2015年10月19日

「破裂」2話「ベールをぬぐ戦慄の陰謀…ぴんぴんポックリで老人の数を減らす?」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「破裂」2話「ベールをぬぐ戦慄の陰謀…ぴんぴんポックリで老人の数を減らす?」(10月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<2話あらすじ>

倉木(仲代達矢)の治験が成功したかに見えた矢先、心臓破裂という副作用が判明し、香村(椎名桔平)は動揺する。倉木の「奇跡の復活」が世間の注目を浴びる裏で、必死に副作用の改善を図る香村。だが医療ミスの怪文書騒ぎも訴訟にまで発展しそうになり、遺族側の弁護士・松野公子(坂井真紀)の攻勢もあって追いつめられていく。そんな中、佐久間(滝藤賢一)は改めて香村をネオ医療センターにスカウトし、恐るべき計画を明かす。
(公式HPより)


<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
香村鷹一郎:エリート医師。
佐久間和尚:官僚。
倉木蓮太郎:国民的名優。
松野公子:弁護士、香村の元彼女。


香村が開発した新療法により倉木が劇的な回復を見せた。
国民的名優の知名度は凄まじく倉木の回復により香村の新療法は一躍注目の的に。

だが、この新療法には落とし穴があった。
なんと、半年ほどで心臓破裂に追いやられてしまう副作用が存在したのだ。
香村は此の副作用を極秘にし、急ぎ改善を果たそうと目論むが困難を極めていた。

さらに、官僚の佐久間は何処からかこの情報を掴むと香村に協力するよう脅迫する。
佐久間は「プロジェクト天寿」を推進しており、その内容は「寝たきりで生き続けるより、楽に死ぬ方が良い」との主旨のもと「増え続ける老齢人口を新療法を用いて減らす」との口減らし策であった。
これを聞いた香村は佐久間への協力を拒否する。

一方、香村の医療ミスについて元恋人の弁護士・松野公子が立ちはだかる。
公子は証拠の手術針を入手し、香村に迫る。

まさに八方塞がりの状況の中、追い詰められた香村は愛憎半ばする倉木に副作用について打ち明ける。
すなわち、それは余命半年との宣告に他ならないが―――3話へ続く。

<感想>

ドラマ原作は久坂部羊先生による同名作品。
過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『破裂』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

タイトルにもなっている「破裂」の意味は香村が開発した「ペプタイド療法の副作用」を示しています。
また、様々な関係者の複雑な繋がりが破裂するさまをも示す。

では、ドラマ版2話の感想を。

原作を香村視点で再編集したと言った印象のドラマ版。
とはいえ「香村と倉木」、「香村と公子」の関係は完全にオリジナル。

遂に明かされた「プロジェクト天寿」。
これに香村はどう挑むのか!?

それにしても、本作も原作を活かしたキャストの良さを感じさせます。
香村を演ずる椎名桔平さんの苦悩を抱える研究者ぶり、倉木を演じる仲代達矢さんの重厚さ。
そして、佐久間を演ずる滝藤賢一さんの怪演ぶりも素晴らしかった。
やっぱり、佐久間はドラマを引っ張る人物だけにあれくらいの方が良い。
次回にも期待出来ると思います。

原作通りならば物語はさらに加速して行く筈、3話にも注目ですね!!

◆関連過去記事
【久坂部羊先生著作関連】
『無痛』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『第五番 無痛2』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『破裂』(久坂部羊著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ関連】
「ドラマ版破裂」
「破裂」1話「超高齢化をめぐる問題作、始動…エリート医師に国家的陰謀が迫る」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ドラマ版無痛」
「無痛 診える眼」1話「新ヒーロー誕生…!?病気を見抜く天才は、犯罪を見抜けるか?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「無痛 診える眼」2話「同じ能力を持つ男が天才に迫る」(10月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

文庫版「破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)」です!!
破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)





文庫版「破裂〈下〉 (幻冬舎文庫)」です!!
破裂〈下〉 (幻冬舎文庫)





キンドル版「破裂(上)」です!!
破裂(上)





キンドル版「破裂(下)」です!!
破裂(下)





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。