2015年05月31日

土曜ワイド劇場「事件16 はめられた男!不倫相手の女性を殺した!?カメラに映らない逃亡者の謎・妻の証言で逆転法廷に!」(5月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「事件16 はめられた男!不倫相手の女性を殺した!?カメラに映らない逃亡者の謎・妻の証言で逆転法廷に!」(5月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

伊丹秀一(北大路欣也)は、正義感あふれる人権派の弁護士。事務所には、伊丹の娘で弁護士の織枝(松本莉緒)と若手弁護士・加瀬直人(山下徹大)も所属しており、ベテラン事務員の本多和美(山下容莉枝)のサポートのもと、日々、弱い立場の人々を救うべく尽力している。

国選弁護ばかり引き受けている伊丹のもとに、珍しく依頼人が現われた。島岡香苗(雛形あきこ)という女性で、殺人事件の被疑者となった夫・島岡達也(滝藤賢一)の弁護を頼みたいという。香苗は外資系投資顧問会社の日本支社長・水木啓吾(神山 繁)の娘で、島岡は営業部長職にあったが、部下の汐田早紀(桜田聖子)を刺殺した容疑で逮捕起訴されていた。香苗は夫の無実を信じていると、懸命に伊丹に訴える。
さっそく接見した伊丹に対し、島岡本人も自分は無実だと主張。早紀に呼び出され現場に行ったところ、駐車場の反対側の入り口から逃げ去る男の影を見たと話す。だが、現場の防犯カメラを確認しても不審な男の姿はまったく見当たらなかった…。

公判初日。島岡の部下・牧野春樹(近藤公園)は、島岡が早紀の背中にナイフを突き立てるところを目撃したと証言。同じく部下の石田真理子(山田まりや)も、島岡と早紀が不倫関係にあり、別れ話でもめていたと証言する。
だが、島岡は依然として否認。自分はナイフを刺したのではなく、苦悶する被害者の身体から引き抜こうとしただけと供述する。早紀との不倫関係も否定し、かつて真理子の横領疑惑を告発したことがあるため、自分を恨む彼女が偽証したのだと主張する。香苗もまた、島岡は不倫に走る人物ではないと、あくまで夫を信じ続けていた。

ところが第三回公判を前に、検察が新たな証拠を提出してきた…!金沢検事(神保悟志)が示したそれは、1年前、早紀が人工中絶手術した際の承諾書で、なんとパートナーとして島岡の署名があったのだ! しかも、真理子が横領したというのは島岡の思い込みに過ぎないと金沢は一刀両断。被害者と不倫関係にあった事実を暴かれ、島岡は一気に不利に追い込まれた上、夫の裏切りを知った香苗も心を閉ざす。
妻を傷つけたくない一心で浮気の事実を明かせなかったと告白した島岡は伊丹に謝罪、今後一切、嘘はつかないと固く誓う。そんな島岡を信じ、改めて調査をはじめた伊丹。彼が無実ならば、なぜ牧野と真理子は島岡を陥れるような偽証を行ったのか…。織枝と加瀬が社内事情を探ると、日本支社の投資は資産運用部長の山川公之(中原丈雄)に一任されていることがわかり…!?
そんな中、早紀がストーカー被害にあっていたことを知った伊丹は、その男が真犯人ではないかとにらむ。そして防犯カメラを再調査したところ、伊丹は衝撃の事実に気がついて…!? はたして、真犯人は誰なのか…!?伊丹の執念の調べで、驚愕の真相が浮かび上がっていく…!
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

伊丹秀一は人権派で知られる優秀な弁護士。
これまでにも数多の案件を手掛け、真実を明らかにして来た。

そんな伊丹が今回担当したのは殺人事件の被疑者となった島岡達也の弁護依頼。
依頼人は島岡の妻・香苗であった。

島岡が被疑者となった事件は次の通りである。
島岡は香苗の父で外資系投資顧問会社の日本支社長・水木啓吾のもと、営業部長として働いていた。
ところが、島岡の部下であった汐田早紀と不倫関係に陥り、これを清算すべく殺害してしまったとされていた。

香苗は島岡を信じ、不倫も殺人も否定していた。
其処で伊丹を頼ったのだ。
香苗の姿に胸を打たれた伊丹は弁護を引き受けることに。

島岡は早紀殺害を否定、さらに現場から逃げ去る怪しい人物を目撃したと主張する。
ところが、現場の防犯カメラには不審な人影は映っていなかった……。

そして公判初日を迎えることに。
すると、伊丹の予想しなかった展開が待ち構えていた。

なんと、島岡の部下・牧野春樹が殺害現場を目撃したと証言。
犯人は島岡だと主張したのだ。
しかも、同じく営業部の石田真理子も、島岡と早紀が不倫関係にあり別れ話で揉めていたと証言したのだ。
さらに、島岡と早紀の不倫の証拠として島岡が署名した早紀の人工中絶承諾書が証拠として提出された。

