2015年10月12日

「怪しい彼女」(2014年、韓国)

「怪しい彼女」(2014年、韓国)ネタバレ批評(レビュー)です!!

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

70歳のマルスン(ナ・ムニ)は、向かうところ敵なしの口の悪さと頑固さで近所でも有名なおばあさんだった。国立大教授に出世した一人息子(ソン・ドンイル)を女手一つで育て上げたものの、アクの強い性格が災いし最近は嫁にも煙たがられる始末。ある日、彼女が写真館で遺影のつもりで写真を撮ると、不思議なことに20歳のころの自分(シム・ウンギョン)に戻っていた。
(公式HPより)


<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
オ・ドゥリ:正体は20代に若返ったマルスン。
オ・マルスン:70代のおばあちゃん。歌が上手い。
パク氏:マルスンを慕う老人。
パン・ヒョンチョル:マルスンの息子。福祉問題を扱う教授。
パン・ハナ:マルスンの孫娘。
パン・ジハ:マルスンの孫。半地下バンドのメンバー。
ハン・スンウ:音楽プロデューサー。
チュ・オクチャ:パク氏を巡るマルスンの恋敵。


オ・マルスンは70代の女性である。
夫を早くに亡くし、女手1つで息子・ヒョンチョルを大学教授にまで育て上げた。
今は、息子夫婦と同居し孫娘のハナや孫のジハに囲まれて暮らしている。
さらに、マルスンの元使用人であったパク氏が営む喫茶店でバイトする毎日だ。

ちなみに、マルスンは歌が大得意でハナもその血を引いたのか歌が上手い。
ジハも半地下バンドなるバンドを結成しメジャーデビューに向け活動している。

そんなマルスンだが大きな悪癖があった。
少々、いや、かなり口が悪かったのだ。
当然、あちこちで衝突を繰り返しており敵も多い。

例えば、マルスンに熱烈なアプローチを繰り返すパク氏を巡り、彼に恋するチュ・オクチャとは犬猿の仲だ。
何かあればいがみあっている。

ところが、他にも意外なところで反感を買っていたのである。
なんと、嫁がマルスンの悪口雑言に耐えられず倒れてしまったのだ。

ショックを受けたマルスンは街を彷徨う内に「青春写真館」なる店を発見する。
其処で遺影にでもしようと写真を撮影して貰ったのだが……。

写真館を出てからハタと気付いた。
何処か身体が軽いのだ。
見ればマルスンは20代に若返っていた。

ワケの分からないマルスンだが、これはチャンスだと考えた。
もう1度生き直すように、とのメッセージなのだと。

マルスンはパク氏が下宿人を募集していたことを思いだし、憧れのオードリー・ヘップバーンから「オ・ドゥリ」と名乗り下宿生活を始めた。

とはいえ、中身はマルスンである。
相変わらず口は悪いのだが、若さもあってか反発は小さい。

そんな中、パク氏の喫茶店でカラオケを歌ったマルスン。
それを2人の人物が耳にした。

1人はジハ。
もう1人は売れっ子音楽プロデューサーのハン・スンウである。

2人は共にマルスンの歌に惚れた。
ジハはドゥリが祖母とも知らずバンドのボーカルに誘う。
スンウは出遅れてマルスンを見失ってしまった。

他ならぬ孫に誘われたことで意気揚々と半地下バンドに参加するマルスン。
その歌唱力は健在でキュートな容姿と相俟って、あっと言う間に人気バンドに。
遂にはテレビ番組のオーディションにまで出場するように。

そのオーディション会場にはスンウも居た。
スンウは「大人の歌を情感込めて歌い上げる若い女性ボーカル」とマルスンを絶賛する。
それはそうだ、何しろマルスンには実際に70年の人生経験があるのだから。
こうして「半地下バンド」と謎のボーカル「オ・ドゥリ」はプロデビューを果たす。

一方、パク氏はヒョンチョルと共に消えたマルスンの行方を必死に探していた。
そして、パク氏はオ・ドゥリに疑惑を向け、彼女の所持品からマルスンの入れ歯を発見する。

その夜、帰宅したマルスンを片手斧を手にしたパク氏が襲う。
ドゥリがマルスンだと知らないパク氏は仇を討とうとしたのだ。
ところが……不意討ちをかけたにも関わらずパク氏はマルスンにあっさりと倒されてしまう。
此処でマルスンは自身の正体を明かし、事情を知ったパク氏はマルスンに協力する。

同じ頃、マルスンはスンウに恋をした。
スンウもまたマルスンに「運命の女性だ」と告げ、髪飾りをプレゼントする。
喜ぶマルスンは夢見心地に。

こうして、マルスンの新たな人生は上手く行っていたのだが。
一方で、暗雲も忍び寄っていた。

ある日、プールに出掛けたマルスンは足を怪我してしまった。
すると、怪我した箇所を中心に老化していたのである。
いや、老化は正確ではない、元に戻ったのだ。
相談を受けたパク氏は「出血することにより元に戻るのではないか」との仮説を立てる。
つまり、不用意に血を流せば「オ・ドゥリ」は此の世から消えるのだ。

