2015年09月27日

土曜ワイド劇場「森村誠一作家50年記念 終着駅シリーズ・善意の傘 雨の夜の殺人者!!迎えに来るはずの夫が殺された!!刑事が追う2組の夫婦のアリバイと嘘!?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一作家50年記念 終着駅シリーズ・善意の傘 雨の夜の殺人者!!迎えに来るはずの夫が殺された!!刑事が追う2組の夫婦のアリバイと嘘!?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

東京・西新宿の空きビルで女性の絞殺死体が発見され、牛尾正直(片岡鶴太郎)ら新宿西署の刑事たちが臨場した。殺されていたのは、秋葉千恵子(川上麻衣子)という主婦で、夫の武士(小木茂光)によれば、千恵子は生命保険会社の営業職でトップの成績を誇っていたが、3カ月前に仕事を辞め、現場となった空きビルを買い取ってビューティーサロンを開く予定だったという。
携帯電話の通話記録から、被害者は午後8時16分にかかってきた電話に出ていることが判明、その直後に殺されたものと思われた。だが、最後の通話相手の名を聞いた牛尾は驚く。その女性、山野京子(葉月里緒奈)は1年前、突然の雨に困惑する牛尾に傘を差し掛けてくれた善意の人物であり、牛尾と出会ったその夜に夫を何者かに殺されていたのだ…。

1年前、知人の通夜に参列するため、都内近郊の駅に降り立った牛尾を突然の雨が襲った。駅には“善意の傘”と書かれた傘立てが設置されており、残っていた最後の赤い傘を先に手に取った京子が、困っている牛尾を見かねて差し掛けてくれたのだった。
通夜の会場が通り道ということで、相合い傘で歩く間、京子は同じような雨の日に夫・和正(山口馬木也)と初めて出会ったことなどを話す。しばらくすると京子の携帯に夫から電話が入り、「これから駅に迎えに行く」と言われたため、駅まで戻るという。「その傘、返しておいて下さいね」と牛尾に傘を渡し、京子は笑顔を浮かべて小走りに去った。
だがちょうど同じ頃、京子の自宅では和正が何者かに撲殺されていた。数日後、小金井北署の川合刑事(ダンカン)の訪問により事件を知った牛尾。川合によると、牛尾と一緒のときに彼女にかかってきた電話が、和正の最後の通話だったとのことだった――。

そんな1年前の出会いを思い返しながら、千恵子が殺害された事件の聞き込みのため、京子のもとを訪ねた牛尾。京子は半年前に勤めていた銀行を辞め、ファイナンシャルプランナーとして独立、かつて夫と暮らしていた家はそのままに、事務所兼用でこの都心のマンションを借りているという。京子は、千恵子は元の家の近所に住んでいた友人で、確かに昨夜8時過ぎ、彼女に電話をかけたと話す。用件は、千恵子が購入する予定のビルの契約についての確認だったという。念のためとアリバイを問う牛尾に、昨夜は知り合いの美容師と食事をしていたと、京子は答えた。
京子のアリバイは成立、彼女への疑いは晴れたかに思えた。だが、そのとき牛尾の電話が鳴った。小金井北署の川合刑事からで、実は空きビルで殺された千恵子は、京子の夫・和正殺害事件の第一発見者だったというのだ。1年前の殺人事件の第一発見者が今度は殺人事件の被害者となった…。そればかりか、和正の事件も千恵子の事件も京子の証言によって殺害時刻が断定されている…。牛尾の胸に京子への疑惑が広がった。
坂本課長(秋野太作)から2日間の猶予を与えられた牛尾は、京子を調べはじめる。すると、彼女が夫・和正から暴力を受けていたこと、京子と千恵子の夫・武士の間に不倫の噂があったことがわかって…!?
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

牛尾正直は新宿西署の刑事である。
これまでにもさまざまな事件を解決して来た。

ある晩、牛尾刑事は知人の通夜に参列すべく都内近郊のある駅を訪れていた。
ところが突然の雨に降り込められてしまう。

困った牛尾は駅に設置された「善意の傘」を借りようと手を伸ばす。
だが、その目の前で別の女性が残された最後の赤い傘を持ち去ってしまう。
溜息を吐く牛尾、するとそんな牛尾を見かねたのか先程の女性が声をかけて来た。

