2015年08月11日

月曜ゴールデン「世田谷駐在刑事3 狙われた警察官 セレブな街の凶悪殺人 復讐するから金をくれ 男が忘れた過去の罪!!人生を狂わされた姉弟 悲しい歌声の真相は」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「世田谷駐在刑事3 狙われた警察官 セレブな街の凶悪殺人 復讐するから金をくれ 男が忘れた過去の罪!!人生を狂わされた姉弟 悲しい歌声の真相は」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

高森精機の副社長・高森宗一郎(小林高鹿)がジョギング中に何者かに刺された。成城南駐在所の警部補・小林健(哀川翔)が現場の公園に急行したが、宗一郎はすでに事切れていた。犯人は通り魔か、それとも怨恨を持つ誰かなのか?
宗一郎の父で会社の社長・高森正宗(山本學)は、余命を宣告されながらも車椅子で社業を取り仕切っていた。正宗の身の回りの世話をするのは訪問看護師・武藤真由子(遊井亮子)。正宗の子どもは宗一郎の下に次男の裕次郎(西興一朗)と娘の香織(宮下ともみ)がいたが、下の2人は親のスネをかじって生活しているようなもので、都合のいいときしか正宗の前には現れない。
成城中央署の山吹刑事(ベンガル)たちは高森家の面々の事情聴取を始めた。すると宗一郎の妻・梓(黒坂真美)は、犯人は裕次郎に違いないと言い出した。兄の宗一郎が死ねば、弟妹の遺産の取り分が増えるというのだ。これには当の裕次郎と香織が激怒、逆に宗一郎と梓の夫婦仲が冷えていたと反撃したが、そもそもこの親族3人には誰もアリバイがなかった。
しばらくして、裕次郎が歩道橋から突き落とされた。警察は香織に疑いをかける…。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

東京・世田谷の駐在所に勤務する小林健は今日も地域に密着し、街の平和を守っている。
健は過去に「オニコバ(鬼の小林)」と恐れられた命知らずの腕利き刑事であった。
しかし、ある事件がきっかけで妻・陽子と再婚、今はその連れ子・修平と共に仲良く暮らしている。
「オニコバ」時代の健を知る陽子は、彼が何かの拍子に元に戻るのではないかと不安で仕方がない。

そんなある日、健は巡回中に他殺死体を発見する。
被害者は高森精機の副社長・高森宗一郎であった。
どうやら、ジョギング中に殺害されてしまったようだ。

高森家は宗一郎の父で社長の高森正宗を中心に、長男・宗一郎、次男・裕次郎、長女・香織の三兄弟が居た。
また、宗一郎には妻・梓がおり、宗一郎自身の介護の為に訪問看護師・武藤真由子が出入りしていた。
他に、香織の恋人として顧問弁護士の大谷文雄が居る。

正宗は余命幾許も無く、その遺産は正宗が信頼している宗一郎が大半を相続することになっていた。
当然、宗一郎の死によって裕次郎、香織が大きな利益を得ることになるが……。

ともかく仲が悪い高森家。
梓が宗一郎殺害は裕次郎の犯行と主張すれば、一方の裕次郎も宗一郎と梓の夫婦関係が冷え切っていることを訴えて応酬するとの具合であった。

そんな中、健は管理官の神代哲也から摘発に協力して欲しいと頼まれた。
これを断る健であったが……。

矢先、神代が道重なる男に狙撃されてしまった。
神代は道重が所属する組織を摘発しようとしていたのである。
これに激怒した健は率先して乗り込み、組織を壊滅させる。

日常に戻った健。
其処へ香織が高森家を見張る人物を目撃したとやって来た。
健は似顔絵を描くが、それは若い男性であった。

数日後、裕次郎が歩道橋から何者かに突き落とされた。
一命を取り留めたものの、入院することとなった裕次郎。
遺産相続を巡っての争いと思われ、香織に容疑が向かう。

ところが、裕次郎転落現場付近の防犯カメラ映像から若い男性が浮上。
それは似顔絵と同じ人物であった。

直後、その男性が胸にナイフを刺した状態で発見される。
男の名は武藤満、真由子の弟であった。
弟の死を知り肩を落とす真由子に、駆け付けた大谷がお悔やみを述べる。

武藤家は過去に正宗の下請けをしていたのだが、彼の罠に嵌り姉弟の父が自殺に追いやられていた。
高森正宗は同様のことを繰り返しており、武藤家以外にも自殺者を出していたらしい。

真由子は高森家へ復讐すべく訪問看護師として通っていたのである。
満もまた復讐に動いていたのか?