不安を覚えるマルスン、さらに立て続けに事件が起こる。
なんと、喧嘩仲間であったチュ・オクチャが病死したのだ。
年齢が原因だったらしい。

今ある若さに執着するマルスン。
だが、一方でヒョンチョルたちは未だにマルスンを探している。
家族のもとに戻るには若さを捨てなければならない。
思い悩むマルスンだが……。

矢先、半地下バンドを売り出す為に大規模コンサートが開催されることとなった。
ところが、会場に向かう途中でジハが事故に遭ってしまう。
マルスンはジハの無事を祈りつつ歌い抜きコンサートを成功させる。

ジハが運び込まれた入院先に駆け付けたマルスン。
しかし、ジハは危険な状況であった。
ジハが非常に珍しい血液型の為に、手術用の血液が確保出来ないらしい。

此処でマルスンは思い出す。
マルスンとジハの血液型は同じだったのだ。
だが、マルスンが血液を提供すれば元に戻ってしまう。
オ・ドゥリは消えて無くなるのである。

マルスンを想い必死に反対するパク氏。
これを立ち聞きしていたヒョンチョルも「僕を育てるのに苦労したのは知ってる。だからこそ、生き直して欲しい」と訴える。
だが、マルスンは「オ・ドゥリ」としての輝かしい人生ではなく、家族を選ぶ。
ジハは一命を取り留め、オ・ドゥリはマルスンに戻った。

そして1年が経過した。
半地下バンドは未だ健在である。
謎のボーカル「オ・ドゥリ」に代わりハナが新ボーカルとなり成功したのだ。
どうやら、ハナに流れるマルスンの血は本物だったようだ。

マルスンはヒョンチョルや嫁と和解した。
今では友達のように付き合っている。

そして……マルスンはスンウを見かける。
彼の前で髪飾りを見せるマルスン、だがスンウは全く気付かない。
どうやら「運命の相手」では無かったようだ。

その頃、パク氏は「青春写真館」に遭遇する。

数時間後、バス停に立つマルスンの前に1人のライダーが現れた。
ヘルメットを脱ぐと、其処には美青年が!!
周囲の色めき立つ女性たちに目もくれず、美青年はマルスンに声をかける。
そう、彼こそ「青春写真館」により若返ったパク氏であった。
パク氏に促されその背後に座るマルスン、バイクは2人を乗せて発進する。
2人の青春はまだまだこれからのようだ―――エンド。

<感想>

「身体は子供、中身は大人な名探偵」……ではなく「身体は20代、中身は70代の口さがないながらもキュートなおばあちゃん」が大活躍する映画―――それが本作です。

誰もが1度は思う、若返りたいとの願い。
そんな願いを叶えたなら、あなたはソレを手放せますか?
しかも、「若さ」だけではなく「名声」と「新たな恋」も手にしたとしたら……。

ところがマルスンはこちらを選ばず、苦悩しつつも「家族への愛」を選ぶのです。
此処に大きく心が動かされました。

また、マルスンにとってこの選択は決して犠牲ではありませんでした。
確かにこの選択で失った物も大きい。
だが、マルスンがこれまでに生きて来た中で既に得ていた物も同様に大きかったのです。
これを肯定出来たのが良し。

そんなマルスンが既に手に入れていた物、それが「愛する家族」と「パク氏」。
その2つを取り戻したマルスン、ラストはそんなマルスンの健在ぶりが描かれていました。

そして、マルスンと言えば忘れてはならないのがパク氏。
どんな状況下にあっても愛するマルスンに一途なパク氏がグッド!!
また、ラストで若返りながらもマルスンのみ見詰める姿も良しでした!!

ドゥリを「運命の相手」と語ったスンウ。
しかし、スンウはドゥリの本当の姿を知らなかった。
髪飾りが2人の絆として描かれながら、それに気付かないスンウの姿は象徴的です。
此の点、確かにスンウの気持ちは本物だったかもしれないが「運命の相手」では無かった。
やはり、マルスンの「運命の相手」はパク氏だったのでしょう。

あらすじからは省きましたが、ドゥリとパク氏の掛け合いも面白かった。
あれは視て欲しいなぁ。

さて、興味を持たれた方は是非、本作にチャレンジされたし!!
ちなみにネタバレあらすじはまとめ易いように改変を加えているので、詳しくは本作をご覧頂きたい。

「怪しい彼女 [Blu-ray]」です!!
怪しい彼女 [Blu-ray]





「怪しい彼女 [DVD]」です!!
怪しい彼女 [DVD]





ラベル:怪しい彼女
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。