牛尾と女性は相合傘で移動することに。
雨の中、女性は牛尾に自身の素性を語り出した。

彼女の名前は山野京子。
同じような雨の日に夫である山野和正と初めて出会ったのだそうだ。
牛尾のように困っていた京子に、山野もまた赤い傘をさしかけたのだと言う。
其処から2人は恋に落ち結婚したらしい。

ロマンティックなエピソードに胸を高鳴らせた牛尾。
すると、京子に電話が入った。
京子によれば山野かららしい。
京子は「山野から駅に迎えに行くと言われたので戻ります」と言い置くや牛尾に傘を預けて走り去って行った。

その数日後、牛尾は小金井北署の川合刑事から事情を尋ねられ驚くことに。
なんと、牛尾が京子と歩いていた同じ頃、山野が何者かに殺害されていたと言うのである。

川合によれば京子は山野の死により5000万円の保険金を手に入れたらしい。
当然、京子に殺害容疑が向かったのだが……。

京子は牛尾と別れた後に駅で1時間ほど立っていたらしく、これは駅員の証言で明らかだ。
また、京子が山野から電話を受けていることから、その時間まで生存していたとすると京子に犯行は不可能なのだ。

其処で川合は京子が受けた山野からの電話に作為が無いか調べているらしい。
だが、牛尾は電話を受けた時の京子の顔を思い出し「あれは嘘ではない」と断言する。
こうして、山野殺害は犯人が捕まることなく1年が経過した―――。

東京・西新宿の空きビルにて秋葉千恵子の絞殺死体が発見された。
千恵子は生命保険会社の元営業職であったが、3ヶ月前に仕事を辞め殺害現場のビルを買い取りビューティーサロンを開業する予定だったらしい。
実にその費用は1億5千万円、この出処について千恵子の夫・秋葉武士によれば「金は出すが口は出さない出資者が居る」と述べていたそうだ。
ちなみに、秋葉は千恵子殺害時にバーに居たとアリバイを主張している。

この捜査に牛尾刑事が乗り出した。
すると、千恵子の通話履歴を調べた牛尾は意外な名前を発見することに。
千恵子が最後に通話した相手が、あの京子だったのだ。

京子と千恵子は1年前は隣人関係にあった。
しかも、千恵子こそ山野の遺体の第一発見者だったのである。

牛尾は1年ぶりに京子と再会する。
京子は夫である山野を亡くしてから銀行を退職しファイナンシャルプランナーとして成功していた。

京子は千恵子殺害当日のアリバイを牛尾に主張する。
その夜、京子は仕事場であるマンションに20時ごろまで滞在。
その後、美容室へ出かけ美容師の前川美奈と合流し居酒屋へ。
其処で京子がトイレに立った間に、千恵子から電話が入っていたらしい。
これについては美奈からも同様の証言を得られている。

1年前と同じく、またも電話でアリバイが成立したことを気に掛ける牛尾。
京子の周囲について調べ始めることに。

すると、京子が山野からDV被害を受けていたことが分かる。
どうやら、山野は仕事で成功する妻に引け目を感じ暴力を奮っていたようだ。
さらに、京子が秋葉と不倫関係にあったとの噂まで飛び出す。

秋葉夫婦が互いに1億5千万円の生命保険に加入していたことも判明。
千恵子の死により秋葉は大金を手にすることとなったのだ。

1年前の山野殺害により京子は5千万円を手にした。
そして今回の千恵子殺害により秋葉は1億5千万円を手にする。
また、京子と秋葉に不倫の噂がある。
これから牛尾は京子と秋葉による共謀を疑うのだが……何故かしっくりこない。

矢先、秋葉が主張していたバーでのアリバイが偽証であったことが明らかに。
此の点を指摘された秋葉は京子を訪ねる。
やはり、2人は共謀しているのか!?

また、牛尾は山野と千恵子の遺体の親指に傷が残っていた点も気に掛ける。
それはどうして出来た傷なのか!?

そんな中、山野を知る高杉誠からある証言が得られた。
山野は京子との仲を修復しようと考えていたらしいのだ。
もともと山野と京子の間に出来た子供が雨の日に流産してしまったことが擦れ違いの始まりでこれを後悔していたのだそうである。

一方、京子のアリバイも崩れた。
京子が美容室に赴く前にマンションの裏口から出入りしていたことが判明したのだ。
この際に千恵子を殺害すればアリバイは成立しないのだ。

さらに、あの善意の傘が京子と山野の想い出の傘であったことも分かる。
これについて牛尾に追及された京子は「傘は処分した」と言い張る。
だが、牛尾は想い出の傘を簡単に処分できるだろうかと訝しむ。
 