満が100万円を所持していたことを聞いた健はある可能性に思い至り、高森正宗の被害者を探る。
すると、深田正夫なる男性も自殺に追いやられていたことが判明する。
しかも、深田には子供が居て……。

その頃、大谷が真由子を呼び出し殺害しようとしていた。
何でも、正宗が真由子に2000万円を遺そうとしているらしい。
これが大谷の計画に障害となるのだそうだ。

其処に健が現れた。
そう、深田の子供こそ大谷だったのだ。
大谷は復讐の為に高森家の弁護士となっていたのである。

さらに、健は大谷が満殺害時に真由子にお悔やみを述べたことを指摘。
あの時点では真由子と満の関係はほとんどの者が知らなかった。
それを知っていたのは、大谷が満を雇っていたからだと告げる。

大谷は満を100万円で雇い入れ、宗一郎と裕次郎を襲わせた。
だが、満は宗一郎を殺せず大谷が手を下すことに。
続いて満に裕次郎を襲わせたのだが、裕次郎殺害にも失敗してしまう。
使えねぇ……と苛立った大谷は満を殺してしまった。
これが事件の真相だったのだ。

大谷は健により逮捕。
正宗は真由子に謝罪し、全財産を施設に寄付することとしたようだ。

神代は回復し、今も健の捜査一課復帰を待っている―――エンド。

<感想>

「世田谷駐在刑事」シリーズ第3弾。
原作は濱嘉之先生『世田谷駐在刑事』(講談社刊)。

<あらすじ>

警察小説史上類を見ないヒーローが誕生した!
その「駐在員」が、全国屈指の暴力団捜査のエキスパートであることはまだ知られていない――
警察のすべてを知る著者が放つ「超(スーパー)」刑事小説

山間部ではなく、日本有数の高級住宅地の駐在所に赴任する異色の元刑事。警察捜査の第一線を知りつくしたその男が、地域警察ならではの情報力と機動力を発揮して諸悪と対峙する――
そんな新しいヒーローの活躍を描きたかった。(濱嘉之)
(講談社公式HPより)


ちなみに『鬼手 世田谷駐在刑事・小林健』は上記の続編ではなく、同一タイトルの文庫版であるので注意。
興味のある方はアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

さて、ドラマの感想。

物語上、不要なキャラが多過ぎたかなぁ……。
ネタバレあらすじではその辺りを踏まえて、少し省略してみました。
ストーリー上、特に不都合ないですね……。
結局のところ、尺を支える為にキャラを増やしたのに持て余した感があるかな。
その分、ストーリーに皺寄せが及んでた。

そして、物凄く武闘派の弁護士・大谷。手を汚し過ぎです。
宗一郎殺害、裕次郎殺人未遂、満殺害かぁ……。
結局、自身の手を汚すなら100万円の報酬は勿体なかったなぁ。
何しろ、計画が上手くいけば何十億円が入るにも関わらず、真由子が2000万円を受け取るを知っただけでコレを殺害しようとするぐらいだから経済観念がかなり発達している人なのでしょう。
そんな人が100万円をポーンと支払ったのか……。
その癖、何十億円も入るのに2000万円を惜しんで逮捕されたのもなぁ……。
大谷、気前が良いのか悪いのか……。

そう言えば、大谷の計画は何だったんだろう?
本編では全く語られなかったが、凄く気になって来たぞ。
仕方ない、作中描写から想像してみよう。
その為に関連しそうなポイントを列挙して行こう。

・大谷にとって満は捨て駒であった。目的を果たした後には犯人として罪を着せて殺害するつもりだった。
・大谷は高森家の長女・香織を交際していた。
・大谷は真由子が2000万円を相続すると知るや殺害しようとした。つまり、正宗の遺産が目的であった。
・大谷によれば正宗が余命幾許もなくなる状態を待っていた。

これから見て、大谷の計画は次のようなものだったのでしょう。

大谷は香織の恋人なので、いずれ結婚するつもり。
大谷は香織と結婚することで正宗の遺産を相続するつもりであった。

其処で、他の相続者を排除する必要があり宗一郎と裕次郎殺害を目論んだ。
宗一郎と裕次郎が居なければ、香織が全ての遺産を相続出来る。
当然、その配偶者となる大谷にも何十億が転がり込む予定であった。

この排除に満を雇ったが、満が失敗し大谷が直接手を下すことに。
それでも裕次郎が生き残った。

これにより計画に齟齬が生じた。
相続人が裕次郎と香織になったのだ。
実質、手に入る遺産は当初の予定の半分ほどになってしまった。
さらに、真由子が2000万円を手にするらしい。
それで逆上して真由子を襲撃。

みたいな感じ!?

