2015年08月20日

24年ぶり、早川書房さんより新版『海外ミステリ・ハンドブック』が明日(2015年8月21日)発売!!

早川書房さんより、24年ぶりに新版『海外ミステリ・ハンドブック』が2015年8月21日に発売されることが明らかになりました。

8月21日、つまり明日ですね……。
って、明日ぅ!?

というワケで急ぎお伝えするのは上にもある通り、新版『海外ミステリ・ハンドブック』発売の報。
同時に『海外SFハンドブック』も14年ぶりの新版が発売とのこと。
とは言え、いきなり言われても何が何やらだと思うので順を追って説明を。

もともと、早川書房さんから『ミステリ・ハンドブック』という書籍が発売されておりました。
これは、その名の通りミステリマニア向けのガイド本で発売されたのが1991年9月のこと。
「流石に24年も経過したので、その新版を作ろう」との試みが行われて出来たのが新版のようです。
詳しくは『ミステリマガジン 2015年5月号』に掲載された「特集:新ミステリ・ハンドブックを作ろう!」を読まれたし。

そんな新版では10のカテゴリにて100冊を紹介。
気になる内容は次の通り。

<あらすじ>

10のカテゴリーに分け、100冊のミステリをナビゲート。10のカテゴリーは――「キャラ立ちミステリ」「クラシック・ミステリ」「ヒーロー or アンチ・ヒーロー・ミステリ」「〈楽しい殺人〉のミステリ」「相棒物ミステリ」「北欧ミステリ」「英米圏以外のミステリ」「エンタメ・スリラー」「イヤミス好きに薦めるミステリ」「新世代ミステリ」――あなたにぴったりの海外ミステリ「最初の一冊」をお薦めいたします!
(公式HPより)


海外ミステリにこれから挑む方には必携の書となるか!?

でもって同じく14年ぶりの新版となった『海外SFハンドブック』。
こちらは過去に2回ほど発行されており、第1弾が1990年7月、第2弾が2001年4月に発売されていました。
そんな今回はSF作家20人の代表作を紹介するとのことで、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフ、ロバート・A・ハインライン、チャイナ・ミエヴィル、グレッグ・イーガンなどが取り上げられるそうです。

気になる内容は次の通り。

<あらすじ>

クラーク、ディックからイーガン、チャン、『火星の人』、SF文庫2000番『ソラリス』まで。主要作家必読書ガイド、年代別SF史、SF文庫総作品リストなど、一冊で海外SFのすべてがわかるガイドブック最新版
(公式HPより)


これまたSFファン必携の書となりそう!?

ちなみに情報によると新版『海外ミステリ・ハンドブック』は旧版に比べてビギナー向けだそう。
海外ミステリに疎い管理人もこれで楽しく勉強出来る……かも!?

そして、ガイドと言えば『世界ミステリ作家事典』(国書刊行会刊)の充実ぶりもかなり凄い!!
何しろ「日本推理作家協会賞 評論その他部門」を受賞してます。
興味のある方はこちらもチェックされると面白いかも!!

「海外ミステリ・ハンドブック」です!!
海外ミステリ・ハンドブック





「海外SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)」です!!
海外SFハンドブック (ハヤカワ文庫SF)





旧版「ミステリ・ハンドブック (ハヤカワ・ミステリ文庫)」です!!
ミステリ・ハンドブック (ハヤカワ・ミステリ文庫)





「世界ミステリ作家事典 本格派篇」です!!
世界ミステリ作家事典 本格派篇





「世界ミステリ作家事典―ハードボイルド・警察小説・サスペンス篇」です!!
世界ミステリ作家事典―ハードボイルド・警察小説・サスペンス篇





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。