ところが、此処で事態が急変する。
秋葉が出頭し「千恵子殺害当日は19時からずっとホテルに居た」と新しいアリバイを供述したのだ。
どうやら、秋葉の不倫は事実であったが相手は京子以外だったらしい。
秋葉が京子に接触したのも以前から不倫について相談していたからだと言う。

さらに秋葉は千恵子が主張していた「金は出すが口は絶対出せない人物」について新情報をもたらした。
何でも、千恵子は「オープンセレモニーの日に感謝の言葉を相手に述べる」と口にしていたらしい。

高杉も新情報をもたらした。
山野殺害当日に千恵子の傘を山野宅の前で見かけたらしい。
高杉が傘を発見してから、千恵子が第一発見者として通報するまでに1時間も空白があったのだ。
これに牛尾は京子に電話を入れたのは千恵子だと推測する。

牛尾は1年前の「善意の傘」には裏があったと考え始める。
さらに、京子が山野も千恵子も殺害したのだろうと結論付けることに。
だとすれば、千恵子は京子の山野殺害を脅迫し殺害されたのか!?

此処で牛尾を様々な疑問が襲う。

どうして千恵子は脅迫しているにも関わらず、相手に感謝の言葉を述べるのか?
もしかして「金は出すが口は絶対出せない人物」が京子以外にもう1人居るのではないか?
そして京子は何故、赤い傘を処分したのか?

さらに、山野と千恵子の遺体の指にあった怪我。
2人の傷が京子の赤い傘によって出来た物だとすれば……。
こうして、牛尾の推論を証明すべく捜査員により赤い傘探しが行われた。

だが、傘は発見できない。
見つからない赤い傘に牛尾は「京子が未だに傘を持っているのでは?」と疑う。

その次の雨の日、牛尾はあの赤い傘を差す京子を目撃する。
牛尾に見咎められたことを知った京子は出頭して来た。

京子は真相を語り出した。

山野は京子にDVを繰り返した。
それでもいつかは昔の優しい山野に戻ってくれると信じていた京子。
だが、あの日は普段よりも酷かった。

その日、京子は赤い傘を家に置き折り畳み傘で仕事に出掛けた。
会議が中止となり久しぶりに早く帰路に就いた京子だが、雨に降られてしまい折り畳み傘を用い帰宅することに。
すると、そんな京子を目にした山野はいきなり逆上。
山野は想い出の赤い傘に八つ当たりし手を怪我した挙句、京子まで手に掛けようとする。
京子はこれに絶望し、山野を殺害してしまった。

想い出の赤い傘を手に死さえ思い浮かべつつ彷徨った京子。
彼女は駅まで辿り着くと「善意の傘」に赤い傘を置き立ち去ろうとした。
だが、山野との想い出が溢れ出し置いて行けなかったのだ。
其処で改めて傘を手にしたところを牛尾と行き会ったのである。
そして、共に歩き出すこととなった。

此処まで京子に他意は無い。

そして、先日のこと。
京子を訪ねた千恵子は「預かっていた物を返して上げる」と言い出した。
取り出したのは折り畳み傘と想い出の赤い傘だ。
それは京子が一度帰宅していたことを示す証拠である。
つまり、山野殺害の証拠だ。

千恵子によれば、彼女が山野家を訪れたとき山野はまだ虫の息ながら生きていたと言う。
だが、此処で千恵子は保険金を思い出した。
京子の保険を勧めたのは千恵子だったのだ。
京子に保険金を受け取らせるべきだと考えた千恵子は山野を放置した。

山野からとされる電話も千恵子の工作であった。
しかし、京子は何の打ち合わせも無くこれに合いの手を入れた。
京子はその電話を本当に山野からのソレと思い込んだのだ。

では、千恵子が秋葉に語っていた「金は出すが口は絶対出せない人物」とは誰か?
それは京子ではなく秋葉であった。

千恵子は秋葉を殺し保険金を手にする予定であった。
其処で京子の犯罪を黙認する代わりに、秋葉殺害を依頼したのだ。
千恵子が秋葉へ口にした「金は出すが口は絶対出せない人物」とは「保険金を残し死亡した秋葉」だったのだ。

しかし、千恵子は京子の心理を理解していなかった。
京子は千恵子が山野を見殺しにしたと恨んだのだ。
其処で千恵子殺害を目論んだ。

あの夜、赤い傘を手に千恵子のもとを訪問した京子。
千恵子は傘を手にし指を怪我した後に、京子に殺害されたのであった。
犯行後、京子は裏口からマンションに帰宅しアリバイを作ったのである。