ただ、いずれにしろ計画が成功すれば大谷は何億円も手に入りそうだ。
何故、真由子を殺さなければならないのかが分からない。
しかも、これだとそもそも香織と結婚出来るか不確定だから隙の多過ぎる計画な気がする。
香織が遺産を相続したら大谷と結婚するかも怪しいし。

どうなんだろ?
他の冗長なシーンを挿れるなら、せめて計画の内容は説明して欲しかったなぁ。
これは重要な点だと思うのだけど。

それと、てっきり高森正宗は真由子や大谷の素性を知って傍に置いていたのだと思ったけど違うとは。
どうやら、罪は悔いるけど率先して遺族を探して贖罪をするつもりは無かったらしい。
うむむ……。

そう言えば、今回の「オニコバ」シーン(アクションシーン)が取ってつけたようなシーンだったのも引っかかった。
本作は「オニコバ」シーンも重要だと思う。
今回のような形で扱われるなら、いっそのこと大谷が多数の部下を従えて真由子を殺害しようとしたところで、これと健が戦う展開の方がまだ納得できたかなぁ……。
それくらい途中の「オニコバ」シーンが浮いていた。
むしろラストに活劇を置く「窓辺さん」や「特命係長」方式の方が本作とは相性が良いかもしれない。

さて、総評。
このシリーズ、回を重ねるごとに物語がどんどん荒くなってる気がする。
とうとうトリックも無くなっちゃったし。
そんな物だと理解する必要があるのかもしれないなぁ。
とはいえ、シリーズ化された以上は次回に期待したいかな。

◆関連過去記事
月曜ゴールデン「世田谷駐在刑事 鬼コバと恐れられた刑事が世田谷の駐在に!高級住宅街に渦巻く嘘と裏切り…消えた息子が目撃した衝撃的真実!その意外な結末とは」(6月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「世田谷駐在刑事2 鬼コバと怖れられた刑事が世田谷の駐在に!高級住宅街にうず巻く見栄と欲望…紙袋に2千万円!父が隠し通した衝撃的真実とは?」(4月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

小林 健:哀川 翔

小林陽子:羽田美智子
小林修平:池田優斗

武藤真由子:遊井亮子

高森正宗:山本 學

武藤静江:高林由紀子

武藤 満:山口翔悟
大谷文雄:長谷川朝晴

高森宗一郎:小林高鹿
高森裕次郎:西 興一朗
高森香織:宮下ともみ
高森 梓:黒坂真美

神代哲也:嶋田久作
五十嵐光男:正名僕蔵
山吹昭夫:ベンガル ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「世田谷駐在刑事」です!!
世田谷駐在刑事





「鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)」です!!
鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)





キンドル版「鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)」です!!
鬼手 世田谷駐在刑事・小林健 (講談社文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
長谷川さんの犯人役はこれまでにもありましたが、今回の大谷弁護士は非常に復讐心にとらわれ、なおかつ凄い強烈な印象を残しました。

長谷川さん、遊井さんと言えば、同枠での「世直し公務員 ザ・公証人10」では夫婦役でした。
長谷川さんはここでは妻と義兄との板挟みで苦しむ役でしたが、夫婦仲は良く、犯人ではありませんでした。

遊井さんは確か、今回同様にここでも高林由紀子さんの娘役でした。

あの作品を知っているだけに、この展開は驚かされました。
Posted by Me at 2015年08月11日 17:20
Re:Meさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

大谷のインパクトは凄かったですね。

そして、思わぬところで思わぬキャストが登場するのも「2時間サスペンス」の醍醐味。
まさか、別作品で夫婦役を演じられた役者さんが今回は対立する役を演じられていたとは!!
さらに、親子役を演じられた役者さんも共演されていたとのことで驚きです。
これを知っていれば、二重の意味で意外な人間関係が楽しめますね。

そう言えば、本作では羽田美智子さんと正名僕蔵さんも出演されていて「おかしな刑事」を思い出したりしました。
Posted by 俺 at 2015年08月12日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。