2015年05月02日

松岡圭祐先生『探偵の探偵』(講談社刊)がフジテレビ系にて2015年7月より連続ドラマ化!!主演は北川景子さん!!

映画化もされた「万能鑑定士Qシリーズ」(角川書店刊)などで知られる松岡圭祐先生の「探偵の探偵シリーズ」(講談社刊)が2015年7月より連続ドラマ化されることが明らかになりました。

ドラマが放送されるのはフジテレビ系列木曜22時枠。
そして、玲奈役となる主演は北川景子さんとのこと。
北川さん演ずる玲奈の設定は次の通り。

<あらすじ>

亡き妹のため命がけで探偵を追う探偵。容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が異常に良く、物事を総合的に判断して最適な行動を選択することができる能力の持ち主。実妹の死にまつわる残酷な過去をきっかけに、「探偵のすべてを知りたい、でも探偵にはなりたくない」という奇妙な希望を持って、中堅調査会社スマ・リサーチ社を訪れる。同社が経営するPIスクール(探偵学校)での2年間にわたる修行を経て、2013年4月に同社に入社。以降、新設された悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」において、たったひとりの調査員として切り盛りしてきた孤独な女探偵だ。
(公式HPより)


北川さんと言えば「モップガール」や「謎解きはディナーのあとで」など、ミステリ系原作作品のドラマ化で力を発揮されている方、これはかなり期待出来そう。
それと、個人的に北川さんは「守られるイメージ」の役が多かったように感じるので「闘うイメージ」の玲奈をどう演じられるのかも注目です!!

ちなみに、ドラマ原作である「探偵の探偵シリーズ」は2015年5月現在で3巻まで刊行中。
シリーズ最新作となる4巻は2015年7月15日頃発売予定。
そんなシリーズのこれまでのあらすじは次の通り。

<『探偵の探偵』あらすじ>

調査会社スマ・リサーチが併設する探偵養成所スマPIスクールに、笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校する。探偵のすべてを知りたい、しかし探偵にはなりたくない、という玲奈。なぜ彼女は探偵養成所に入校したのか? スマ・リサーチの社長・須磨康臣は、彼女の驚くべき過去をつきとめる。須磨は玲奈の希望を鑑み「対探偵課」を設けた。紗崎玲奈はひとり、悪徳探偵を追う“対探偵課探偵”となった。
(講談社公式HPより)


<『探偵の探偵2』あらすじ>

探偵会社スマ・リサーチ“対探偵課探偵”玲奈は、女性を拉致監禁している犯罪者のアパートで、妹を殺めたストーカーが持っていたのと同じ様式の調査書を見つけた。あまりに似通った状況に、背後に蠢く闇のにおいを感じた玲奈は、身の危険を顧みず事件の真相へと向かっていく。玲奈は妹に不幸をもたらした悪行探偵を「死神」と名付けた。迫真の追跡劇。
(講談社公式HPより)


<『探偵の探偵3』あらすじ>

正視できるか、これほどの悪を。乗り越えられるか、これほどの憎悪を! 「探偵の探偵」シリーズ最新刊、早くも登場。

悪徳探偵を「駆除」するためにまったく手段を選ばない玲奈は、警察から24時間マークされることになる。玲奈は監視をかわしながら、自分と家族の人生を破壊した「死神」を追い続ける。ついに姿を現した「死神」の驚くべき正体とは。あまりに過酷な闘いに、玲奈の心は持ちこたえられるのか? 
(講談社公式HPより)


原作はコミカライズも進行中とのこと。
まさに理想的なメディアミックスと言えそうです。

そんな期待のドラマ「探偵の探偵」は2015年7月よりフジテレビ系木曜22時枠で放送予定!!

「探偵の探偵 サイン入り特装限定版」です!!
探偵の探偵 サイン入り特装限定版





キンドル版「探偵の探偵 講談社文庫」です!!
探偵の探偵 講談社文庫





「探偵の探偵2 (講談社文庫)」です!!
探偵の探偵2 (講談社文庫)





キンドル版「探偵の探偵II (講談社文庫)」です!!
探偵の探偵II (講談社文庫)





「探偵の探偵3 (講談社文庫)」です!!
探偵の探偵3 (講談社文庫)





キンドル版「探偵の探偵III (講談社文庫)」です!!
探偵の探偵III (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
探偵の探偵、悪徳探偵を刈る探偵ですか。
クロスオーバー物が好きな私の妄想ですがもしかしたら悪徳探偵側に肩を持つコナン(工藤新一にしてみれば、卑劣なことでも殺人よりは許される)主人公を蹴り飛ばして「あんたは探偵にあるまじき人間だ!」と言い張る
そんな妄想を展開です。
Posted by 匿名 at 2015年05月06日 19:54
Re:匿名さん

こちらこそ初めまして!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

「探偵」と一口に言っても「探偵」それぞれの信念や信条が其処にはある……そういうことですね。
その点でクロスオーバー、確かに興味深いです。

本作もまさに「探偵」と「探偵」の対決を描く作品。
もしかすると、それとは明記されずともクロスオーバー的な対決も描かれるかも。
それぞれの信念のぶつかり合いに注目ですね。
Posted by 俺 at 2015年05月12日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。