2015年11月13日

歌野晶午先生『さらわれたい女』がフランスで映画化!?

歌野晶午先生『さらわれたい女』(角川書店刊)がフランスで映画化されるようです。
『さらわれたい女』と言えば、過去に書評(レビュー)していますね。

『さらわれたい女』(歌野晶午著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

とはいえ、この情報について正確にお伝えすると些かニュアンスが異なることに。
正確には『さらわれたい女』の映画化ではなく、映画「カオス」のリメイクとのこと。

では、この「カオス」のリメイクがどうして『さらわれたい女』の映画化となるのか!?

実は「カオス」こそ『さらわれたい女』を原作とする映画なのです。
監督は中田秀夫監督。
原作では名前の無かった便利屋には黒田との名が与えられ、登場人物名も原作とは異なってたりします。
便利屋役は萩原聖人さん、佐緒里役は中谷美紀さん、隆幸役は光石研さん、浜口刑事役は國村隼さんが演じていらっしゃいます。

つまり、『さらわれたい女』を原作とする「カオス」のリメイクがフランスで持ち上がったというワケです。

フランスでのリメイク版はプロデューサーにワシム・ベジ。
監督はジャリル・レスペール。
キャストはロマン・デュリス、シャルロット・ルボン、ジャリル・レスペール本人も出演予定らしい。
配給はユニバーサル・ピクチャーズ。
2016年1月18日から撮影開始とのこと。

ちなみに『さらわれたい女』は映画「カオス」以外にも「超再現!ミステリー」最終回でも映像化されています。

「超再現!ミステリー」最終回(第13回)「“夏休み推理クイズ”私を誘拐して下さい…便利屋に依頼した女が死んだ…衝撃トリック(歌野晶午著“さらわれたい女”の謎解き)」(8月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆歌野晶午先生関連過去記事
『さらわれたい女』(歌野晶午著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ガラス張りの誘拐』(歌野晶午著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『密室殺人ゲーム王手飛車取り』(歌野晶午著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『密室殺人ゲーム2.0』(歌野晶午著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『密室殺人ゲーム・マニアックス(前編)』(歌野晶午著、講談社刊、メフィスト2010 vol3収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密室殺人ゲーム・マニアックス(後編)』(歌野晶午著、講談社刊、メフィスト2011 vol1収録)ネタバレ書評(レビュー)

【映像化】
「超再現!ミステリー」最終回(第13回)「“夏休み推理クイズ”私を誘拐して下さい…便利屋に依頼した女が死んだ…衝撃トリック(歌野晶午著“さらわれたい女”の謎解き)」(8月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「さらわれたい女 (角川文庫)」です!!
さらわれたい女 (角川文庫)





「さらわれたい女 (講談社文庫)」です!!
さらわれたい女 (講談社文庫)





『さらわれたい女』を映画化した「カオス [DVD]」です!!
カオス [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。