2015年06月20日

金曜プレミアム「潔癖クン殺人ファイル2 芸能界ザ・スキャンダル 路線バスロケでタレントが消えた…毒舌&お人好しコンビが業界裏側へ!赤い傘の女が死を招く」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレミアム「潔癖クン殺人ファイル2 芸能界ザ・スキャンダル 路線バスロケでタレントが消えた…毒舌&お人好しコンビが業界裏側へ!赤い傘の女が死を招く」(6月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

今回の事件の舞台は芸能界!相田と速水の二人が生活安全課の仕事で、防犯キャンペーンのために着ぐるみを着て商店街を練り歩いていて、バスの旅番組の撮影に出くわすところから物語はスタートする。速水はバス停で路線を検討している撮影中のお笑いコンビ・タカアンドトシを見つけると、ナゼか得意げに会話に割り込んでバスの乗り方を説明し、二人を間違ったバスに乗せてしまう…。段取りと違うバスに乗ってしまったことに気づいた撮影スタッフは大慌て。本来であればここで、牧瀬里穂演じる美人タレントの沢田由里子(さわだゆりこ)が番組ゲストとしてお笑いコンビと出会う設定にもかかわらず、速水が台無しにしてしまったのだ。非難の目が速水に集中し、撮影スタッフが大慌てする中、事件が発生。先ほどまでスタンバイしていたゲストの由里子がこつ然と姿を消してしまったのだ!その日の深夜になって、泥だらけのコート姿でぼうぜんと立つ由里子が発見された場所は、同じ日に起こった殺人事件の殺害現場のそば。由里子は警察から事情聴取を受けることに。そんな現場に出くわしたら黙っていられないのが、相田亮平。疑問に思ったら捜査するのが刑事だと捜査を勝手にはじめてしまう…。そして捜査の先には、なんと芸能界の一大スキャンダルが潜んでいた!?
(金曜プレミアム公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

相田亮介は潔癖症な刑事である。
相田はその性格から鋭い洞察力を見せ、思わぬ角度から事件を解決に導いていた。
だが、彼はその優秀さに反して仲間から蛇蝎の如く嫌われている。
何故なら、相田の潔癖症は度を過ぎており業務に差し障りがあるほどだったのである。
例えば、ある事件現場などでは遺体に除菌スプレーをまき散らし証拠を隠滅してしまうのだ。

とはいえ、相田はそれでも結果を残していたのだが……。
ある日、遂に耐え兼ねた上司から異動を告げられてしまう。

異動先は生活安全課。
其処で、相棒となる速水悠太郎と出会った。

当初こそ対立していた2人だが、何時しか互いに「相棒」として認め合う仲に。
今では、それなりに上手くやっている。

そんな中、事件が発生。
芸能記者の外川修作が何者かに殺害されてしまったのだ。
そして、女優の沢田由里子にこの容疑が向かうことに。

相田と速水は生活安全課である。
本来ならば捜査権限は無いのだが、興味を抱いた相田に引き摺られる形で速水も独自の捜査を開始する。

と、此処で意外な事実が判明。
なんと、相田が元子役だったことが分かったのだ。
しかも、大女優として知られる本荘さつきと親子役で共演していたほどの名子役であった。
相田によればさつきは大恩人で頭が上がらない相手らしい。

相田の伝手で局内を調べる2人。
さつきは相田に撮影中に絆創膏をしている外川を見かけたと証言。
これに基づき芸人や節約主婦などが容疑者として浮上する中、やはり由里子に舞い戻ってしまう。

由里子は作詞家の君島康介との関係を外川に掴まれていたようだ。
ところが、当の君島は先日に謎の死を遂げていた。

君島の周囲を調べた相田はある人物の存在に気付く。
相田が呼び出したのはさつきであった。

さつきこそが外川殺害犯だと告発する相田。
何故なら、さつきが撮影中に外川の絆創膏を確認することは不可能だったのだ。
では、何処で見たのか……殺害の現場で目にしたのだ。

実はさつきは君島の恋人であった。
ところが、君島の心を由里子に奪われ逆上し君島を殺害してしまった。
この現場を外川に掴まれていたのである。

外川はさつきと由里子を対決させることで一大スクープにしようと考えていた。
これを察したさつきが利用されることを嫌い、外川を殺害したのだ。

そして、さつきは信頼する相田に自身の罪を告白すべく、敢えて必要のない絆創膏のエピソードを伝えていたのである。

こうして、相田は慕っていた恩人のさつきを逮捕することに。
事件は解決したが、相田にとっては辛い結末となったのであった―――エンド。

<感想>

新シリーズ「潔癖クン殺人ファイル(潔癖クンが行く)」第2弾。
ドラマ原作はなし、オリジナル作品です。

ただ、坂上忍さんは「宅配ネットクリーニング・リネット」のCMでも潔癖刑事を演じていらっしゃるので、コレが元ネタとは言えそうです。
詳しくは次の記事を参照。

あの「潔癖刑事」が遂にドラマ化!?金曜プレステージ「潔癖クンが行く」に注目せよ!!

では、ドラマ感想。

と、その前に驚愕の事実が。
実は本作は「金曜プレミアム」初の「2時間サスペンス」となるのですが、この前作は「金曜プレミアム」の前身「赤と黒のゲキジョー」の前身である「金曜プレステージ」最後の「2時間サスペンス」だったりします。
これは何かの因縁なのか……気になるところ。

2014年10月から「金曜プレステージ」がタイトル変更されていた!?新タイトルの名は「赤と黒のゲキジョー」に!!

では、改めてドラマの感想。

速水が相田の特徴を活かし上手くコントロールしていましたね。
これこそ「相棒」か。

また、犯人が敢えて手掛かりを与えていたと言うのも面白かったですね。
それと、現実と虚構が入り混じるような何とも言えない空気感もなかなかでした。
これは坂上さんが本当に子役を経験されていたからこその物かもしれませんね。

ただ、相変わらず相田の潔癖症は基準が良く分からないなぁ……。

そんな本作は「ネタドラマ」と思わせつつ、意外と真面目な作品。
シリーズ次回に期待しても良さそうですね。

◆関連過去記事
金曜プレステージ「潔癖クン殺人ファイル 汚れた招待状〜毒舌で超潔癖!前代未聞の刑事が奇妙な謎に挑む…死体に送られた届くはずない招待状…悲劇の黒い秘書…(潔癖クンが行く 汚れた招待状〜痴漢係はちょっとツライ!〜)」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

あの「潔癖刑事」が遂にドラマ化!?金曜プレステージ「潔癖クンが行く」に注目せよ!!

<キャスト>

相田亮平:坂上忍
速水悠太郎:温水洋一
津田由里子:牧瀬里穂
君島康介:冨家規政
外川修作:加藤虎ノ介
神林公造:高杉亘
本荘さつき:夏樹陽子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


坂上忍さん著「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)」です!!
偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)





キンドル版「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)」です!!
偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)





キンドル版「潔癖性の人とのつきあい方―職場のやっかいな人とつきあうコツVol.10」です!!
潔癖性の人とのつきあい方―職場のやっかいな人とつきあうコツVol.10





「カビキラー 除菌@キッチン 400g」です!!
カビキラー 除菌@キッチン 400g





「カビキラー つけかえ 400ml」です!!
カビキラー つけかえ 400ml





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。