罪を認める京子に牛尾は高杉から耳にした山野の真意を語って聞かせる。

山野は赤い傘を持って京子の迎えに行くことが夢だったのだ。
そうすれば、きっと京子に優しくなれると高杉に語っていたのだそうである。

あの日も、山野は赤い傘を手に駅へ迎えに行くつもりであった。
ところが、京子は折り畳み傘を手に帰宅した。
山野はこれに逆上した結果、京子を手に掛けようとしてしまったのである。

京子は山野の心を知り泣き崩れる。

雨の日に出会い、雨の日に結婚を決め、雨の日に子供を失い、雨の日に夫を殺害した京子。
彼女は雨に何を見るのだろう。
それはあの赤い傘だけが知っている―――エンド。

<感想>

ドラマ原作は森村誠一先生の短編『善意の傘』(講談社刊『完全犯罪のエチュード』収録)。

<あらすじ>

完全犯罪に挑む牛尾刑事!!人間の心に潜む暗い殺意。新宿を舞台に6つの難事件を鮮やかに解決

高層ビルの林立する新宿副都心。一編の詩「破れる花」を残してホテルの一室で遺体となって発見された作詞家、尾高和子。自殺か、あるいは自殺に見せかけた巧妙な殺人か。大都会に生きる現代人の心の闇に潜む暗い殺意を、あざやかに解決する新宿署・牛尾刑事。完全犯罪のトリックに挑戦する6つの事件簿!!
(講談社公式HPより)


興味のある方は本記事下部のアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

では、ドラマ版の感想を!!

山野、赤い傘に夫婦の復縁を賭けていたとは……。
何かきっかけを欲していたことは分かるが、そういう物ではない気がするなぁ。

あの調子だと計画通りに進んだとしても、仕事で疲れた京子の反応が鈍かったりしたらそれだけで「軽んじた!!」と逆上しそうだし。
他にも「赤い傘を受け取る手が想い出の手と違う」=「だから、自分を軽んじてる」とか言い出しそうだし。
もう京子の一挙手一投足に不満を抱くようになりそう、どう転んでも難しいだろうなぁ……。

コレはある意味で誕生日パーティーのサプライズを仕掛けて驚かなかったからと誕生日の本人に仕掛け人がブチ切れるようなもの。
そもそも本末転倒なんだよなぁ。

どちらかと言えば、一旦、別居するなりで冷却期間を置くべきだったのではとは思うけど……。
とはいえ、あの調子だと山野は別居を切り出した途端に「俺を捨てるのかぁ!!」とストーカーしそうだなぁ。

ちなみに、本作はてっきり京子と千恵子による交換殺人だと思ったんだけどなぁ。
千恵子が山野殺害、京子が秋葉を殺害し、それぞれが夫の保険金を手に入れる計画。
ところが、京子が途中で裏切り、事実を知る千恵子を殺害した的な。
そう考えていただけに、あの真相は想定外でした。

また、山野からの電話だけは千恵子ではなく高杉かと思った。
山野の気持ちを理解出来ると言っていたから山野の意志を汲んで出来なかったことを高杉がしたのかと思ったのになぁ……。

とはいえ「金は出すが口は絶対出せない人物」は意外性がありました。
あれには驚いた。

それと「ピンクの電話」の清水よし子さんが京子や千恵子のことを知る主婦役で出演されていましたね。
これもサプライズでした。

そう言えば、本作で「傘」という言葉が何回出て来たか気になるなぁ。
「傘」「善意の傘」「赤い傘」「想い出の傘」「柄の壊れた傘」などなど、数えたら凄いことになりそうだ。

ちなみに角川書店さんでは「森村誠一先生 作家生活50周年セレクション本(8冊セット)」企画が実施中。本ドラマの放送を記念して「森村誠一先生 作家生活50周年セレクション本(8冊セット)」を葉書で応募した番組視聴者の中から抽選で20名が貰えるらしい。締切は2015年10月3日(土)当日消印有効。

「森村誠一先生 角川文庫50周年セレクション本(8冊セット)」の内容は次の通り。
・『人間の証明』
・『野性の証明』
・『高層の死角』
・『超高層ホテル殺人事件』
・『腐食の構造』
・『終着駅』
・『吉良忠臣蔵』上・下

詳細や応募方法は角川書店公式HPにて確認されたし!!

