2015年10月20日

【噂】麻見和史先生『特捜7―銃弾―』(新潮社刊)がドラマ化か!?

2015年10月19日現在、ツイッター上にてある新作「2時間サスペンス」についての噂が囁かれています。

その「2時間サスペンス」の名は「特捜7」。
「特捜」と耳にすれば思い出すのは「特捜最前線」。

ドラマスペシャル「特捜最前線2013〜七頭の警察犬 7人の刑事!失踪捜査官を追う東京〜京都500キロの殺人捜査!!犬が暴く殺人トリックの連鎖!?伝説の刑事ドラマ今夜限り復活…」(9月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

とはいえ、本作は別の作品のようです。
情報によると次の3点が判明しております。

1.テレビ朝日系放送予定。
2.枠は「土曜ワイド劇場」あるいは「スペシャルドラマ」の可能性アリ。
3.キャストは中村俊介さん、釈由美子さんが出演されるらしい。

と、此処で「特捜7」という特徴的なタイトルに注目。
何処かで目にしたような……と思い調べてみたところ、ありました。

そうです、2014年に刊行された麻見和史先生『特捜7―銃弾―』(新潮社刊)が!!
現在のところ、全く未確認情報ではありますがひょっとして本作のドラマ化なのではないでしょうか。
ちなみに『特捜7―銃弾―』のあらすじは次の通り。

『特捜7―銃弾―』(麻見和史著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<あらすじ>

警官殺しと両腕のない死体。一課のエースと変わり者の女性刑事が謎を追う!

ベテラン警官が殺害され、拳銃が奪われた。連続する射殺事件と遺体損壊事件を追い、特捜チームの岬怜司は、妙な特技を連発する所轄署の里中宏美とコンビを組む。緻密な推理から浮上する過去の未解決事件、その闇に消えた男。二人が封印された真実に迫った時、犯人は予想外の姿で現れる! 巧みな伏線が冴える本格捜査ミステリー。
(新潮社公式HPより)


あらすじを目にしたところ、なかなかにサスペンスフルな作品の様子。
果たして謎のドラマ「特捜7」は本作のドラマ化なのか!?
続報に注目です!!

ドラマ化が予想される「特捜7―銃弾―」です!!
特捜7: 銃弾





キンドル版「特捜7―銃弾―」です!!
特捜7―銃弾―





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。