2015年08月28日

「昔話法廷」(NHK Eテレ、2015年)

「昔話法廷」(NHK Eテレ、2015年)まとめです!!

「NHK Eテレ」にて放送、全3回。
「昔話」を舞台に「あの有名な物語を裁判員裁判に置き換えるとどうなるか」を描く。
同時に、ラストを敢えて視聴者に委ねることで「その意義」や「難しさ」をも伝える番組でした。

<各話過去記事リンク>

・第1回、「三匹のこぶた」を舞台に「子豚の行動が正当防衛か否か」を問う。
昔話法廷「“三匹のこぶた”裁判」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・第2回、「カチカチ山」を舞台に「ウサギの行動は情状酌量に値するか」を問う。
昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・第3回、「白雪姫」を舞台に「お妃が有罪か否か」を問う。
昔話法廷「“白雪姫”裁判」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

おとぎ話世界をモチーフにしながらも裁判の本質をリアルに描いたドラマでした。

誰もが知るおとぎ話を舞台にしており、視聴者はその真相を既に知る立場。
にも関わらず、次々と出て来る新証拠や新証言に翻弄される。

そう、真相を知っていてさえ困惑する。
これが実際に何も知らずに裁判員の席に座っていたとしたら……。

結果、もしかするとあなたは「真実とは違う事実」を「真実」だと認めてしまうかもしれません。
そんな「裁判員の難しさ」や「責任の重さ」を痛感する番組でした。

また、「裁判員の難しさ」を説明する上で「イチから設定を説明する必要がないように、誰もが知る童話を設定に据えたのも特筆すべき点」でしょう。
此の点、とても分かりやすく為になるドラマだと言えそうです。

同時に、本作は上質な「リドル・ストーリー」でもある。
「リドル・ストーリー」とは芥川龍之介『藪の中』やストックトン『女か虎か』のように「敢えて結末を明かさずに読者(視聴者)に結末を委ねる物語」ですが、本作がまさにソレ。

可能性を純粋に物語として楽しむことも出来る、それが「リドル・ストーリー」。
「リドル・ストーリー」に興味がある方は山口雅也先生による『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』(早川書房刊)がオススメです。
中でも『異版 女か虎か』が面白いので読んでみてください。

『異版 女か虎か』(アブラハム・ネイサン著、山口雅也訳、早川書房刊『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』収録)ネタバレ書評(レビュー)

◆関連過去記事
昔話法廷「“三匹のこぶた”裁判」(8月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“カチカチ山”裁判」(8月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

昔話法廷「“白雪姫”裁判」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

実は残酷な童話の世界が赤裸々になる!?「昔話法廷」が2015年8月10日午前10時からNHKさんEテレにて開廷!!

「三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)」です!!
三びきのこぶた―イギリス昔話(こどものとも絵本)





「三匹の子ぶた [DVD]」です!!
三匹の子ぶた [DVD]





「かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)」です!!
かちかちやま (日本傑作絵本シリーズ)





「白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]」です!!
白雪姫 ダイヤモンド・コレクション/ブルーレイ (本編DVD付) [Blu-ray]





posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。