そうそう、『小説野性時代 第135号(2015年2月号)』(角川書店刊)では、森村誠一先生の50周年記念として特集も行われました。
興味のある方は過去記事をチェック!!

『小説野性時代 第135号(2015年2月号)』(角川書店刊)にて森村誠一先生特集とのこと!!

<キャスト>

牛尾正直:片岡鶴太郎
牛尾澄枝:岡江久美子
山野京子:葉月里緒奈
秋葉千恵子:川上麻衣子
山野和正:山口馬木也
秋葉武士:小木茂光
高杉 誠:下條アトム
坂本課長:秋野太作
大上刑事:東根作寿英
山路刑事:徳井 優
川合刑事:ダンカン ほか
(順不同、敬称略、公式HPより転載)


◆森村誠一先生関連過去記事
【棟居刑事シリーズ】
土曜ワイド劇場「森村誠一作家50周年記念 棟居刑事の黒い祭 結婚前夜に連続殺人!?被害者3人に謎の接点!歯ブラシが消えた訳…」(3月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の死海の伏流 姉の秘密旅行が連続殺人を呼ぶ!妹が迫る疑惑の男と女…棟居刑事VS謎の遺留品」(11月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 目撃美女は二度死ぬ猫が運ぶ犯人!?悪い男vs手玉に取る女…愛と欲の背徳の詩集」(7月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!」(11月21日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【終着駅シリーズ】
土曜ワイド劇場「年末特別企画 森村誠一の喪中欠礼〜終着駅の牛尾刑事VS事件記者・冴子 見知らぬ人からの殺意の年賀状 富山大牧温泉〜ふたりの女が買った共犯の秘密!」(12月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ〜残酷な視界 裏窓の女の完全犯罪!!エリート銀行員転落死の謎!?罠に落ちた脅迫者と割れた爪の行方」(6月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ『悪の魂』〜ベストセラー小説に仕組まれた二重殺人の罠!!見知らぬ女が依頼する1億の殺人!?」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 終着駅の牛尾刑事VS事件記者冴子・森村誠一の『悪の器』九州唐津〜海色のイヤリングの殺意!!私を探して…女は東京に殺された!?」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ・殺意の奔流〜ある退職刑事の死!!犯人が遺した二重血痕の謎容疑者はバスツアーの中にいる…」(10月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子〜ラストシーン!!雪山に消えた第三の殺人者!チョコが告げる泥棒猫の殺意…」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅シリーズ・途中下車する女 凶器のない密室殺人を追う!!置き忘れた写真の中の殺人構図」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子・森村誠一の完全犯罪の使者!!富山八尾〜風の盆に始まる殺意の連鎖!!赤いルージュの伝言」(12月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の終着駅〜新宿着あずさ22号の殺人同乗者・消えた姉と三千万の行方…顔のない脅迫者を追う!!」(7月31日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「森村誠一の灯〜終着駅の牛尾刑事vs事件記者冴子!!バス事故から生還した3人新宿〜妙高高原に運命の連続殺人!?」(12月12日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【刑事の証明シリーズ】
水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明9 疑惑の四重奏 目撃者500人演奏中の完全犯罪!!幻の曲に暗号が?謎の音符シ♯に秘めた愛」(7月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明8」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明7〜余命の復讐 疑惑の転落死!猫の遺伝子が導く20年前の黒い真相…警察が陥った完落ちの罠!」(4月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明6〜愛憎の凶弾 警官殺し!不発に終わった執念のガサ入れ!修羅になった女が仕掛ける二重の罠(単位の情熱 警官殺し!復讐の凶弾に二重の罠!?)」(10月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明5〜人間の十字架 疑惑の殺人に泣く女!華麗なセレブの秘密と不在証明の謎 辞職覚悟の逆転逮捕(恋人を殺された疑惑の女…三体の猿が暴く3つの殺人!)」(2月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明4 正義の殉職 謎の喪服の女〜消えた1億円の宝石!禁断の愛に脅迫者の罠涙の殺人連鎖を断て(誇り)」(10月31日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス 刑事の証明3〜歪んだ正義 忘れられた女…連続殺人“R18”謎の犯行声明!?復讐の罠におちた幼い命を救え(同級生連続殺人!!残された謎のメモ!?正義の基準)」(5月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「森村誠一サスペンス刑事の証明〜大都会の死角 冤罪に泣く女!ガラスの密室に仕掛けた殺人トリック!?刑事が暴いた哀しみの罪」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【魔性の群像 刑事・森崎慎平シリーズ】
月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平 妻を亡くした熱血刑事を襲う謎!恩師の変死体は事故?殺人?疑いは親友へ…心に潜む魔性とは!?」(7月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 魔性の群像 刑事・森崎慎平2 妻を失った熱血刑事を襲う謎!父の目前で奪われた娘の命…連鎖殺人は過去の因縁の序章…心に潜む魔性」(6月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ドラマ】
金曜プレステージ「3週連続・罪と女とミステリー第1夜! 森村誠一サスペンス・破婚の条件〜夫殺しを夢みた秘密の殺人日記 その夜、傲慢夫は既に殺されていた!追い詰められ墜ちてゆく女は極限の果てに!悲しい女の業を描いた本格サスペンス」(8月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「森村誠一サスペンス 正義の証明 私刑人が起こす連続狙撃事件、法か?個人か?2つの正義に心がゆれる刑事たち、人として本当の正義とは何なのか?」(9月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「二週連続特別企画 森村誠一 女のサスペンス『捜査線上のアリア』麗しきアリアと共に蘇る名作ミステリー!美しき青年死体。疑われた女流作家は文豪のアリバイを崩せるか」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「二週連続特別企画 森村誠一 女のサスペンス『マリッジ』 その花嫁は地獄からやってきた…純白の誓いは真紅の嘘、隣で眠る妻は殺人犯?暴かれゆく恐怖の素顔、練炭…食中毒…血染めの結婚生活はじまる」(6月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「壮絶!女のミステリー第1弾 森村誠一サスペンス 孤独の密葬〜翻訳家の殺人推理〜死んだ女は部屋の前の住人だった 死者に届く手紙の罠…執拗な老女…誘う男…次に殺されるのは私」(11月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「森村誠一サスペンス 流氷の夜会 死者から届く写真…見たものは殺される?不倫・借金・殺人…浮かび上がった最愛の夫の裏の顔?追い詰められ墜ちゆく女…極限の果てに見た残酷な真実は?」(8月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

