2015年06月03日

『ラプラスの魔女』(東野圭吾著、角川書店刊)

『ラプラスの魔女』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

円華という娘のボディーガードを務めることになった武尾は、彼女が不思議な「力」を持っているのでは、と疑いはじめる。同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、両方の現場で謎の娘の姿を目撃する。価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。東野圭吾、30年80作目の到達点。
(角川書店公式HPより)


<感想>

東野圭吾先生の集大成的作品と言えるかもしれない。
例えば『悪意』と『変身』と『分身』と『プラチナデータ』と『マスカレード・ホテル』と『ガリレオ』を足した作品と言ったらどう思われるだろうか。
本作はそんな作品だ。

「甘粕才生のブログに込められた嘘」から加賀シリーズの『悪意』を想起したり。
「脳外科手術」から『変身』を想起したり。
「この世に2人限り」から『分身』を想起したり。
「甘粕家に続く生まれ以ての宿命」から『プラチナデータ』を想起したり。
「武尾の描写に新田の印象を重ねて」から『マスカレード・ホテル』を想起したり。
「科学知識の利用」から『ガリレオ』を想起したり。

ただ、集大成ではあるが最高傑作では無いだろう。
断片的なモチーフを組み合わせた点が優れているが、相乗的な効果には繋がっていなかったような気がする。

とはいえ「読ませる作品」であり「楽しめる作品」であることは断言出来る。
何しろ、作品に集中して時間を気にせず一息に読み終えてしまったほど。

武尾、青江、中岡の3人が主な視点人物となり、其処から円華の謎などが解き明かされて行くのはなかなかに面白かった。
全てを予期する故に厭世的な円華ではあるが、その力を用いて人を救おうとする点が好ましい。
また、謙人のキャラクターもかなり興味深い。
是非、シリーズ続編を読みたい作品である。

そう言えば、本作に先立ってスピンオフとなる『あの風に向かって翔べ』が『小説野性時代 2015年6月号』(角川書店刊)に掲載。
これもなかなかに面白かった。
『ラプラスの魔女』を読まれた方は是非!!

『あの風に向かって翔べ』(東野圭吾著、角川書店刊『小説野性時代 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

ちなみに、ネタバレあらすじはかなり改変を加えています。
本作を楽しむには本作それ自体をご覧頂くことをオススメします!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
羽原円華:武尾が警護を担当することになった少女。ある秘密が……。
武尾:元刑事のボディーガード。
桐宮玲:円華の付き人。
羽原:円華の父にして脳科学の天才医師。
青江:地球科学の研究者。
中岡:刑事。

甘粕才生:著名な映画監督。
甘粕謙人:甘粕才生の息子。
水城:甘粕と組んでいた映画プロデューサー。
水城千佐都:水城の妻。
那須野:役者。


過去、円華は急に発生した竜巻によって母を亡くしていた。
円華は自然災害の恐ろしさを身を以て体験したのだ。

そして現在、警備会社から尿酸値の数値が高かったことを理由にクビになった元刑事の武尾。
今後の生活に頭を悩ませていた武尾は以前に仕事を引き受けた桐宮玲からある人物の警護を依頼される。

喜び勇んで向かった先で引合された警護対象こそ羽原円華であった。
普通の少女に見えた円華。

だが、武尾は円華の警護を続けるうちに彼女が特別であることに気付く。
円華はまるでそれが当然のように未来予知を行ったのだ。
そして、玲たちもそれを特別なことと見做していなかったのである。

驚きつつも順応して行こうとする武尾。
矢先、円華は武尾たちの隙を突き逃げ出してしまう。

此処で武尾は初めて気付いた。
彼の仕事内容が警護だけでなく監視も含まれていたことに……。

一方、遠く離れた2つの温泉地で立て続けに硫化水素による死亡事件が起こっていた。
被害者は映画プロデューサー・水城と役者・那須野。
事故と思われたソレだが、地球科学の研究者・青江が原因追究に勤しむことに。
現地を訪れた青江は其処で武尾のもとから逃げ出した円華に出会う。
円華は何かを調べているようだが……。

その頃、刑事の中岡は水城の死に疑惑を抱いていた。
彼の死で大きな利益を得る者が居たからである。
若くしてその莫大な遺産を相続することとなった水城の妻・千佐都である。
中岡は捜査を開始する。
と、中岡は青江から気になる情報を得ることに。
2つの現場に円華が居たことを知ったのだ。
中岡は円華を調べ始め、その父であり脳科学の天才と呼ばれる羽原に辿り着いた。

中岡から問い合わせを受けた羽原は円華が何を調べているかに気付いた。
そして、円華が逃げ出した理由を察した。
円華は甘粕謙人を追っているのだ。

謙人は甘粕家で起こった事故の被害者であった。
主である甘粕才生の留守中に娘が硫化水素自殺を実行し、これに巻き込まれる形で謙人とその母も被害に遭ったのだ。
結果、甘粕才生は妻と娘と失い、息子の謙人も入院を余儀なくされた。

この謙人を担当した医師が羽原であった。
羽原の手術により謙人は奇跡の回復を果たした。

ところが、この奇跡には思わぬ副産物があったのである。
手術の影響で謙人に特別な能力が生じたのだ。
謙人はスーパーコンピューターでも敵わないような天才的な頭脳を手に入れていたのである。
そして、数々の予知を行ったのだ。
謙人にとっては分析出来るデータがあれば、未来を予知することすら出来るのだ。
やがて、謙人は「ラプラスの悪魔」と呼ばれるようになった。

この成果は羽原に思わぬ影響を与えた。
母の死により自然災害に恐怖を抱いていた円華が謙人と同じ能力を求めた。
結果、羽原は同様の手術を施し、円華もまた謙人同様の力を手に入れた。
円華は「ラプラスの魔女」となったのだ。

