2015年06月02日

『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)

『アルゴリズム・キル』1話(結城充考著、光文社刊『小説宝石 2015年6月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

私は今、県警本部の捜査に必要とされていない――大人気警察小説シリーズ、再始動!
(光文社公式HPより)


<感想>

遂にクロハシリーズ最新作が『小説宝石 2015年6月号』より連載開始されました。
そのタイトルは『アルゴリズム・キル』。
『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』に続く長編です。

『アルゴリズム・キル』、直訳すると「殺しの手法(解法)」か。
なかなかに意味深長。

そして、『プラ・バロック』では姉と、『エコイック・メモリ』では姉の忘れ形見・アイと、それぞれ形は違えど大切な存在と離れることとなったクロハ。
そんな彼女はそのショックの後遺症から所轄署の警務係に異動。
此の状態で埋もれることも考えていたクロハ。
だが、周囲はともかく事件が彼女を捨て置かなかった。
またも、事件と関わることに。

この1話ラストでは児童虐待の現場へ出動要請が。
もしかして、救い出した虐待児童をアイと重ねることになるのでしょうか。
この出会いがクロハを変えるのか!?
次話も注目です!!

ちなみに、ネタバレあらすじはかなり改変を加えているので注意!!
あらすじを読んで興味を持たれたら本作にチャレンジすべし!!

<ネタバレあらすじ>

『プラ・バロック』『エコイック・メモリ』と2つの事件により所轄署の警務課へ異動となったクロハ。
続けて大切な者を失ったことで半ば自暴自棄の状態であった。

矢先、イベントの警護に駆り出されたクロハは女性の遺体を発見する。
その遺体は激しい暴行を加えられ、全ての歯を折られた無惨なものであった。

捜査一課時代を思い出しつつも、何処か冷めた感覚を抱くクロハ。
所轄署の副署長・ナツメはそんなクロハに「余計なことをしないように」と念を押す。
すなわち「捜査に乗り出すな」との厳命である。
そもそも、そんなつもりのなかったクロハはこれを受け入れる。

そんなある日、警務課に出動要請がもたらされた。
児童相談所から児童虐待の現場に同行する人手を出すように依頼されたのだ。
クロハはこれに応ずることに―――2話に続く。

◆関連過去記事
『プラ・バロック』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『エコイック・メモリ』(結城充考著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマスペシャル「クロハ 機捜の女性捜査官 連続殺人と集団自殺…2つの捜査本部8日間の激闘!!悪意に立ち向かう家族の絆!!真相にたどり着いた女刑事が交わす涙の約束とは!?冒頭20分…この中に犯人がいる」(2月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「アルゴリズム・キル」1話が掲載された「小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]」です!!
小説宝石 2015年 06 月号 [雑誌]





「プラ・バロック (光文社文庫)」です!!
プラ・バロック (光文社文庫)





キンドル版「プラ・バロック 女性刑事クロハ」です!!
プラ・バロック 女性刑事クロハ





「エコイック・メモリ (光文社文庫)」です!!
エコイック・メモリ (光文社文庫)





キンドル版「エコイック・メモリ 女性刑事クロハ」です!!
エコイック・メモリ 女性刑事クロハ





「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





キンドル版「衛星を使い、私に (光文社文庫)」です!!
衛星を使い、私に (光文社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。