赤と黒のゲキジョー「森村誠一サスペンス 海の斜光 愛する子の不可解な死と夫の失踪不倫・殺人…暴かれる裏の顔?平凡な家族を襲う殺人連鎖!追い詰められ墜ちゆく女…極限の果てに届く亡き息子の伝言?」(11月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【アタミステリー紀行関連】
『ただ一人の異性』(森村誠一著、アタミステリー紀行2011より)ネタバレ書評(レビュー)

「アタミステリー紀行2010」結果が発表される

「熱海の靴屋」(森村誠一著、アタミステリー紀行2010より)3つのミスにチャレンジ!!

近付く「アタミステリー紀行2010」の足音……

アタミステリーへの誘い……
(アタミステリー紀行2009について触れた過去記事です)

【その他】
知ってましたか?森村誠一先生『人間の証明』が韓流ドラマに!!その名も『ロイヤルファミリー』!!

森村誠一先生「義仲・巴ネットワークフォーラム・イン・富山」にて講演

クリスマス(12月24日)の森村誠一さん!!
(「森村誠一 謎の奥の細道をたどる」についての過去記事です)

ドラマ原作『善意の傘』が収録された「完全犯罪のエチュード (講談社文庫)」です!!
完全犯罪のエチュード (講談社文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
途中で家人に何度か邪魔をされて、ちゃんと見られなかった場面が幾つかあるので、余り自信がないのですが、確か、傘がなくて困っていた京子に、山野が傘を差し掛けたのが、夫妻の出会いだったのでは……と思います。←違っていたら済みません。
あと、お通夜には参加より参列して戴きたいかな、と思います (^_^;) ←細かいこと言って済みません。
それから、欲を言いますなら、京子が思い出の傘を善意の傘立てに置こうとした時には、自ら死を決意していたことにも、ちらっと触れて戴けたら嬉しかったかな、と……。

このシリーズも息長く続いていますね。色々と気に入っている所はあるのですが、特に、牛尾夫人の何気ない言葉が、真相解明の鍵になる――という辺りが結構好きです。
Posted by 星沢美保子 at 2015年09月30日 19:35
Re:星沢美保子さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

牛尾夫妻の絆もまた、本作の魅力の1つですよね。
それが解決に繋がるとすれば尚更です!!

そして、ご指摘頂きありがとうございます!!
ご指摘頂いた点、早速訂正したく思います!!
Posted by 俺 at 2015年10月03日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。