これにより人為的な再現性が確認されたことで、この手術は封印されることとなった。
その事実があまりにも危険を孕んでいたからである。
すなわち、この世に謙人と円華のみが全てを見通せるのだ。

円華は唯一無二の仲間である謙人を気にかけていた。
だからこそ、謙人を追ったのだろう。
温泉地で発生した事故は事故ではなく、謙人と円華のみ可能な殺人だったのだ。

武尾は円華の行方について手掛かりを掴むべく青江に接触する。
此処で青江は円華が事件の鍵を握っていることに気付いた。
結果、青江も円華を追うことになり、青江経由で武尾たちも円華に辿り着いた。

円華は水城千佐都を監視していた。
水城と那須野の死を計画したのは謙人だが、これを成功に導くには共犯者が必要だったのだ。
その共犯者こそ千佐都だった。
そして、謙人には次なる犯行のプランがあった。
円華はその為に千佐都と接触する筈と考えていた。
何故なら、謙人の今回の犯行は復讐だったから。

甘粕一家を襲った悲劇、それは父である甘粕才生の犯行であった。
甘粕は「映画撮影の題材」と「理想の家族」を求めていた。
其処で、彼の理想を実現するべく硫化水素による家族皆殺しを図ったのだ。
水城と那須野は甘粕のアリバイ作りに協力していたのである。
謙人の最後のターゲットは実の父・甘粕であった。

そんな中、千佐都が甘粕と接触した。
これこそ、円華の待っていたものである。

円華は自身の居場所を突き止めた武尾と青江と共に千佐都を尾行する。
だが、途中で円華の存在を隠蔽しようとするエージェントに妨害されてしまう。
謙人と円華の存在はもはや国家レベルの秘事となっていたのである。

武尾がその場に残り、これを押し留めることとなった。
円華は青江と2人で千佐都の追跡を続けることに。

千佐都は甘粕と合流すると、山中の廃屋へ向かう。
其処は過去に甘粕が撮影に使った屋敷であった。

これを目にした円華は謙人の狙いを察した。
円華は青江に指示して車の位置を変える。

その頃、廃屋では甘粕と謙人が再会を果たしていた。
謙人は甘粕の罪を告発しつつ、何かを待っていた。

そして、そのときがやって来た。
天地が鳴動したかと思う建物が揺れ始めたのだ。

乱気流だ!!

その破壊力の前では此の廃屋はもたないだろう……誰もがそう思ったそのとき、円華と青江が乗った車が壁をぶち抜いて突入して来た。
結果、吹き飛ばすかと思われた暴風は家屋を吹きぬけて行く。

謙人の狙いはダウンバーストであった。
謙人は廃屋を用いて甘粕を生き埋めにするつもりだったのだ。
だが、これを見抜いた円華によって阻止されたのである。

復讐を妨害された謙人。
しかし、特にこれを後悔している様子は無い。
謙人は密かに姿を消した。

それから数日、温泉地の事件は何者かの悪戯が原因とされ処理された。
甘粕才生は入院先で不審な死を遂げた。
おそらく、謙人によるものであろう。

青江は真相を知りつつ沈黙を守った。
中岡は謙人と円華を守ろうとする上層部の圧力から捜査中断を余儀なくされた。
武尾はと言えば……今日も「ラプラスの魔女」のお供をしているのである―――エンド。

◆関連過去記事
【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ドラマスペシャル「白銀ジャック 120万部のベストセラー初映像化!!スキー場爆破予告!!雪山全員が人質 妻の事故死から1年…犯人の動機は金か復讐か!?感動と衝撃の結末 厳寒の雪山完全ロケ」(8月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『変身』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『白銀ジャック』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疾風ロンド』(東野圭吾著、実業之日本社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『天空の蜂』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『君の瞳に乾杯』(東野圭吾著、光文社刊『宝石 ザ ミステリー 2014夏』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『あの風に向かって翔べ』(東野圭吾著、角川書店刊『小説野性時代 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【マスカレード・ホテルシリーズ】
『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・イブ』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」(フジテレビ系、2013年)まとめ

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ2作目「眠りの森」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『眠りの森』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ10作目「祈りの幕が下りる時」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ドラマ版「眠りの森」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
新春ドラマスペシャル「眠りの森 人気No.1熊川哲也Kバレエ監修 加賀VS美しきダンサー シリーズで初めて加賀が女性に惑わされる!!容疑者はバレエ団全員 涙の真実と哀しき愛」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

東野圭吾先生、加賀シリーズ最新作(第10弾)発売決定!!タイトルは『祈りの幕が下りる時』とのこと!!

『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』に続くTBS版第4の「加賀シリーズ」実写ドラマ化判明!!2014年1月放送予定は『眠りの森』か!?

東野圭吾先生『白銀ジャック』(実業之日本社刊)がドラマ化されるとのこと!!

東野圭吾先生『天空の蜂』(講談社刊)が映画化されるとのこと!!

講談社刊『イブニング』にて東野圭吾先生『天空の蜂』が猫田ゆかり先生によりコミカライズ!!2月10日発売の5号より連載開始!!

【2015年3月】東野圭吾先生新作タイトル発表!!その名は『ラプラスの魔女』(角川書店刊)、2015年5月15日発売予定!!

東野圭吾先生『ラプラスの魔女』スピンオフが本編発売前に早くも登場!!『あの風に向かって翔べ』は『小説野性時代 2015年6月号』(角川書店刊)に掲載とのこと!!

「ラプラスの魔女」です!!
ラプラスの魔女





スピンオフ『あの風に向かって翔べ』が掲載された「小説 野性時代 第139号 (新野性時代)」です!!
小説 野性時代 第139号 (新野性時代)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。