2015年05月03日

「エドガー賞 2015」結果発表!!海外ミステリファンがチェックすべき作品とは!?

2012年に東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がノミネートされたことで日本のミステリファンを沸かせた「エドガー賞」。

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

もう、あれから3年が過ぎたワケですが、今年も「エドガー賞」(2015)の受賞作が明らかになりました。

最優秀長編賞(最優秀小説賞)受賞作は、スティーヴン・キング著『MR. MERCEDES』だそうです!!
『MR. MERCEDES』は未邦訳の作品、情報によると邦訳版が文藝春秋社さんから刊行予定とのことで気になります。

そして、最優秀新人賞にはTom Bouman著『DRY BONES IN THE VALLEY』。
こちらは2015年冬に早川書房さんより刊行予定。

最優秀ペイパーバック賞にはChris Abani著『THE SECRET HISTORY OF LAS VEGAS』が選ばれたそうです。

他に巨匠賞にジェイムズ・エルロイ。
映画にもなった『ブラック・ダリア』や『L.A.コンフィデンシャル』の原作者です。
しかも、映画「ローラ殺人事件」のリメイク版脚本を担当されるとの情報も……。

映画「ローラ殺人事件」リメイク化が決定とのこと!!

最優秀短編賞にギリアン・フリン。
映画になった『ゴーン・ガール』は日本でも大好評。
同じく『冥闇』も映画化が予定されているとのこと。

ギリアン・フリン『冥闇』(小学館刊)が映画化とのこと!!

まさに錚々たる面々が受賞されたワケです。
海外ミステリに疎い管理人でも、これだけは分かります。
この作品群はチェックすべきだ、と!!
さぁ、皆さん注目ですよ〜〜〜!!

◆関連過去記事
「エドガー賞 2014」結果発表!!海外ミステリファンがチェックすべき作品とは!?

「エドガー賞 2013」結果発表!!海外ミステリファンがチェックすべきその作品とは!?

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

あなたは知っていますか?世界に広がる作家協会の輪!!

原語版、最優秀長篇賞受賞作「Mr Mercedes」です!!
Mr Mercedes





キンドル版、英語訳「Mr Mercedes (English Edition)」です!!
Mr Mercedes (English Edition)





キンドル版、ドイツ語訳「Mr. Mercedes: Roman (German Edition)」です!!
Mr. Mercedes: Roman (German Edition)





キンドル版「Dry Bones in the Valley (English Edition)」です!!
Dry Bones in the Valley (English Edition)





キンドル版「The Secret History of Las Vegas: A Novel」です!!
The Secret History of Las Vegas: A Novel





「エドガー賞全集 1990~2007 (ハヤカワ・ミステリ文庫)」です!!
エドガー賞全集 1990~2007 (ハヤカワ・ミステリ文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。