怒涛の如く提示された証言と証拠の波に、島岡は圧倒的不利に追い込まれた。

伊丹は1つずつ問題解決を図る。

まず、牧野の証言が彼が早紀のストーカーだった為の偽証だったことを突き止めた。
牧野は早紀に執着するあまり島岡を犯人だと信じ込んでいたのだ。

続いて、真理子の証言が資産運用部長・山川公之が真理子に依頼したものであることを突き止めた。
真理子は過去に横領を働いており、この隠蔽を条件に引き受けたらしい。

さらに、現場の防犯カメラの角度が犯行前後で工作されていたことも突き止めた。
つまり、島岡の証言とカメラ映像に食い違いを起こさせることを狙った人物が居たことになる。

これらから伊丹は山川に疑いの目を向ける。

そんな中、伊丹は島岡がまだ何かを隠していると察し問い質していた。
香苗の協力を得て問い詰めたところ、水木啓吾の不正を隠していたことが判明。

会社は山川が資産運用に失敗し多額の負債を抱えていたのだ。
これを知りつつ、水木はその隠蔽を指示していたのである。
島岡は上司として早紀からこの事実を相談されていたのだ。
どうやら、早紀はこれを告発しようとして水木の命令を受けた山川に殺害されたようだ。

伊丹は香苗に父と夫、どちらを取るかと選択を迫る。
一方で、早紀が所持していた横浜港商工会連合会の改竄前データを入手することに成功した。

こうして、第三回公判が開廷。

伊丹は改竄前データをもとに山川を集中的に責め立て自供を迫る。
改竄後データでは4億の運用益を出していることになっていたが、実態は10億の損失となっていたのだ。
さらに、島岡を選んだ香苗の告発が行われた。
止めに、水木から金塊で与えられていた報酬が差し押さえ対象となることを指摘された山川は「もはや意味は無い」と罪を認める。

それは水木の指示で隠蔽していた損失について、早紀が告発しようとした為にこれまた水木の指示で口封じを行ったとのものであった。

山川は逮捕されることとなった。

だが、水木は山川の供述を認めようとしない。
伊丹の指摘にもどこ吹く風だ。

しかし、だからと言って逃げ切れるものでもなかった。
身柄を拘束され取調を受けることとなった。

いずれにしろ、早紀殺害の真犯人・山川が逮捕されたことにより、島岡は無実が明らかになった。
島岡を選んだ香苗は共に生きて行くと決意を伊丹に打ち明けるのであった―――エンド。

<感想>

北大路欣也さん演じる伊丹弁護士が活躍する「事件」シリーズ第16弾。
シリーズ全体の原作は大岡昇平先生『事件』(双葉社、新潮社刊)となっています。
ちなみに前作(第15弾)は2012年5月12日に放送されており、実に3年ぶりのシリーズ新作となりました。
ネタバレ批評(レビュー)ありますね、興味のある方は過去記事をどうぞ!!

では、ドラマ感想を。

家族愛や夫婦愛を問い掛けつつ、企業の不正こそが動機となった殺人が描かれました。
此の点、硬派な本作に相応しく、また「公」と「私」のバランスも上手く扱っていたと思うのですが……。

どうにも、いつものシリーズに比べると自然さに欠けているようで何処か違和感が残った。
何なんだろう……普段の「事件シリーズ」と何処かが違う気がする。
この違和感が最後まで拭えなくて、素直に楽しめなかった。
もしかすると、このシリーズに期待していただけに意図せずハードルが高くなってしまったのかもしれないなぁ。
あるいは3年ぶりゆえか。

17弾に期待です!!

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「事件14 横浜港に車が転落!生還した運転手と、死んだ同乗者の妻に秘密?ガラスの謎が暴いた逆転法廷」(10月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「事件15 復讐殺人法廷娘を殺した男がたった4年で出所?許さない!残された家族が立てた恐るべき計画」(5月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

伊丹秀一:北大路欣也
島岡達也:滝藤賢一
島岡香苗:雛形あきこ
水木啓吾:神山 繁
山川公之:中原丈雄
石田真理子:山田まりや
金沢憲司:神保悟志
牧野春樹:近藤公園
伊丹織枝:松本莉緒
本多和美:山下容莉枝
加瀬直人:山下徹大 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


「事件 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)」です!!
事件 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)





こちらはキンドル版「事件(新潮文庫)」です!!
事件(新潮文庫)





「事件-全集- [DVD]」です!!
事件-全集- [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。