芳文社刊)が面白い!!

なんだかとっても気になる漫画を見つけました。
それが、松本救助先生『メガネ画報』(芳文社刊)。

表紙からして「主人公らしき凛とした少女が片手で眼鏡を持ち上げる仕種がアップで描かれている」キャッチーなものですが、そのあらすじもなかなかに興味深い。
結論から述べると「メガネミステリー」だそうです。

<あらすじ>

商店街の片隅にあるメガネ店、〈佐藤眼鏡堂〉。祖父に代わって店番をしている女子高生・花子はメガネに対する愛情が常軌を逸していたが、ひょんなことから警察の捜査協力をすることに…。現代人の心の視界がゆがんだ時、そこには必ずメガネあり!
(公式HPより)


このあらすじに興味を惹かれてさらに調べたところ「女子高生・佐藤花子が、メガネに対する豊富な知識を見込まれ警察の捜査に協力するメガネミステリー」との文言が。

「メガネミステリー」!!

なに、なに、なに〜〜〜〜〜。
ナニコレ、物凄く面白そうじゃん!!

と言うワケで興味を惹かれた管理人は見事に本作をゲットしました〜〜〜!!
そうです、実は既に本作が手許にあったりします。

表表紙はネットでも確認した通りの主人公・佐藤花子のアップ。
裏表紙はレギュラー登場人物たちが並んでます。

さて、肝心の内容についてですが。

今のところ、まだ軽くしか目を通せていないのですが個人的には「当たり」と言った感想。
特に眼鏡ユーザーの琴線には触れること間違いなし。

収録されているのは9話にEXTRAの全10話。
その中には「あ〜〜〜あるある」と思わず頷くだろう「メガネあるある」から、「へ〜〜〜っ」と感心するメガネの意外な豆知識はもちろん、何と言っても佐藤花子の眼鏡愛が素晴らしい。
そして、それに感化されて行く「小野寺」と「読者」たち。
ちなみに、花子の父にも何かありそうだなぁ……。

それだけではなく、ミステリとしてもなかなかに凝っていて1話では「まさかの大技」が飛び出します。
なるほど、裏表紙のレギュラー登場人物が伏線だったか。
他にも6話にて名前が登場した佐々錦希が8話にも意外な形で登場したりと遊び心も!!

充分に楽しめる作品だと思います。

そんな管理人もオススメの『メガネ画報』。
眼鏡ユーザーの方はもちろん、興味のある方も是非、手に取って欲しい一冊です!!

「メガネ画報 (芳文社コミックス)」です!!
メガネ画報 (芳文社コミックス)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。