2016年04月06日

『図書館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)

『図書館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

期末試験中のどこか落ち着かない、ざわついた雰囲気の風ヶ丘高校。試験勉強をしようと学校最寄りの風ヶ丘図書館に向かった袴田柚乃は、殺人事件捜査のアドバイザーとして、警察と一緒にいる裏染天馬と出会う。男子大学生が閉館後の図書館内で殺害された事件らしいけど、試験中にこんなことをしていていいの? 閉館後に、山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺された被害者は、なんとなんと、二つの奇妙なダイイングメッセージを残していた……。“若き平成のエラリー・クイーン”が満を持して贈る第三長編。
“館”の舞台は図書館、そしてダイイングメッセージもの!
(東京創元社公式HPより)


<感想>

「裏染シリーズ」長編第3弾です。
すなわち『体育館の殺人』『水族館の殺人』に続く第3の館になります。
ちなみに、シリーズには短編集『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』もあります。

そんな本作。
第3弾にして、さらにロジックが強調された印象です。
これは本格ファンには堪らない作品となっているのではないでしょうか。

一方で、ストーリー性も強化。
物語ラストに登場する淡木雪海、その正体とは!?

いろいろと気になる点も多いシリーズ最新作(2016年1月時点)となっています。

なお、あらすじはまとめ易いように改変しています。
特に本作は論理的な伏線が肝要となっています。
本作に興味をお持ちの方は本作それ自体を読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

裏染天馬:主人公
袴田柚乃:ヒロイン
久我山卓:図書館司書
城峰有紗:恭介の従姉妹、文学少女
城峰恭介:有紗の従兄弟、大学生
城峰美世子:恭介の母、犯人
淡木雪海:???


城峰恭介が図書館で殺害された。
死因は山田風太郎著『人間臨終図巻』による撲殺であった。
恭介は死の直前に2つのダイイングメッセージを残していた。
1つは「指差した書籍の登場人物・クガヤマ」、もう1つは「血文字のく」だ。

現場の図書館には久我山卓なる男性職員が勤務しており、ダイイングメッセージが正しければ彼の犯行が疑われるのだが……。

恭介の従姉妹・有紗によれば生前の恭介は森朝深零著『鍵の国星』に興味を持っていたようだ。
それもその筈、実は『鍵の国星』の作者は有紗だったのだ。
恭介は有紗と共に作った自主製作本『鍵の国星』を図書館に並べて密かに観察することを楽しんでいたのである。

この恭介殺害事件解決に裏染が乗り出した。
裏染は恭介の死亡時の状況から「クガヤマ」が偽のダイイングメッセージであると断定。
凶器である『人間臨終図巻』が恭介の視界を塞ぐ為に「クガヤマ」を直視することが出来なかったのだ。
当然、それを指差すことは物理的に不可能だ。

これから「く」こそが真のダイイングメッセージであると結論付ける。
裏染はそれが「母」と書きかけて絶命したものと説明。
それにより指し示された犯人は美世子であると告発した。

こうして、美世子が逮捕された。
美世子によれば『鍵の国星』を図書館に並べていた恭介を許せなかったらしい。

事の顛末を見届けた有紗はそっと裏染にダイイングメッセージの真の意味を問う。
「く」こそが犯人を示していた。
それは『鍵の国星』の犯人である被害者の母親の頭文字だったのだ。
奇しくも、『鍵の国星』が犯人を示していたのである。

一方、柚乃は裏染に関する新事実を手にしていた。
裏染には過去に愛する人が居たらしいのだ。
その名は淡木雪海とのことだが―――エンド。

◆関連過去記事
『体育館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『水族館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『針宮理恵子のサードインパクト』(青崎有吾著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.60』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

青崎有吾先生、裏染シリーズ短編集『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』が刊行!!裏染版『五十円玉二十枚の謎』になるか!?

「第22回鮎川哲也賞」決定!!栄冠は青崎有吾先生『体育館の殺人』に!!

「図書館の殺人」です!!
図書館の殺人



キンドル版「図書館の殺人」です!!
図書館の殺人



キンドル版「風ヶ丘五十円玉祭りの謎」です!!
風ヶ丘五十円玉祭りの謎



キンドル版「水族館の殺人」です!!
水族館の殺人



キンドル版「体育館の殺人 (創元推理文庫)」です!!
体育館の殺人 (創元推理文庫)

【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430659182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック